ナイロン素材の洗濯方法は?自宅で洗う時の注意点やコツ

ナイロンのパーカー

ナイロン素材は、現代においては非常に一般的な素材だといえるのではないでしょうか。多くの人がナイロン素材を利用しているといえますが、このナイロン素材の洗濯方法についても、あらためて確認しておくとよいでしょう。

ナイロン素材について

まず、ナイロン素材の特徴について考えてみると、ナイロン素材というのは、衣類に使われている素材の中でも、かなり丈夫な素材になっています。洗濯によるある程度の刺激ならば、問題なく耐えることができる耐久性を持っていて、さらに乾くのも早いといった、洗濯に適した素材であるともいえるでしょう。

しかし、なんでも洗濯できるというわけではなく、衣類の中には、ナイロンだけではなく、その他の素材が混ざったものも存在しているのです。そのような衣類の場合には、その他の素材に注意を払わなければならなく、場合によっては普通に洗うことができないということも考えられるのです。洗濯表示を確認することによって、どのような素材なのかを把握することができるので、事前に必ず確認するようにしましょう。

また、ナイロン素材の特徴として、通常の洗濯には強いという特性があるのですが、熱に弱いという弱点もあります。この熱に弱いナイロンを乾燥機にいれてしまうと、ナイロンがダメージを受けてしまう可能性があるので、基本的には乾燥機を利用しないことが重要になってきます。

ナイロン素材の洗い方

ナイロン素材を利用している衣類の洗い方についてですが、基本的には洗濯機で洗う方法で問題ありません。ナイロンは、洗濯の際に発生する摩擦などに強い特徴を持っているので、標準コースで洗濯しても問題になることは少ないでしょう。洗濯の際に衣類を確認して、経年劣化などによる傷みが発生しているのならば、ドライコースなどを洗濯するのもよいかもしれません。

また、ナイロンは熱に弱い性質を持っているので、あまりに熱いお湯などで洗濯をすると、ダメージが残ってしまう可能性があります。ナイロンにダメージを残してしまわないためにも、30度くらいの水温を保つようにするとよいでしょう。

また、ナイロンの中には、防水加工が施されたものもありますが、このようなアイテムについては、洗濯機で洗うことができないので、事前に確認しておく必要があるでしょう。

ナイロンを手洗いする方法

ナイロンは洗濯機だけではなく、手洗いすることもできます。ナイロンの中でもデリケートなものは、手洗いすることによって、しっかりと汚れを落とすことができるでしょう。ナイロンの手洗いする場合には、押し洗いが基本になってきます。

ナイロンはそれなりに丈夫となっているので、その他のデリケートな衣類に比べて、多少押し洗いの回数を増やして、しっかりと汚れを落とすのもよいでしょう。また、脱水については、洗濯機を利用するのが普通になってきて、洗濯ネットなどを利用すれば、より安心して脱水することができます。

ナイロンは、熱に弱いという性質を持っているので、乾燥にも注意する必要があって、乾燥機を利用することはできません。ナイロンは、自然乾燥が一番なので、直射日光を避けつつ、陰干しで対応するとよいでしょう。直射日光をあててしまうと、どうしても黄ばみやすい特徴をもっていますので、黄ばみをつくってしまわないためにも、陰干しを利用する必要があります。

また、アイロンを利用する場合にも注意が必要で、熱に弱いので直接あててしまうと、ダメージが残ってしまう場合があります。そのため、ナイロン素材の衣類にアイロンを使う場合には、低温で設定して、あて布を利用することで、ダメージを防ぐ必要があります。アイロンを使うと、上手くシワを伸ばせるので、熱に注意しながら対応してみるとよいでしょう。

ナイロンを洗う際の洗剤

ナイロン素材が使われた衣類を洗濯する際には、洗剤にもこだわってみてはいかがでしょうか。ナイロンは非常に丈夫な存在なのですが、洗剤の使い方によっては、ダメージを残してしまう場合があるので注意する必要があります。

まず、注意しなければならないのがアルカリ性の洗剤になっていて、アルカリ性の洗剤でナイロンを洗ってしまうと、生地を傷めてしまう可能性があるのです。そのため、中性洗剤ならば生地を傷める心配なく洗うことができます。

また、漂白剤の扱いにも注意する必要があって、漂白剤の利用の仕方によっては、ナイロンが変色してしまうことがありますので、こちらにも注意する必要があるでしょう。ナイロンの中には、安価な商品も多いので、そのアイテムが自分にとってどのような位置づけなのかを考えることも大切になってきます。

あくまでも使い捨てという感覚があるのならば、思い切って洗浄力の強い洗剤を利用してみるのもよいですし、逆に大切なアイテムならば、なるべく変色等のダメージを防げるような洗剤選びをしていく必要があるのではないでしょうか。そうすれば、お気に入りのアイテムを長く楽しめます。