中性洗剤ってどんな洗剤?洗濯に使う理由やメリットは?

洗剤とタオル

中性洗剤は、洗濯物によって洗剤を使い分ける際に、非常に重要な役割を持つ洗剤なので、その特徴やメリットについてしっかりと把握しておいた方がよいです。上手くメリットを把握して、欠点を補いながら、洗濯をしたいものです。

中性洗剤の特徴について

中性洗剤の特徴について確認してみると、簡単にいえば、アルカリ性でもなく酸性でもない、中性の水質を持つ洗剤です。中性洗剤は、どのような成分で構成されているのかを確認してみると、界面活性剤が主な成分になっていることがわかります。この界面活性剤は、汚れを落ちやすくする効果があり、洗濯物の繊維の中で、しっかりと洗剤や水を染み込ませることができるのです。

また、おしゃれ着用洗剤も中性洗剤に分類することができますが、おしゃれ着用洗剤には、柔軟剤が必要ないことが多いという特徴があります。洗濯のひと手間を省ける、特徴を持った洗剤なので、こちらも覚えておくとよいでしょう。

中性洗剤のメリットについて

中性洗剤の特徴を簡単には把握したら、今度はメリットについて確認してみましょう。中性洗剤のメリットをずばりいうと、それはデリケートな衣類を洗濯することができるというものです。衣類に対して非常に優しいという性質を持っているのが洗濯洗剤で、衣類の傷みを最小限に抑えた状態で、洗濯を終えることができるのです。

特に最近は、おしゃれ着がたくさん市販されているので、それらを洗濯する時には必須のアイテムだといえるでしょう。中性洗剤が洗濯物に優しい理由は、何といっても中性だからです。酸性やアルカリ性の洗剤は、強い洗浄力を期待できる反面、洗濯物を傷めてしまう可能性もあり、特にデリケートなおしゃれ着などには、まず使えません。

中性洗剤は縮みを防止することができる

中性洗剤は、衣類へのダメージを最小限に抑えて洗濯することができるとわかりました。衣類のダメージの中には、縮みがあり、おしゃれ着などは、縮みが発生することによって、ファッションアイテムとしての価値が激減してしまいます。そして、その縮みを防ぐことができるのが中性洗剤になっていて、一般的に市販されているアルカリ性のものは、洗濯物を縮ませてしまいます。

さらに、中性洗剤は、縮みを防止できると共に、色落ちについても防止することができます。こちらもアルカリ性の洗剤と比べて優れている部分なので、色々な観点から衣類を守ってくれる洗剤であるといえるでしょう。

家庭での洗濯の範囲を広げてくれる

中性洗剤のメリットには様々なものがありますが、やはり家庭で洗濯をすることができる衣類を大幅に増やしてくれるというメリットが大きいでしょう。おしゃれ着といっても様々なアイテムがありますので、それらを家庭で洗濯できれば大幅に手間を軽減することができるはずです。また、一回一回クリーニングをすると、お金もかかってしまいますので、節約効果という意味でもメリットがあります。

中性洗剤で洗濯する場合には、それぞれのアイテムによって、洗濯方法が異なってくるので、それらをしっかりと把握しておくと失敗が少ないです。洗濯ネットなど、用意しておきたいアイテムもあります。

中性洗剤は子育てにもおすすめ

中性洗剤には色々な用途がありますが、子育て中の家庭にもおすすめのアイテムとなっています。小さな子供の肌は、大人に比べてデリケートなので、肌に触れるものには細心の注意を払いたいものです。小さな子供は、不意に着ているものを汚してしまう可能性が高いので、洗濯頻度も高く、もし、身体に害のあるような成分が洗剤に含まれていた場合は、肌荒れを起こしてしまう可能性もないわけではありません。

中性洗剤は、衣類に優しい洗剤ですが、同時に肌にも優しいという特徴を持っています。このように子育て中の家庭にとっては嬉しいのが中性洗剤ですが、注意したい部分もあります。中性洗剤は汚れを落とすという点においては、その他の洗剤に比べると効果が少ないです。そのため、洗浄力の弱さを洗濯方法でカバーしてあげる必要があり、特に子供は食べ物などを衣類に付着させてしまう可能性が高いので、洗い分けには注意が必要です。

使い分けさえすることができれば、汚れが落ちにくいというデメリットを最小限に抑えることができるので、有効活用できるでしょう。中性洗剤は、赤ちゃんの肌などにも優しいのですが、これは大人にも同じことがいえます。

アルカリ性の洗剤を利用して、手洗いを定期的にしていると、手が荒れてしまう可能性が高くなってしまいます。しかし、中性洗剤ならば、これを最小限に抑えることができて、手洗いに使っても肌に優しい洗剤なのです。

中性洗剤の欠点を補うための洗濯方法

中性洗剤の弱点は、洗浄力が弱いという部分です。この洗浄力が弱いという部分を補うためには、色々な方法があります。例えば、本格的な洗濯の前に、下洗いをするという方法があります。下洗いの際にも中性洗剤をそのまま利用することができて、歯ブラシなどに原液をつけて、汚れの気になる部分を軽く叩く方法があります。また、別売りのシミ落としなどを利用して、ピンポイントに汚れを落とした後に、本洗いをするのもよいでしょう。

さらに、中性洗剤を利用する洗濯で覚えておきたいのが、デリケートな衣類を洗うことが多いというものです。そのため、洗濯中の摩擦は最小限に抑えたいところです。そして、洗濯中の摩擦を抑えるのに便利なのが洗濯ネットです。サイズのあった洗濯ネットを利用することによって、衣類へのダメージがさらに抑えられるので、中性洗剤とセットで購入するくらいの気持ちでも問題ありません。

このようなものが中性洗剤の特徴やメリットになっています。中性洗剤も万能というわけではありませんが、洗浄力を控えめにすることによって、アルカリ性の洗剤ではできないような優しい洗濯を可能にします。

最近は、水流などを工夫して洗浄力を高められる洗濯機も増えてきたので、中性洗剤がより活躍しやすい時代になっているといえるのではないでしょうか。正しく特徴を把握して、メリットを最大限に高めてあげることで、家庭での洗濯事情がずいぶんと変わるはずです。