カーディガンの正しい洗濯方法!洗い方の注意点や洗う頻度は?

カーディガン

カーディガンは、洗濯の際に迷ってしまうアイテムではないでしょうか。洗って良いのか、それとも自宅で洗うことができないのかと不安になってしまいます。お気に入りの衣類の場合は、洗濯に失敗してしまった時のことを、より考えてしまいやすいものです。

そこで、今回はカーディガンの洗濯の際に注意する点について紹介してきます。こちらを確認して、自分のカーディガンを洗濯することができるのか、または、どのように洗濯をすればよいのか、までを確認してみるとよいでしょう。

カーディガンを洗濯する前に確認

まずは、そのカーディガンが洗濯することができるのか、できないのかを確認する必要があります。カーディガンは、自宅で洗濯できるものもありますし、まったく洗濯できないものもあるので、洗濯前にしっかりと見極めなければなりません。

カーディガンが洗濯できるかどうかは、洗濯表示を確認するのが一般的で、バケツの中にバツ印が書いてあるようなものは洗濯することができません。逆に、バケツの中に数字が書いてあったり、手が書いてある場合には、自宅でも洗濯できる可能性があるので、覚えておくとよいでしょう。

また、そのカーディガンが洗濯できるものであったとしても、すぐに洗濯してよいというものではありません。場合によっては色落ちしてしまうものもあるので、事前に色々なチェックをしなければならないのです。

色落ちを注意しなければならないのが、色柄物になっていて、利用するおしゃれ着用の洗剤を使って色落ちチェックをしてみるとよいでしょう。洗剤の原液を万が一、色が落ちても目立たないような場所につけて、色落ちしないかを確認したり、色移りがないかをしっかりと確認しておきましょう。

また、汚れが酷い場合には、洗濯の前に前処理をしておくことによってしっかりと落とせる可能性が高くなります。酷い汚れの前処理にもおしゃれ着用の洗剤を利用でき、原液を汚れが気になる部分につけて、軽く叩きます。この際に、あまり強い刺激を与えてしまうと衣類のダメージになってしまうので、あくまでも軽く叩く程度にして、汚れを浮かせます。

カーディガンを洗う前の準備

カーディガンを洗う前には、しっかりと事前準備をしておくことによって、より洗浄効果を高めることができます。カーディガンを洗う前の事前準備としては、たたみ方を工夫する方法もあります。たたみ方を工夫することによって、洗浄力をより高くすることができるので、限られた洗浄力で洗わなければならない、デリケートなカーディガンなどでは非常に重要になってきます。

前にボタンがついている場合には、そのボタンを閉じます。さらに、襟や袖口、裾というのは、カーディガンの中でも汚れやすい部分になりますので、この部分をしっかりと表に出すようにしましょう。汚れやすい部分に洗剤の洗浄力がより働きやすくするのがたたみ方のコツになってきます。

また、カーディガンなどを洗濯機で洗う場合には、洗濯ネットを利用するのが一般的なので、たたむ際には洗濯ネットの大きさにあわせてたたむことも大切になってきます。洗濯ネットの大きさにあわせてたたむことによって、より伸びやよれなどの衣類のダメージを防ぐことができますので、ぜひ覚えておきましょう。

カーディガンを洗う

事前の確認や準備が済んだのならば、今度は実際にカーディガンを洗ってみます。カーディガンは、手洗いで洗うという方法もありますが、最近のカーディガンには、洗濯機で洗えるものも増えてきています。洗濯機で洗うことができれば、手洗いに比べて、各段に手間が省けることになるので、積極的に活用したいところではないでしょうか。

洗濯機でカーディガンを洗うのならば、洗濯ネットを利用するのが基本になってきますので、事前に衣類にあわせた洗濯ネットを手に入れておくとよいでしょう。洗濯ネットは、衣類の大きさにあわせることが重要で、そうすることによって衣類の保護効果をより高めることができます。また、洗濯ネットには、複数のアイテムを入れるのではなく、1つの洗濯ネットにつき、洗濯物1枚が基本になってきます。

洗剤は、おしゃれ着用洗剤を購入して使うとよいでしょう。洗濯機でカーディガンを洗濯する場合には、コースの洗濯が重要になってきて、おしゃれ着用のコースならば、弱い水流で優しく洗うことができます。おしゃれ着用コースの名称は、洗濯機によって様々で、ドライコースやおうちクリーニングコースなどの名称がつけられていることがあるので、それぞれの洗濯機のコースを説明書で確認しておくとよいでしょう。

洗濯機ではなく、手洗いで洗濯する場合には、押し洗いが基本になってきます。押し洗いは、衣類をたたんで洗濯オケなどに入れて、押しつけて、力を抜いて浮かせるを繰り返す方法です。洗浄力が弱い洗い方なのですが、カーディガンはとてもデリケートなので、このような洗い方が限界になります。

襟や袖口などの汚れが酷い場合には、手のひらを使ってつかみ、離すを繰り返すことで、ある程度の汚れは落とすことができます。脱水については、タオルを利用して水気をとるのがおすすめです。バスタオルなどの大きめのタオルを利用して、カーディガンを挟むことによって、水分を吸いとる方法になります。

最後に干し方ですが、直射日光を避けて、日陰で干すのが基本になってきます。また、カーディガンは水分の残っている状態で干すとかなりの重量になってしまうため、重量を分散させることが重要になってきます。平干しをすることができれば、かなり重量を分散させることができるので、平干し台などを利用して、干すとよいでしょう。

また、角ハンガーを利用することによっても、平干しをすることができるので、平干し台がない場合には利用してみるとよいです。さらに、陰干しなので、風通しの良さも考えて干すことによって、より乾燥を早めることができます。衣類の重なりが多くなると、どうしても乾燥が遅れますので、なるべく重ねずに風通しのよさを考えてみましょう。

また、干す前に、軽く叩いたりして整形してあげることによって、乾燥後のシワを防ぐことができます。この際にもあまり強く叩いてしまうと、衣類にダメージが残ってしまうので、軽く叩く程度にしましょう。

カーディガンを洗う際の注意点

カーディガンの洗い方を一通り確認したら、今度はなぜカーディガンを洗濯する際に注意しなければならないのかを確認しておくとよいでしょう。カーディガンを注意して洗濯しなければならない理由は、カーディガンが縮んでしまう可能性があるからです。

カーディガンの素材の中には、水に濡れると、形状が変化してしまうものがあって、その状態で衣類に強い刺激を与えることによって、ダメージとして残ってしまう場合があるのです。このような状態を防ぐためにカーディガンの洗濯には細心の注意を払う必要があるのです。

おしゃれ着用洗剤の中には、水に濡れて形状が変化した繊維を保護するようなものもあって、これらの洗剤を利用することができれば、デリケートなカーディガンであっても洗濯機で洗うことができるようになるのです。また、おしゃれ着用洗剤の中には、カーディガンを洗濯する際に沈みやすくする効果を発揮してくれるものもあるので、カーディガンなどのデリケートな衣類を洗う際には、洗剤選びも重要になってくるのです。

カーディガンが洗濯槽にしっかりと沈まなければ、十分に洗浄効果を得られない場合があって、洗濯をした意味がなくなってしまう可能性もあるのです。しかし、カーディガンはなかなか水に沈みにくい衣類でもあるので、この部分もしっかりと考えて洗濯するとよいでしょう。

カーディガンの素材の中には、洗うことによって毛玉になってしまうものもあります。カーディガンが毛玉になってしまう原因は、衣類が摩擦によってダメージを受けた状態だといえますので、洗濯する際に摩擦が発生しないように工夫する必要があるのです。摩擦は衣類と衣類がこすれた際に発生しますので、洗濯ネットを利用するのが重要なポイントになってきます。

また、洗濯ネットを利用する場合には、洗濯物を複数ネットに入れないようにするのがポイントで、せっかく洗濯ネットで仕切っても、洗濯ネットの中で衣類がこすれてしまっては意味がないのです。また、たたみ方によっても摩擦が発生してしまうことがあるので、洗濯ネットの大きさにあわせて、しっかりとたたむようにしましょう。

さらに、洗濯コースのドライコースやおしゃれ着用コースは、水流が弱いコースになっていて、洗濯の際に働く摩擦力をおさえることができます。このため、カーディガンを洗濯する際には、摩擦を防ぐためにも洗濯コースを間違わないようにすることが重要になってくるのです。

カーディガンのメンテナンス

カーディガンの洗濯について考えるのならば、カーディガンを極力洗濯しないことを考えるのも重要です。そのためには、日頃のメンテナンスが重要になってくるので、メンテナンスに注意しながら、カーディガンを利用していくとよいでしょう。

カーディガンのメンテナンスとしておすすめなのがブラッシングです。外でついてしまった汚れをブラッシングによって落としてあげることで、汚れの蓄積を防ぐことができます。汚れは早く落とせば落とすほど、簡単に落ちますので、ブラッシングを活用するとよいでしょう。

最初はホコリのような汚れであっても、それが蓄積することによって、より頑固な汚れになってしまうこともあるので、落としやすい汚れのうちからブラッシングすることを意識して、利用の後にはメンテナンスをするようにしましょう。このようなことに注意してカーディガンの洗濯をしていくことによって、お気に入りのカーディガンを長い間楽しむことができるようになるといえるでしょう。