ワイシャツの上手な洗濯方法!しわにならず長持ちさせる洗い方は?

ワイシャツ

ワイシャツは、仕事をしている人なら、洗濯する機会が多いアイテムではないでしょうか。ワイシャツは、汚れる機会も多いので、その分だけ洗濯するコツを把握するメリットは大きいです。

ワイシャツを上手に洗濯することができれば、それだけ長持ちさせられる可能性もありますので、節約効果にも繋がるはずです。今回は、そんなワイシャツを上手に洗濯するコツについて紹介しますので、ぜひ確認してみてください。

ワイシャツを洗濯する際の下準備

これからワイシャツを洗濯するのならば、その前の下準備をしておくとよいでしょう。基本的にワイシャツは、丈夫な繊維で作られていることが多いので、普通に洗濯機で洗うことができます。しかし、高級素材を利用したワイシャツなどは、普通に洗濯できない可能性があるので、事前にチェックしておくとよいです。

ワイシャツを洗濯する場合には、ボタンをすべて外すのが基本になってきますので、忘れないようにしましょう。ワイシャツのボタンを外し忘れてしまうと、十分に洗浄効果が発揮されない可能性があるので注意です。特に汚れがつきやすい襟や袖、周辺のボタンについては、外し忘れてしまうと、かなり洗浄効果が限定されてしまいます。

さらに、ワイシャツには汚れやすい部位というものがあって、汚れやすい部位に対して、事前に下処理をすることによって、洗浄効果を高めることができます。ワイシャツの汚れやすい部分としては、襟や袖に注意したいところで、汗のかきやすい季節などは、かなり汚れていることが考えられます。

これらの汚れをしっかりと落とすには、汚れやすい部分だけ、部分洗いをするというものです。洗濯機に入れる前に、洗濯洗剤を利用して、汚れやすい部位につけておくだけでも、洗浄効果はかなり違ってくるものです。通常のワイシャツに使われているような繊維ならば、多少洗剤をつけて放置しておいても問題ないので、洗剤をつけて、数分程度、放置しておくとよいでしょう。

また、ワイシャツを洗濯する際にも、洗濯ネットはおすすめで、洗濯ネットがあれば、ワイシャツの洗濯によるダメージを最小限に抑えることができます。ワイシャツは、まとめてたくさん洗うという人も多いかと思われますが、洗濯ネットにワイシャツを入れる際には、洗濯ネットひとつに、ワイシャツ1枚が基本になってくるので覚えておくとよいでしょう。

汚れが酷い時には、漂白剤を用意しておくのもおすすめで、普通のワイシャツならば、漂白剤にもある程度耐えることができます。このような下準備をしておけば、ワイシャツを洗う際の洗浄力を高めたり、より安全に洗濯することができたりするので、覚えておくとよいです。

また、ワイシャツを洗濯する際には、ポケットに余計なものが入っていないかを確認しておくことも大切です。ポケットに入ってるものによっては、洗濯するどころか、より汚してしまう可能性もあるので注意です。また、大切なものならば破損してしまう可能性もあるので、しっかりと余計なものが入っていないかを確認するようにしましょう。

ワイシャツの洗濯方法

ワイシャツは、基本的に洗濯機を利用して洗うことができるので、洗濯機に任せておけば問題ありません。ワイシャツをまとめて洗う場合には、一度に洗う量についても注意する必要があって、一度に洗う量が多すぎる場合には、十分に洗浄効果が発揮されない場合があるので注意しましょう。

それぞれの洗濯機には適正な量がありますので、そちらについても事前に確認しておくとよいでしょう。ワイシャツを洗濯する場合のコースは、通常コースで問題ありません。また、通常コースを利用する場合であっても、脱水時間を調整することによって、ワイシャツを保護することができます。

ワイシャツが洗濯で傷む場合には、色々な理由がありますが、その理由のひとつが脱水になっているのです。そのため、脱水時間が長く設定されていると、どうしてもワイシャツにダメージが残りやすくなってしまうのです。

さらに、ワイシャツの中には、洗濯後のシワになりにくいタイプのアイテムも存在しています。そのタイプのワイシャツを洗濯する場合は、脱水時間を短めにした方が、効率的にシワを伸ばせる可能性があるのです。

ワイシャツでシワになりにくいものは、乾かす過程においてシワが伸びるようになっているため、脱水でいっきに乾かしてしまうと、そのような加工がされたものであっても、十分にシワが伸びない可能性があるのです。このようなことからも、ワイシャツを洗濯する際には、通常コースであっても、脱水時間だけは短めに設定するのがおすすめとなっています。

また、ワイシャツの素材が丈夫な場合は、水温を上げて洗浄力を高めるのもおすすめです。デリケートなタイプの衣類には使えない方法ですが、ある程度丈夫な衣類になら、効果的な方法なので、洗濯する際の温度にも注意しておくとよいでしょう。

ワイシャツの乾燥方法

ワイシャツを上手に洗濯するために重要になってくるのは、洗濯後にワイシャツがシワにならないようにすることです。そのために重要になってくるのが、乾燥の工程になっています。どんなにシワにならない洗濯をしても、乾燥方法を間違ってしまうと、シワになってしまうものです。

このようにワイシャツのシワを防ぐためには、乾燥の工程がとても重要です。まず、ワイシャツのシワを防ぐために重要なのは、素早く干すことです。洗濯後に洗濯機の中にいつまでも放置しておく癖がついている人は注意しましょう。それだけシワが残りやすくなってしまいます。

また、脱水後にはできるだけ早く全体のシワ伸ばしをしたいところで、全体を大きく振ることによって、ワイシャツのシワはかなり伸びてくれます。これは、洗濯後早ければ早いほど、効果のある方法になりますので、素早く干すことを意識して、できるだけ早くするようにしましょう。

ワイシャツはハンガーにかけて干すのが一般的ですが、ハンガーにかける前にも一工夫するとよいです。ハンガーにかける前に、襟や袖のシワを伸ばすようにすれば、さらに洗濯後のシワを防ぐことができます。

また、シワ伸ばしにはスプレーのりなどの便利なアイテムもありますので、ワイシャツを洗濯する際には用意しておいてみてはいかがでしょうか。アイロンの手間が省けますので、かなりスムーズに洗濯を終えることができるはずです。

シワについては、柔軟剤を利用することでも防げる可能性があって、柔軟剤には、洗濯後のふわっとした感覚を楽しむ以外にも、シワを防ぐ効果もあるのです。香りや手触りで楽しめるタイプの柔軟剤も数多く発売されているので、柔軟剤を利用して、ワイシャツの洗濯をワンランク上のものにするのもよいのではないでしょうか。

ワイシャツの選び方

ワイシャツの洗濯にこだわるのならば、ワイシャツの種類にも注意してみてはいかがでしょうか。ノーアイロンシャツなどを利用することができれば、それだけ洗濯の手間は少なくなってくれます。ノーアイロンシャツは、洗濯後のシワになりにくさが通常のものと比べると、段違いになっているので、その分だけ洗濯を効率的に終えることができるのです。

ノーアイロンシャツなどを利用した上で、今回紹介したワイシャツの洗濯方法を試すことができれば、ワイシャツの洗濯もずいぶん違ったものになってくるはずです。シワを減らせば、それだけ時間の節約にも繋がるのです。