1. HOME
  2. 洗濯の仕方手洗い洗濯におすすめな洗剤は?洗剤の選び方や使い方のポイント

手洗い洗濯におすすめな洗剤は?洗剤の選び方や使い方のポイント

手洗い

手洗いをするということは、デリケートな衣類を洗濯することになります。そのため、手洗いの方法だけではなく、手洗いの際に利用する洗剤についても、しっかりと確認しておきたいところではないでしょうか。最近の洗剤の性能は、一昔前のものに比べて、かなり上がっているので、洗剤の選び方だけでも、ずいぶん洗濯の結果は変わってくるのです。

これから手洗いをしようと思っているのならば、手洗いの用のお気に入り洗剤をひとつチョイスしておいてはいかがでしょうか。そうすることによって、自宅でも気軽に手洗いをすることができるようになるかもしれません。

手洗いの洗剤の選び方

手洗いの際の洗剤の選び方を考えるのならば、まずは手洗い用の洗剤の成分について考える必要があります。デリケートな衣類は環境の変化に弱いので、成分によっては、それだけでダメージを与えてしまう可能性があるのです。

手洗いに適した洗剤の成分を確認してみると、中性や弱アルカリ性の洗剤が向いているといえます。洗剤の中には、おしゃれ着用洗剤というものがあって、こちらのおしゃれ着用洗剤は、中性洗剤になっているので、デリケートな衣類を洗濯するのには向いています。しかし、中性洗剤は、洗浄力が弱いという弱点があって、それを補ってくれるのが弱アルカリ性の洗剤になっています。

弱アルカリ性の洗剤は、手洗いに洗浄力を求める際におすすめの洗剤になっていて、デリケートな衣類などには使いにくい洗剤なのですが、それ以外の丈夫な衣類を手洗いする際に利用すると便利です。しかし、弱アルカリ性の洗剤は、デリケートな衣類に使ってしまうと、ダメージになってしまう場合があるので、その点は注意したいところではないでしょうか。

また、汚れを落とすことを重視して手洗いするのならば、弱アルカリ性の洗剤を選ぶということの他にも、粉末洗剤を利用するという選択肢もあります。粉末洗剤は、洗浄力の強いタイプの洗剤になっていて、しっかりと汚れを落としてくれるので、汚れが酷いユニフォームなどを手洗いする場合にはおすすめとなっています。逆にデリケートな衣類を洗う際にはあまり向いていないので、洗濯の際に一般的な液体洗剤を利用するようにしましょう。

おしゃれ着用洗剤にも液体のものが多くなっています。また、粉末洗剤は、ある程度の水温がなければ、粉末がしっかりと溶けてくれないので、あまり高い水温で洗うことができないデリケートな衣類を洗濯するのには不向きです。

手洗い洗剤の成分

手洗い洗剤を選ぶ場合には、成分をしっかりと確認することが大切ですが、手洗いは肌に負担のかける洗い方でもあるため、人体への影響についても考える必要があるのではないでしょうか。そのため、手に優しい成分の洗剤を選ぶことができれば、より手洗いをスムーズにすることができるでしょう。

手への刺激が強い洗濯洗剤を選んでしまうと、洗濯後に肌トラブルが発生する可能性もあるので注意が必要です。また、洗浄力を重視して、肌に刺激を与えてしまうような洗剤を使うのならば、ゴム手袋を用意しておくことも大切です。ゴム手袋を利用することができれば、それだけ手に対する負担を軽減することができます。

また、手洗い洗剤の成分として注意すべきポイントなのが、界面活性剤になってきます。界面活性剤が多く含まれていると、それだけ泡立ちがよくなります。しかし、泡立ちがよくなるということは、それだけすすぎに時間がかかってしまうということなので、この点には注意する必要があります。

特に注意しなければならないのがデリケートな衣類を洗濯する場合です。デリケートな衣類を洗濯する場合には、すすぎの時間や脱水の時間を少なくしなければならない場合もあるので、すすぎのしやすさというのはとても重要になってくるのです。

このため、手洗い用の洗剤を選ぶ場合には、界面活性剤の量にも注意する必要があって、界面活性剤があまり含まれていないものならば、よりすすぎ時間を少なくすることができるはずです。

さらに、界面活性剤が多すぎると、すすぎに時間がかかるので、それだけ水道料金が多くなるというデメリットがあります。手洗いは意外に水の量が必要になってくるので、必要のない多量の界面活性剤で、無駄に水を使ってしまわないように注意しましょう。

肌に優しいタイプの洗剤としては、植物由来の洗濯洗剤などがあるでしょう。植物由来の洗濯洗剤ならば、肌には優しいですし、さらに地球環境にも優しいという2つのメリットを備えています。植物由来の洗濯洗剤なら、赤ちゃんの衣類にも利用することができるので、赤ちゃんがいるという家庭の人は、手洗い用洗剤選びの選択肢として覚えておくとよいでしょう。

手洗い洗剤の種類

インターネット通販などを利用して、なんでも取り寄せられる時代になっているので、以前までに比べて洗濯洗剤のバリエーションはかなり豊富になっているといえるでしょう。インターネット通販などを利用すれば、海外で話題の洗濯洗剤を取り寄せることも可能になっています。

また、プロ仕様の洗濯洗剤を取り寄せることもできるようになってきて、プロ仕様の洗濯洗剤の中には、従来の洗剤では手洗いであっても洗濯の難しい衣類にも対応できるものがあります。また、縮みなどの衣類へのダメージも最小限に抑えられているものもありますし、アイロンの必要がないものもあります。プロ仕様のものは、クリーニング屋などが利用する、洗濯をビジネスにしている人達用の洗剤といえますので、高性能のものも数多くあります。

さらに、手洗い用の洗剤の中には、ベビー用の洗剤も販売されていて、赤ちゃんの着るものを手洗いしたいという場合には、これらのタイプを選ぶとよいでしょう。このタイプの洗剤は、肌に優しいマイルドな成分が使われていることが多く、赤ちゃんの肌はもちろんですが、手洗いする際の肌荒れを防ぐこともできます。肌荒れが気になったり、肌が元々弱いというような人は、このタイプの洗剤を視野にいれてみるのもよいでしょう。

また、手洗い用洗剤の中にも香りに特化した洗剤もあって、手洗いをするなら、香りも楽しみたいという人にはおすすめのタイプとなっています。おしゃれ着に特化した、おしゃれ着用洗剤の存在にも注目したいところで、中には特殊効果が付加されているようなものもあります。

おしゃれ着特有の繊維の状態変化をサポートしてくれる成分が含まれているものもあって、例えば特殊な成分で繊維をコーティングして、摩擦を防いでくれるようなものもあります。このような洗剤を利用することができれば、それだけ繊維に与えるダメージを軽減してくれるので、ニットなどのおしゃれ着を洗濯する際には、覚えておきたいところです。

洗剤によっても手洗いはずいぶん違ってくる

このように手洗い用の洗剤といっても、種類がたくさんあって、成分によってその目的も違ってきます。手洗い用洗剤の選択の仕方によっても、結果がずいぶん変わってくるので、それぞれのアイテムにあわせた洗剤選びをしてみましょう。

洗浄力を重視するのか、デリケートな衣類なのかによっても、選ぶべき手洗い用洗剤は変わってきますので、まずは手洗い洗剤の種類をしっかりと把握することと、洗おうとしている衣類の特徴をしっかりと把握することが大切になってきます。その上で、手洗いをすることで、安全で効率的に洗濯ができるはずです。

© 2018 タククリ All Rights Reserved.