洗濯はすすぎ1回で本当に大丈夫?洗剤の選び方や洗濯機の設定の注意点

洗濯機

洗濯機を使って洗濯をする時に、すすぎの回数について気にしたことはありませんか。実は、洗濯物によって最適なすすぎの回数は異なってきます。この最適なすすぎの回数を把握することによって、より洗練された洗濯をすることができますので、ぜひ把握してみてはいかがでしょうか。

すすぎの回数の基準

すすぎの回数が何回必要かといっても、普通に洗濯物を見ただけでは、なかなか判断することができません。まず、洗濯物のすすぎの回数は、洗剤によって左右されることを把握しておきましょう。洗剤の容器をしっかりと確認してみると、すすぎの回数が指定されていることがあって、これを見れば、今回の洗濯ではすすぎが何回必要なのかを知ることができます。

すすぎについて書いてある洗剤は、すすぎ1回という文字が書かれていることが多く、場合によってはすすぎ2回の文字が書かれていることもあります。逆に、これらの表記がない場合もあって、その場合は無難に2回以上のすすぎをしておくとよいのではないでしょうか。最近の洗濯機の傾向を確認してみると、特に設定を変更していない場合、2回以上のすすぎが設定されていることがほとんどです。

このことからも、すすぎ2回以上というのは、基本的なすすぎの回数であることがわかります。また、すすぎ1回の洗剤は、肌に優しいという特徴もあって、赤ちゃんが着るような衣類にも利用することができます。赤ちゃんの肌はデリケートなので、肌に優しいという特徴は非常に嬉しいところでしょう。

注水すすぎとためすすぎについて

すすぎの回数というのは、洗濯の際の節水に関係してきます。洗濯回数が多くなってくると、一回一回の節水が非常に重要になってきますので、色々なすすぎについて把握しておくのもよいでしょう。

すすぎの方法には、注水すすぎとためすすぎというものもあって、それぞれの節水効果はまったく異なってきます。ためすすぎは、一定の水位まで水をためるすすぎになっていて、注水すすぎは、文字どおり注水をしながらすすぐ方法になります。

当然、注水すすぎの方が水量を利用することになりますので、水道代は大きくなります。すすぎ終わりの段階で、かなり節水効果に差がでるすすぎ方なので、それぞれの特徴を把握して、上手く使いこなしていきたいものです。節約を重視するならためすすぎがよいのですが、洗濯物の中には、洗濯中に浮き上がってしまうものがあり、この場合、ためすすぎだと十分にすすげない場合があるのです。

そのための注水すすぎになっていますので、洗濯物の特性をよく見極めることが重要になってきます。普段着などは基本的にためすすぎで十分にすすぐことができますので、これらを洗う時には、無駄な水を使わないようにしたいものです。

すすぎ1回の洗剤であっても注意が必要

最近は、節水効果を高めたことをアピールするため、すすぎ1回の洗剤が増えています。しかし、すすぎ1回だからといって、完全にすすぎ1回で良いと思いこまないことが重要です。通常の肌状態ならば、すすぎ1回の洗剤で、すすぎ1回しかしなくとも問題ないかもしれません。

しかし、人によっては肌の状態が悪くなっていることもありますし、生まれつき敏感肌という人もいるでしょう。このような人たちが、すすぎ1回の言葉を真に受けてしまうと、肌トラブルの原因になってしまうこともあります。実際に、肌トラブルが発生して、通院が必要なった人もいますので、敏感肌の人は特に注意する必要があるのではないでしょうか。

また、すすぎ1回の洗剤というのは、基本的に肌に優しい成分になっていることが多いのですが、これらの洗剤を赤ちゃん用の衣類などに利用する場合、万が一のことを考えて、2回すすぐのもよいかもしれません。すすぎ1回の洗剤で2回すすぐことができれば、かなり洗剤の残留が少なくなりますので、肌トラブルを回避できる可能性も高まるでしょう。

また、すすぎ1回でOKということになっていますが、すすぎ1回で完全に洗剤が落ちるというわけではないので、この点に勘違いしないことも大切です。ここについては、それぞれの肌状態などと相談した上で、すすぎ回数を柔軟に決めていくとよいのではないでしょうか。

すすぎ1回の洗剤の香りについて

すすぎ1回で終えられる洗剤のメリットは、節水効果だけではありません。節水効果の他にも、香りが強く残りやすいという特徴を持っています。特に最近の洗剤は、柔軟剤なしでも、しっかりと香りを残してくれるようなものもありますので、香りがしっかりと残ってくれるのは、利用者にとっても嬉しいところでしょう。

しかし、この香りについても注意が必要になってきて、この香り成分が人体に影響を及ぼす可能性もあるのです。人によってはアレルギー作用を引き起こす人もいますし、洗濯洗剤の香りをかぐことによって、気分が悪くなったという状況もあるようです。

大人は大丈夫でも、子供には影響がある可能性もありますので、このような点からもすすぎ1回で洗濯をした際の洗剤の残留については十分に考える必要があるでしょう。香りを売りにする洗剤も多くありますので、そのような洗剤がすすぎ1回だった場合は注意する必要があるかもしれません。

スピードコースとすすぎ1回洗剤との相性

洗濯機にはスピードコースというものがあります。こちらのスピードコースは、洗濯時間を短縮することによって、電気代や水道代をカットできるというのが売りのコースです。節約に興味のある人にはとても嬉しいコースなので、すすぎ1回洗剤との相性を確認してみるとよいでしょう。

すすぎ1回洗剤は、節約効果を高めるために、そのようなすすぎ回数になっているわけですが、その分だけ少ない水量で洗剤を落とせるという特徴があります。この特徴を考えれば、スピードコースとすすぎ1回洗剤との相性は決して悪くないといえるでしょう。

スピードコースは、素早く洗濯するコースなので、あまり汚れを落とす力は強くありません。そのため、汚れの状況に応じて使い分けていくとよいでしょう。また、日常生活で汚れる程度の汚れならば、スピードコースだけでも十分に汚れが落とせるといわれているので、この点を踏まえた上で考えていくとよいでしょう。

洗濯機のコースの上手な使い分けは?知って得する便利な機能

2017.12.19

すすぎ1回の洗剤は使い分けることで効果を発揮する

すすぎ1回の洗剤について、色々とわかったかと思われます。すすぎ1回の洗剤は、節水効果が高いので、洗濯に必要な光熱費を抑えて、節約したい主婦などにとっては強い味方になってくれるでしょう。しかし、1回のすすぎでは、完全に洗剤を落とすのが難しいというようなデメリットも存在しているので、その特性を把握した上で、上手く使い分けることが重要になってくるのではないでしょうか。

各家庭の家族構成によっても違ってきますし、自身がどんな肌の状態なのかによっても異なってきます。確かにある程度の洗剤は残留することになりますが、それが必ずしも肌トラブルを引き起こすというわけではないので、すすぎ1回の洗剤だからといって、悪いということにはなりません。

すすぎ1回の洗剤は、少ない水量ですすぎが可能なことが多いので、普通の洗剤と同じく2回すすぐことによって、より残留洗剤を減らすこともできるでしょう。まずは、自分が普段の洗濯で使っている洗剤のすすぎ回数を確認することから始めてみてはいかがでしょうか。