1. HOME
  2. アイテム別サマーニットの洗濯方法は?洗い方や干し方、注意点をチェック

サマーニットの洗濯方法は?洗い方や干し方、注意点をチェック

サマーニット

サマーニットは、何も考えずに洗濯できるというものではありません。しっかりとその特徴を確認して洗濯しなければ、元の状態に戻らないこともありますので、十分に注意が必要です。今回は、そんなデリケートな衣類である、サマーニットの洗濯方法について確認してみます。

サマーニットの洗濯方法に悩んでいたり、これからサマーニットの洗濯にチャレンジしようと思っているような人は、ぜひ確認してみてください。しっかりと洗濯方法を学んでおけば、自宅でも洗濯することができるはずです。

サマーニットの洗濯準備

サマーニットを洗濯するなら、事前準備をすることによって、より確実性を高めることができます。まず、洗濯表示をしっかりと確認しておきたいところで、サマーニットの中には、手洗いを含む、自宅での洗濯が不可能なものもありますので、万が一のことを考えて洗濯表示を確認しておきましょう。

また、サマーニットはかなりデリケートな衣類になっているので、事前に洗濯ネットを購入しておくとよいでしょう。洗濯ネットがあれば、洗濯機を使った洗濯ができるようになる可能性もあります。洗剤については、おしゃれ着に該当するので、おしゃれ着用の洗剤をチョイスするようにしましょう。

また、事前に洗濯コースも確認しておきたいところで、ドライコースやおうちクリーニングコースなどを選ぶのがポイントになってきます。これらの洗濯コースは動きを最小限に抑えながら洗濯することができる方法になっているので、衣類へのダメージも抑えることができます。

サマーニットの洗濯

サマーニットを洗濯機で洗濯するのならば、事前に汚れがどの程度かを確認しておくとよいでしょう。もし、汚れがところどころ酷くなっている場合には、おしゃれ着用の洗剤を部分的につけて、下処理をしておくことをおすすめします。事前に色落ちチェックをしておくことが大切ですが、こうすることによって、洗剤の効力をより発揮できるようになります。

ドライコースやおうちクリーニングといったコースを使う場合は、通常の洗濯コースに比べて、かなり洗浄力が衰えてしまいますので、洗剤の効果をいかに上手く活用できるかがポイントになってくるのです。

また、汚れをより効率的に落とすためには、洗濯ネットへの洗濯物の入れ方も重要になってきます。汚れの部分が外側になるようにおりたたむことによって、それだけ洗剤の効果を発揮しやすくなります。逆に汚れが内側になってしまう場合には、十分に汚れが落ちない可能性があるので注意しましょう。

おしゃれ着を洗う際には、一回一回リスクを背負って洗濯をすることになりますので、洗浄効果が十分に発揮できないという状況だけは避けたいところだといえるでしょう。洗濯機の場合は、このような下処理をしておけば、後はコースや洗剤を間違わなければ、脱水までをすべて行ってくれます。

また、衣類によって脱水時間も調整してみるとよいでしょう。洗濯を終えたら、今後は乾燥になりますが、平干しを利用することによって、伸びを抑えることができます。サマーニットなどは、干し方を間違えてしまうと、簡単に伸びるので、最後まで気を抜くことができません。

脱水を終えたら、整形をして、乾燥後にシワにならないようにしましょう。シワを伸ばす場合には、優しくたたいて、形を整えていくようにします。あまり強く叩いてしまうと、これもダメージの元なので注意するようにしましょう。

また、直射日光ではなく、陰干しで、日光が直接当たらないように注意することも大切です。平干しをする場合は、平干し専用のハンガーがあるので、余裕があるのならば、それらのアイテムを揃えておくとよいでしょう。ない場合は、ハンガーを複数本利用して並べたりする方法もあります。

サマーニットの手洗い

サマーニットは、場合によっては手洗いを利用した方がよいこともあります。そのため、手洗いの方法についても確認しておくとよいでしょう。サマーニットを手洗いする場合には、洗剤をぬるま湯に溶かして、押し洗いで洗濯するのがおすすめです。

押し洗いは洗浄力の弱い方法ですが、その分だけ衣類への負担も少ないので、サマーニットなどを手洗いする時にはぴったりです。押したり、弱めたりを繰り返して洗濯をしていく方法で、すすぎまでを同じ動作を繰り返しながら進めていきます。

また、手洗いはあまり時間をかけすぎてもいけないので、その点も意識しておくとよいでしょう。手洗いで脱水する場合には、タオルを使うのがおすすめで、タオルで挟むことによって、脱水をしていきます。干し方は、洗濯機で洗った場合と同様なので、陰干しかつ平干しで、乾燥させるようにしましょう。

このようにサマーニットを洗濯するとなると、普通の衣類と同じ感覚ではダメなので、事前にしっかりと詳細を確認して、リスクを抑えながら洗濯できるようにしましょう。自信がないならプロのクリーニング店に頼むというのも手です。

© 2018 タククリ All Rights Reserved.