綿の特徴と洗濯方法!コットンの長持ちする洗い方や注意点

綿

洗濯は、素材によって方法が異なってきますが、綿もしっかりと洗濯方法を確認しておきたい素材です。特徴を把握して、洗濯方法をチョイスすることによって、コットンが長持ちする可能性が高くなります。お気に入りの衣類を長く持たせるためにも、覚えておいて損はないでしょう。

綿の特徴について

綿の特徴で大きいのは、吸水性が高いということです。吸水性が高い特徴を持っているので、タオルなどにはよく使われていて、Tシャツなどに使われることも多いです。衣類の素材としては、とても歴史の長いものになっていて、常に人々の生活に寄り添ってきた、馴染み深い素材だともいえるでしょう。

綿は吸水性が高いという特徴の他にも、肌触りが良いというメリットがあります。そのため、綿の衣類を好む人たちも多く、肌触りの他に、清涼感もあります。さらに、耐性面にも注目すべき点があって、水やアルカリに強くなっているので、アルカリ系の洗剤にも耐性があるといえるでしょう。水に強いことから、多少の洗濯は問題なくこなせ、メンテナンスがしやすいアイテムだともいえるのではないでしょうか。

このようにたくさんのメリットがあるのが麺ですが、利用する上での注意点もあるので覚えておきましょう。縮みやすいという特徴があって、水分を含んだ状態で乾燥させると、以前より縮む性質があるのです。また、摩擦に弱いという傾向もあって、しっかりと保護して洗濯しなければ、摩擦による毛羽立ちが発生してしまいます。

綿は耐久力そのものは高い素材なのですが、洗濯による状態変化には十分に注意する必要があり、そうなってしまうことで、ファッションとしての価値がなくなる可能性があるのです。さらに、ポリエステルなどの製品に比べると、値段が高いという特徴もあります。値段が高いからこそ、しっかりとした洗濯方法を確認して、長持ちさせたいところではないでしょうか。

その他にも、綿には静電気が発生しにくいという特徴があって、静電気によるホコリや花粉の吸着を抑えられる可能性が高いので、花粉やホコリに弱いという人にとっては、嬉しいところです。

綿の洗濯の仕方

綿の特性を踏まえた上で、今度は綿を長持ちさせるための洗い方について確認してみましょう。綿の中には、洗濯機で洗えるものと、手洗いでなければならないものがあります。洗濯表示をしっかりと確認して、それぞれ指定された方法で洗うようにしましょう。また、洗濯機で洗濯する場合には、洗濯ネットを用意するのが基本で、これは麺の弱点である摩擦を回避するためです。

注意しなければならないのは手洗いを行う場合で、おしゃれ着用などの中性洗剤を洗面器のぬるま湯に溶かして、洗濯していきます。汚れた部分を露出させるようにして、できるだけ弱い力でも洗浄力が発揮されるように工夫します。

綿の衣類を手洗いする場合には、押し洗いが基本になっていて、洗浄液を染み込ませながら、汚れを軽く押し出していくようなイメージで洗っていくとよいでしょう。ある程度、汚れが落ちたら、今度は水を入れ替えてすすぎをしていきます。複数回すすぎをして、泡が発生しなくなるまでしっかりと行いましょう。

脱水についても摩擦が苦手なことから、あまり長時間することはできないので、脱水機で十数秒程度の脱水が普通になっています。乾燥は、乾燥機を利用すれば手早く終えられますが、乾燥機を利用してしまうと、衣類を傷めてしまう可能性があるので、十分に注意が必要です。乾燥は、風通しに注意して、なるべく手早く乾かせるようにしましょう。

また、綿という素材は、どうしても色落ちしやすいという特徴を持っているので、その他の洗濯物との相性に十分注意しましょう。さらに、おしゃれ着用洗剤をしっかりと選ぶことでも、綿の弱点をある程度補うことができて、おしゃれ着用洗剤の中には、綿の繊維を維持するような効果の高いものが発売されています。

綿製品の利用の仕方

綿製品を長持ちさせたいのならば、利用の仕方についても注意が必要ではないでしょうか。綿製品には、汗で黄ばみになりやすいという特徴があるので、利用する状況をしっかりと考えることで、汚れを限定することができます。

しかし、綿は肌触りが良く通気性が良いという特徴があるので、この部分の兼ね合いがなかなか難しいところではないでしょうか。また、綿は素材自体は丈夫なので、漂白をしやすいという特徴もあって、汚れたら漂白すると割り切ってしまうのもよいかもしれません。

このようなものが綿の特徴になっています。綿にはメリットとデメリットがありますので、それぞれを踏まえた上で、メリットを最大限に活かせるような使い方をしたいものです。また、洗濯の仕方によって長持ちする素材なので、お気に入りのアイテムをできるだけ長く利用するために、洗濯の際のひと手間を惜しまないことが重要になってきます。綿は、扱い方によって状態が大きく変化する素材であるといえます。