1. HOME
  2. 洗濯の仕方洗濯で服が縮むのを防ぐコツは?縮む素材や原因と戻す方法

洗濯で服が縮むのを防ぐコツは?縮む素材や原因と戻す方法

考える男性

洗濯を躊躇してしまう理由のひとつが、洗濯後に衣類が縮んでしまうという点ではないでしょうか。衣類の縮み方によっては、お気に入りのアイテムが台無しになってしまう可能性もあるので、躊躇してしまうのも無理はありません。

そこで今回は、洗濯で衣類が縮んでしまうを防ぐコツについて確認してみるので、コツを把握した上で、より安全に洗濯する方法を確立してはいかがでしょうか。特に、お気に入りの衣類を洗濯するような場合には、役立ってくれるはずです。

縮みやすい素材を確認

洗濯する際の縮みについて考える場合には、まず素材について考える必要があるでしょう。衣類の素材には色々な種類があって、決してどの素材も洗濯をすることで縮んでしまうというわけではありません。逆に縮みやすい素材も存在しているので、それぞれの素材を見極めることによって、注意して洗濯をすることが重要になってくるでしょう。

縮みやすい素材としては、まず第一にウールなどの毛があります。洗濯する際に注意事項が多い素材でもあって、濡れた状態で摩擦を与えてしまうと、簡単に縮んでしまうので注意が必要です。ウールなどの毛は、水に塗れることによって、繊維の状態が変化してしまうからであって、その状態で摩擦を加えてはいけないのです。

さらに、レーヨンなどにも注意する必要があって、レーヨンも縮みやすい素材として知られています。レーヨンもウールなどと同様に、水に濡れることによって状態が変化し、それがきっかけで縮んでしまうのです。コットンについても縮みやすい素材となっているので、こちらも洗濯の際には注意が必要です。

このように、衣類を構成している各素材には、縮みやすいものと、そうでないものがあるので、縮みやすい素材で作られているものを洗濯する際に注意を払うだけでも、洗濯の際の縮みを防ぐポイントになります。

縮みやすい衣類は手洗いを利用

素材によって縮みやすいものと、そうでないものがあることがわかりましたが、縮みやすい素材を洗濯する場合には、手洗いをするという方法もあります。手洗いはやり方を間違わなければ、洗濯物にとって、とても優しい洗い方になりますので、その分だけ縮みを防げる可能性が高くなります。

ただし、ウールなどを手洗いする際に、水に濡れた状態で強く摩擦してしまっては、結局縮みを発生させる原因になってしまいますので、摩擦を最小限に抑えるような洗い方を身につける必要があるでしょう。さらに、水温にも注意したいところで、あまりに温度の高いお湯を利用してしまうと、衣類にダメージを残してしまう可能性があります。

また、洗剤の中には、衣類を縮みにくくしてくれるサポート成分が含まれたものもあります。主におしゃれ着用洗剤などに該当するので、縮みを防ぎたいのならば、おしゃれ着用洗剤を厳選するとよいでしょう。実際に手洗いをする際には、型崩れを防ぐために、しっかりと衣類をたたむことが大切です。

また、摩擦を最小限に抑える洗い方としては、押し洗いがベストになっています。押し洗いというのは、洗濯オケの中で、沈めて、浮かせるという方法を繰り返すもので、両手で押して沈めて、力を緩めるを繰り返します。これを繰り返すことによって、洗剤の力を使って、汚れを落としていきます。

すすぎの際にも押し洗いを繰り返すことによって洗剤を洗い流すことが大切です。脱水をする際にも、摩擦には十分に注意する必要があって、せっかく摩擦を最小限に抑えて押し洗いをしても、脱水の際に絞るなどをしてしまっては、意味がありません。

バスタオルなどを利用して、タオルで水分をふき取る方法で脱水をしていくのがよいでしょう。こうすることによって、摩擦を与えずに素早く脱水することができます。

また、縮みやすい素材の中には、水に浸けている時間が長ければ長いほど、縮むリスクが大きくなるものがあります。そのため、手洗いをする場合には、洗濯時間にも注意する必要があって、あまりだらだらとやっていると、縮む原因になってしまいます。

洗濯機で縮みやすい衣類を洗う

縮みやすい衣類を洗濯機で洗う場合には、洗濯ネットを用意するのが基本になってきます。洗濯ネットは、衣類の摩擦を最小限に抑えてくれるものなので、縮みやすいアイテムを洗う際には重宝します。

また、コースによっても、洗濯物に発生する摩擦をコントロールすることができるので、おしゃれ着用コースやドライコースといったものを選択するようにしましょう。このタイプのコースは、水流を弱めることによって、摩擦が発生しにくくなっています。

また、汚れやすい部分を洗剤で前処理しておくことによって、よりスピーディーに汚れを落とすことができ、結果縮みにくくすることができます。縮みは、洗濯回数や洗濯時間が長くなればなるほど、発生しやすくなってくるので、前処理や下処理といったものも重要になってくるのです。

縮みを元に戻す

万が一、洗濯によって衣類が縮んでしまった場合は、ある程度ならば縮みを元に戻せる可能性があります。

例えば、トリートメントを使う方法があって、トリートメントには、縮みを改善する成分が含まれているものがあります。ジメチコンという成分になっているのですが、トリートメントを使って衣類の縮みを戻すのならば、この成分が入っているかを確認しておくとよいでしょう。

洗面器などにトリートメントを溶かして、縮んだ部分を少しずつ引っ張ることによって縮みを元に戻していきます。ある程度、縮みを伸ばしたら、今度はトリートメントを溶かした洗面器などに数十分程度浸けておきます。こうすることによって、ある程度の縮みならば戻せるかもしれません。

また、柔軟剤を利用することによっても縮みを戻せる可能性があります。柔軟剤には、元々縮みを防ぐ成分が含まれていることが多く、トリートメントで行う方法と同じように、対処すれば、ある程度の縮みならば戻せるかもしれません。

トリートメントや柔軟剤を使った縮みの対処法は、あくまでも最終手段になってきます。できることならば、縮まない洗濯方法を実践したいところなので、万が一の際の方法として覚えておくとよいでしょう。

© 2018 タククリ All Rights Reserved.