学ランを自宅で洗う方法は?学生服の洗濯の頻度や洗い方のコツ

学ラン

学生をいる家庭の悩みの種が、学ランの洗濯方法ではないでしょうか。学ランは、長期間、そして毎日着用する衣類になっているので、当然その分だけ汚れやすいです。また、学ランを着用する時期の子供は、活発な行動をするようになるので、汗で汚れてしまうことも珍しくはありません。

こんな状態で、洗濯をしないでいると、どんどん臭いが強くなってしまう可能性もあるのです。また、汚れが原因で肌トラブルを発生させてしまう可能性もあり、親としては、しっかりと清潔な状態を保っておきたいと思うことでしょう。今回は、そんな学ランの洗濯方法の謎について迫ってみたいと思います。

学ランに対しての一般的なイメージ

学ランの洗濯方法を確認する前に、世間一般的な学ランに対しての洗濯のイメージを確認してみましょう。洗濯洗剤などを販売する会社が行ったアンケートによると、予想以上に学ランはデリケートな存在だと思っている人が多いことがわかっています。

学ランの洗濯には時間がかかりそう。学ランを洗濯してしまうと、型崩れが心配。洗い方が難しそうというような意見もありました。しかし、実際には学ランは、ここまでデリケートな存在ではなく、一般的な学ランになると、それほど他の洗濯物と変わらずに洗濯できることがわかります。

さらに、形状記憶素材で作られていることが多いので、そう簡単に型崩れはしません。しかし、素材によっては、家庭で洗濯ができないものもあるため、事前に洗濯表示を確認しておきましょう。一般的なものであれば、家庭で洗濯できることが多いです。

学ランは汚れやすい部分が決まっている

学ランの洗濯を決心しても、汚れを落とせないのでは意味がありません。学ランの汚れを十分に落とすためには、汚れがつきやすい部分を下処理する必要があります。下処理をしっかりとすることによって、まんべんなく汚れを落とすことができるので、忘れないようにしましょう。

まず、ポイントになってくるのが学ランの襟の部分です。学生時代は、皮脂の分泌も活発になるので、黒くてわかりにくいかもしれませんが、襟の部分にはかなりの汚れがついているはずです。さらに、同様に袖の部分も汚れがつきやすい場所なので、重点的に下処理をするようにしましょう。

下処理には、部分洗い専用の洗剤を利用するのがおすすめで、襟や袖用、シミ用と用途がわかれているので、しっかりと種類を確認するようにしたいものです。

また、下処理の後は、洗濯機に入れることになりますが、その際には洗濯ネットを利用するようにしましょう。洗濯ネットを利用することで、型崩れを防ぎ、シワも防ぐことができます。また、学ランの上下は別々に洗濯ネットを利用するようにします。

洗濯機を使った学ランの洗濯方法

ここから実際に洗濯機で学ランを洗濯していくわけですが、コースは通常ではなく、手洗いコースなどの洗濯物にダメージの少ないコースを選ぶようにしましょう。いくら学ランが丈夫にできているといっても、数年は利用するものなので、衣類にダメージが残るようなコースは選びたくないところです。

また、洗濯機を回し始める前に、ネットに入れた学ランをしっかりと洗濯槽の中に沈めるようにしましょう。しっかりと沈めなければ、十分に洗剤が染み込まない可能性があります。

また、脱水時間にも注意をする必要があって、学ランを選択する際には、なるべく短めの脱水時間を設定するようにします。脱水も長時間になってくると、衣類にダメージを残してしまうので、注意が必要です。

学ランの手洗い方法

学ランを手洗いで洗う場合には、折りたたんだ状態で洗うのが普通です。学生服がおさまるくらいのある程度大きさのある容器を利用して、水にまんべんなく浸かるようにするのがポイントです。

学ランは、ごしごしと洗うのではなく、押し洗いが基本になってきて、押して緩めるという動作を何度も繰り返すことによって、汚れを落としていきます。また、すすぐ際にも同様の方法で洗剤を落としていきます。水が汚れなくなってくるまで、すすぎを繰り返すようにしましょう。どの工程でも、学ランが型崩れしないように注意して、洗ってください。

学ランの干し方について

せっかく上手に学ランを洗濯しても、干し方を間違ってしまうと、台無しになってしまいます。干し方を正しくすることで、より綺麗な状態で着用することができます。

特に注意が必要なのは、学ランの上着で、襟の部分を整えるために、厚みのあるハンガーを利用するのがおすすめです。厚みのあるハンガーがない場合には、タオルなどを利用して、ハンガーの厚みを増やしてあげるとよいです。

また、袖の部分にタオルなどを入れることによって、その重力でシワを伸ばしてくれる効果を期待できます。このようにしっかりと干すことができれば、すぐに着用できるくらいシワにならないので、学ランを干す際には工夫したいところです。

学ランの洗濯頻度

学ランは、洗濯機を利用して洗っても、すぐに着れなくなってしまうほどデリケートな衣類ではありません。しかし、洗濯回数が多くなってくると、ダメージが蓄積されていくので、注意が必要です。

学ランの性質上、何度も利用することになるので、洗濯頻度についてはしっかりと考えておきたいところです。学ランの洗濯頻度については、利用しているお子さんによっても異なってきますが、大体月1回程度が目安になってきます。

月一回の洗濯で、快適に学ランを利用するためには、サポートアイテムを利用するのがおすすめです。例えば、消臭スプレーを利用して、臭いが残らないように工夫したり、除菌効果のあるスプレーもよいでしょう。

さらに、学ランについたホコリをブラッシングで落とすだけでも、ずいぶん違ってくるはずです。このように、月に何度も洗えない衣類だからこそ、日頃のメンテナンスは重要になってきます。

学ランは、みなさんが思っているほどデリケートな衣類ではないので、今回確認した方法を利用して、思い切って家庭で洗濯してみるのもよいでしょう。いつもクリーニングを利用しているという家庭もあると思いますが、クリーニングだと費用がかさんでしまいます。