枕の洗濯方法は?家庭でできる洗い方やメンテナンス方法

枕

枕は予想以上に汚れてしまうのに、なかなか洗濯する決断をすることができないアイテムでもあります。枕カバーである程度の汚れを回避することはできますが、それでも長く使っていると、汚れてしまうものです。

長く使っているものは、予想以上に汚れが溜まっている可能性がありますので、しっかりと洗濯して清潔に保ちたいものです。枕が汚れていると、デリケートな顔の部分に何らかのトラブルが発生してしまう可能性があります。

また、新しい枕に交換するという方法も、枕が違うと眠れないという人もいるため、安易に交換できないという人もいるでしょう。今回は、こんな枕の洗濯方法について確認してみます。

枕の中身を確認してみる

枕を洗濯する場合には、そもそもその枕は洗えるのか、どうかということを確認する必要があります。枕の中には、洗えるものと、洗えないものが存在していますので、しっかりと事前に確認しておきたいところでしょう。

まず、枕の素材として一般的なポリエステルなのですが、これは枕によって洗えるか、洗えないかは違ってきます。そのため、よく洗濯表示を確認するのが重要です。

続いてビーズが使われているタイプの枕は、多くが洗濯することができるといえるでしょう。しかし、中には洗濯できないものもあるので、こちらも枕の洗濯表示をしっかりと確認する必要があるのではないでしょうか。

枕の中には、パイプと呼ばれるような素材を使ったものもあって、この素材は枕の中でも、かなり水洗いしやすい素材だといえるでしょう。パイプが使われている場合には、それほど気にすることなく、水洗いできてしまいます。

枕の洗濯方法

自分の枕が洗濯できるかどうかを確認したら、今度は枕の洗濯方法について確認してみましょう。枕を洗濯する場合の洗剤についてですが、粉末タイプのものよりは、液体タイプのものをチョイスしたいところです。粉末タイプのものは、枕との相性が悪く、場合によっては溶けずに枕に付着してしまう可能性もあるので、注意が必要です。

また、枕を洗濯する場合にも、洗濯ネットを使うのがおすすめで、枕の大きさにピッタリの洗濯ネットをチョイスするようにしましょう。洗濯ネットが大きすぎると、あまり洗濯ネットの意味がなくなってしまいますので、適度な大きさのものを選びたいものです。

洗濯コースは、デリケートなタイプの衣類を洗うコースがおすすめで、洗濯機によって手洗いコースや、おうちクリーニングコースなど色々な名前がつけられているので、洗濯機の説明書を確認して対応します。

洗濯後は、枕の中身が偏っている場合がありますので、しっかりと整形して乾燥させるようにします。干し方なのですが、枕の中身によって異なってきます。

ビーズが中身の場合には、なかなか乾きにくいという特徴を持っているので、しっかりと脱水をして、風通しの良い場所で乾かす必要があります。逆にパイプのような素材は、構造上乾きやすい性質を持っているので、それほど乾燥に気を配る必要はないでしょう。

枕は、その他の衣類に比べると、乾きにくい性質を持っているので、しっかりと乾燥させるというのがポイントになってきます。濡れたまま利用してしまうと、それが臭いやカビの原因になってしまう可能性があるので、洗濯の意味がなくなってしまいます。枕によっては乾燥に数日必要な場合もありますので、素材を見極めて、適切な乾燥時間を把握する必要があるでしょう。

枕を手洗いで洗う方法

枕は洗濯機で洗う方法もありますが、手洗いで洗う方法もあります。手洗いならば、よりデリケートなタイプの枕にも対応することができます。枕は比較的サイズが大きいので、洗面台や、洗面台で足りない場合には浴室などを利用するとよいでしょう。

デリケートなタイプの枕を手洗いすることになるので、洗剤は中性洗剤を利用するのがおすすめです。枕は洗う範囲が大きくなればなるほど、乾燥に時間が必用になってしまいますので、汚れている部分だけ洗うというのもありです。枕を手洗いする場合には、全体を優しく揉むように洗っていくのがポイントで、洗剤の泡がでなくなるまで丁寧に繰り返していきます。

手洗いの場合は、洗濯機よりも脱水がされていないので、乾燥にかなりの時間を要する場合があって、最低でも数日間は考えておかなければならないでしょう。しっかりと乾かしていない状態での再使用は、トラブルのもとになってしまいますので、手洗いをするなら、乾燥期間のことも頭に入れておくとよいでしょう。

メンテナンスについて

枕の中には、洗えないものもありますので、日頃からメンテナンスをしていくという意識も重要になってきます。枕をしっかりとメンテナンスすることによって、洗濯回数を減らすこともできますので、枕の消耗を減らすという効果も期待できるでしょう。

枕のメンテナンスというのは、天日干しが重要になってきて、一部陰干しの方が適している素材もありますので、素材によって使い分けていきたいところです。枕のメンテナンスにはどのような効果があるのかを確認してみると、例えば日光による消毒効果があります。日光消毒をすることによって、ダニを防げる効果もありますので、より清潔な状態を保つことができるのです。

また、枕の中にはウレタンが使われているものもあります。こちらのウレタンは水洗いすることができないタイプの素材になっていて、水洗いしてしまうと大きなダメージを残してしまう可能性があります。

ウレタンの場合は、内部の空気を入れ替えてあげることがメンテナンスに繋がって、ウレタンは伸縮することによって、内部にたまった空気を入れ替える性質があります。そのため、長期間利用していない場合は、悪い空気が内部に溜まった状態になってしまいますので、これを伸縮させて、入れ替えてあげるだけでも十分にメンテナンス効果を得ることができるのです。

伸縮させる方法は、単純に枕を揉んであげるだけでも大丈夫なので、ウレタンはとてもメンテナンスが簡単な素材だともいえるでしょう。このように素材によって、水洗いが可能だったり、不可能だったりするので、よく素材の特性を踏まえた上で対応したいものです。