自宅でできる布団の洗濯!正しい丸洗いの方法や注意点、頻度は?

ベッド

布団を洗濯すると聞くと、かなり迷ってしまう人は多いのではないでしょうか。クリーニング店に依頼するべきなのか、自宅で洗うことができるのか、色々と知るべきことはあるでしょう。

今回は、そんな布団の洗濯方法について紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。布団は、生活の中でも、肌に密着する時間の長いもののため、できるだけ清潔に保っておきたいのは、多くの人が考えていることです。

掛け布団について

布団といっても、用途によって材質も異なってきますので、まずは掛け布団から考えてみます。掛け布団は、利用している素材によって、洗濯機で洗うことができるものもありますし、手洗いでなければならないものもあります。また、素材によっては、全く家庭での洗濯ができないものもありますので、洗濯表示をしっかりと確認することが重要だといえるでしょう。

大まかにわけて、ポリエステルなどは、家庭用の洗濯機でも洗える可能性が高く、羽毛も洗濯機で洗えることが多いです。羊毛などは、手洗いでも厳しい場合がありますので、慎重に確認したいところです。

羽毛の場合は、キルティング加工がされているかいないかによって、家庭で洗濯できるかがわかれ、キルティング加工されていない場合は、自宅での洗濯は難しいと考えるのが無難でしょう。下手に洗濯してしまうと、羽毛が偏ることによって、羽毛の良さが台無しになってしまう可能性があります。

羽毛は、決して安い商品ではないため、しっかりと確認した上で洗濯を考えたいものです。ポリエステルの場合は、それほど洗濯に注意する必要がなく、基本的に丈夫な素材なので、普通に洗濯機で洗うことができるでしょう。

掛け布団を洗濯機で洗う

次に掛け布団を洗濯機で洗う場合について確認してみると、ポリエステルなどの丈夫な素材の場合は、それほど気にすることなく洗濯機に入れて大丈夫でしょう。布団を保護しながら洗うために洗濯ネットがあるとベストで、布団用の大きめのネットを用意しておくとよいです。しっかりとサイズにあわせてネットを用意しなければ、洗濯ネットの効果が発揮されません。

また、おしゃれ着用などの中性洗剤を利用すれば、より安全に洗うことができます。汚れの落ちが心配なら、酸素系漂白剤を用意して、適材適所で利用していくとよいです。布団は小さくして洗濯機に入れるのですが、たたむだけでは、入りきらない場合があります。そのため、基本的には空気を抜きながら、巻くようにして洗濯ネットに入れていくとよいでしょう。

洗濯コースについては、おしゃれ着などを洗う際に利用する、おうちクリーニングコースなどを利用するとよいです。布団は基本的に容量が大きいので、洗剤を入れる際にも工夫が必要です。一か所に集中して、洗剤を入れてしまうと、どうしても洗剤が偏ってしまいますので、その分だけ洗浄力が落ちてしまいます。

そのため、一度水を張ってから、洗剤を入れていくのがおすすめで、こうすることによってまんべんなく行き渡らせることができるでしょう。最後に脱水ですが、脱水時間が長すぎると、布団を傷めてしまう原因になるので、1分くらいを目安にして、脱水を手早く終わらせるようにしましょう。

布団の洗濯で大変なのは、乾燥です。しっかりと布団を清潔に保つためには、日干しをしたいところですが、羽毛等の比較的デリケートな素材は、日干しをすることによって傷んでしまう可能性があるのです。ポリエステルならば、そのまま日干しが清潔に保てるので一番なのですが、ここは洗濯物の存在によって、日干しと陰干しを使い分けるようにしましょう。

布団の乾燥は、数日くらい必要となる場合もあるので、天気予報を確認しながら、タイミングを見計らうとよいのではないでしょうか。陰干しの場合は、なかなか乾かないかと思いますが、できるだけ風通しを良くすることによって、乾燥を早めることができます。なるべく空気との接触面を増やすようにして、陰干しすれば、スムーズに乾燥させることができるのではないでしょうか。

また、乾燥中にもひと手間をはさむことによって、乾燥を早められます。数時間ごとに向きを変えるだけでもずいぶん違うはずです。このように掛け布団の洗濯は、乾燥にも注意する必要があるので、覚えておきましょう。ポリエステルならここまで気を配る必要はありませんが、羽毛布団を洗濯機で洗うつもりなら、今回紹介したような方法を試してみてはいかがでしょうか。

掛け布団を手洗いで洗う

掛け布団の中には、手洗いで洗った方がよいものもありますので、手洗いの方法も確認しておきましょう。掛け布団を手洗いで洗う場合には、足踏み洗いという方法を利用します。この方法をする場合には、浴室を利用するのが効果的なので、お風呂で行っていきましょう。

布団は折りたたんで洗っていくのですが、汚れている部分が表面になるように、工夫してたたみましょう。また、予洗いとして、布団の表面の汚れを落としておくと、本洗いが少し楽になります。予洗いでも、ある程度の汚れは落とせますので、積極的に活用していきましょう。

浴槽にぬるま湯を張って、中性洗剤を入れて、本洗いの準備を整えます。足踏み洗いというのは、押し洗いを足を使ってするような感じなので、全体的に足で踏みつけていき、汚れを押し出していきます。押し洗いによって、浴室の水が汚れたら、一度水を捨てて、再び水を張ってすすぎをしていきます。布団の場合は、なかなか洗剤が落ちないので、3回程度はすすぎが必要になってくるでしょう。

デリケートなタイプの布団は、絞ることができませんので、水に濡れた状態で、ある程度水が切れるのを待ちます。数十分から1時間程度水を切ってから、乾燥させるとよいでしょう。手洗いということで、デリケートなタイプの布団になり、陰干しがよいです。風通しをよくして、なるべく早く乾燥させられるように工夫しましょう。

敷布団の洗濯について

掛け布団は布団の中でも比較的容易に洗濯できるものです。しかし、敷布団となるとハードルが高くなってしまいます。素材によっては、掛け布団と同じように、手洗いで洗うことができるのですが、敷布団は掛け布団よりも、洗浄やすすぎ、乾燥が大変になる傾向があります。しっかりと素材を見極めて、自宅で洗濯できるのかを考えていくとよいでしょう。自宅で洗濯できるような素材ならば、掛け布団と同じような要領で洗濯することもできます。

マットレスのメンテナンスについて

布団と一緒に利用することが多いのが、マットレスです。マットレスは、布団に比べると汚れにくいというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、ダニやカビが発生してしまっている場合もあるので注意しましょう。マットレスにダニが発生していると、その死骸や糞によって衛生的な状態とはいえません。

これは掃除機をかけるだけでも、ずいぶん改善することができますので、定期的に掃除機がけをするだけでもメンテナンスになるのです。また、日光消毒もおすすめの方法なので、積極的に外で日光浴をするようにしましょう。マットレスは洗濯できない分、このような日々のメンテナンスが重要になってくるアイテムです。

このようなものが布団の洗濯方法になります。頻度としては、半年に一回、もしくは数カ月に一回程度が望ましいといえるのではないでしょうか。あまりに頻繁に洗濯しても、手間がかかりますし、何より布団を傷めてしまいます。