醤油の染み抜き方法やポイント!簡単な消し方とシミの応急処置

醤油

醤油は、ちょっとしたシミでも目立ってしまいます。今回は、衣類についた醤油のシミの落とし方について、確認していきますので、ぜひ確認してみてください。醤油は、一般家庭で最も愛用される調味料ともいえますので、日本人ならば、ぜひ醤油のシミ抜き方法をマスターしておきましょう。

醤油の汚れについて

醤油のシミ抜きを確認する前に、まずは醤油で発生してしまった汚れの性質を確認してみましょう。醤油の汚れは、水溶性の汚れに該当して、汚れの中では、比較的落としやすい部類になります。

醤油の濃い黒をみてしまうと、かなり落としにくそうと思ってしまいますが、実際には正反対なのです。また、水溶性の汚れであっても、落とすまでの時間が長くなると、頑固な汚れとして衣類に残ってしまいますので、手早く落とすことが大切になってきます。

醤油のシミ抜き方法

まずは、普通に醤油のシミ抜きをする方法について確認してみます。醤油の汚れは水溶性になっているので、対応が早ければ、洗剤と水で十分に落とすことができるはずです。洗剤は、食器洗い用の洗剤をチョイスするのがおすすめで、万が一のために中性洗剤を選ぶとよいでしょう。

中性洗剤ならば、衣類に対しても優しくアプローチすることができます。しかし、色落ちの心配があるようなものならば、事前に色落ちチェックをしておきたいものです。丈夫な衣類ならば直接洗剤をつけても問題なく、洗剤をつけて、もみほぐすように染み込ませていきます。

その状態から、水で洗い流せばシミを落とすことができます。何度か、すすぎをすると、どんどんシミが薄くなっていく様子を確認することができるでしょう。対応が早ければ、この手順で落とすことができるかと思われますが、それでも汚れが落ちきらないのならば、酸素系の漂白剤を利用する方法もあります。

漂白剤を利用することができれば、よりシミを落としやすくなりますが、その分だけ衣類へのダメージも大きくなる傾向があるので、衣類の種類には注意してください。

応急処置について

外出先などで醤油のシミを作ってしまった場合は、とりあえずの対処を考えましょう。醤油のシミは水溶性なので、外出先の水道などを利用することでも、ある程度対処することができます。醤油のシミも素早く対処することで、かなり落としやすくなるので、応急処置をするのと、応急処置をしないのとでは大きな差が生まれてくるでしょう。

しかし、注意が必要な部分もあって、もし家庭で洗濯できないような衣類に醤油がついてしまった場合には、下手に手を出さない方がよいです。なぜならば、このような衣類で下処理をしてしまうと、それがきっかけで新しいシミを作ってしまう場合があるからです。

万が一、家庭で洗えない衣類を汚してしまったら、素直にクリーニング店に持ってくのがよいでしょう。余計な対処をしてしまうと、クリーニングを難しくしてしまう可能性があります。

酢を使ったシミ抜き

醤油のシミを抜きたい場合には、お酢を利用するというような方法もあります。お酢を水で少し薄めて、タオルなどに付着させ、とんとんとシミの部分を叩くようにします。シミがタオルに移ってきたら、叩く場所を変えて、シミを抜いていきます。あまり強く叩くのではなく、軽く叩く程度でも十分にシミが移ってきますので、強く叩いて衣類を傷めてしまわないようにしましょう。

この酢を使った方法は、シミの下処理としておすすめで、その後に中性洗剤を利用して、洗浄するようにしましょう。このように、醤油のシミ抜きには、中性洗剤と水を使った方法以外にも、お酢を利用する方法などもありますので、チャレンジしてみるのもよいかもしれません。