シャギーニットは洗濯できる?洗い方や抜け毛対策の方法

シャギーニット

洗濯をする際の疑問としてシャギーニットが洗えるかどうかを気になっている人もいるのではないでしょうか。シャギーニットはデリケートな部類の洗濯物になるため、しっかりと確認して洗濯をしなければ、お気に入りの衣類を台無しにしてしまう可能性があるのです。今回は、シャギーニットが洗えるかどうか気になっているというような人のために、詳細を説明しますので、ぜひ確認してみてください。

シャギーニットの洗濯について

シャギーニットを自宅で洗う場合には、手洗いが基本になってきます。シャギーニットは、とてもデリケートな素材でできているため、手洗いで優しく洗うのが無難だといえるでしょう。

シャギーニットを洗う場合には、水温についても注目してあげたいところで、水温は30度程度が丁度良いとされています。あまり温度の高くしてしまうと、生地に変化が発生してしまう可能性があり、場合によってはダメージとして残ってしまいます。

シャギーニットを洗うなら、おしゃれ着用の中性洗剤がおすすめになってきて、絡まらないように、裏返しにして洗濯をするとよいでしょう。さらに、洗濯ネットがあれば、より安全に洗濯することができますので、こちらも覚えておきたいところです。

シャギーニットを手洗いする時には、押し洗いがベストだといえて、押しながら沈めたり、浮かせたりを繰り返す方法です。この方法で優しく洗うようにして、衣類にダメージが残らないように注意しましょう。

すすぎについても押し洗いが基本になってきますので、押し洗いで優しく洗剤を洗い流していきましょう。基本的に、洗いからすすぎまで、温度は一定にするのがポイントで、温度が急激に変化してしまうと、繊維が変化してしまう可能性があります。

すすぎを終えたら、今度は脱水なのですが、脱水の方法はバスタオルを利用して、タオルで水分を吸いとるようにしましょう。絞ったりしてしまうと、衣類にダメージが残ってしまう可能性があるので、脱水の際にも注意をします。

乾燥は、平干しが基本になっていて、衣類の重量で伸びてしまわないように注意してください。直射日光にあててしまうのもいけないので、陰干しが基本になってきます。

このようにシャギーニットを洗濯する場合には、手洗いでそれでいて、優しく洗う必要があるので、なかなか気軽に洗濯することができないのがシャギーニットだといえるでしょう。中には手洗いすることもできないようなものもありますが、このようなタイプのシャギーニットはクリーニング屋に依頼するしかないでしょう。

シャギーニットのメンテナンス

シャギーニットは、あまり洗濯したくないタイプの衣類です。そのため、洗濯するまでの間隔を長くするためにも、定期的にメンテナンスをすることが重要になってきます。シャギーニットのメンテナンスには、着る間隔を空けるというものもあって、1日着たら1日休むなど、毎日着るのを避けるようにします。

また、ブラッシングを利用してメンテナンスをするのもおすすめで、しっかりとブラッシングでほこりなどを汚れを落としてあげることが大切です。また、静電気を防止することも大切で、こうすることによって、ふわふわした感触を長く保つことができるはずです。

静電気を防止するためには、柔軟剤とスプレーを混ぜたものを定期的に吹きかけてあげると効果的です。柔軟剤には静電気を防ぐ成分が含まれておりますので、これを有効活用していきます。

シャギーニットには、このようなメンテナンスの方法がありますので、できるだけふわふわした感覚を保ちたいと思っているのならば、洗う回数を極力減らすためのメンテナンスを身につけるようにしましょう。