一人暮らしの洗濯の回数やタイミングは?時間帯や頻度などやり方のコツ

考える女性

家族が多い家庭になってくると、毎日のように洗濯しているという人も多いでしょう。しかし、一人暮らしの場合は話が変わってきます。一人暮らしの場合は、手持ちの衣類が多ければ、それほど洗濯の回数を多くする必要はありません。水道代の節約になるからと、洗濯の回数を控えている人もいるのではないでしょうか。今回は、そんな一人暮らしの洗濯の回数やタイミングなどについて探ってみます。

洗濯回数について

一人暮らしの洗濯回数について考えてみると、洗濯の回数を減らすことによるメリットは、光熱費の節約といえるのではないでしょうか。しかし、洗濯は、大量に水を使うかと思われますが、洗濯機が進化してきていたり、洗剤なども少ない水で洗い流せるものが主流になっています。

このような特徴を考えてみると、そこまで洗濯で光熱費が高くなるわけではなく、徹底的に節約をするといった家庭以外は、それほど気にならない部分かもしれません。特に電気代などは、乾燥機を使わなければ、一回一回の料金はたかが知れているのです。

また、洗濯の回数が少ないことによって、得られるメリットの中には、洗濯の時間を有効活用することができるというものもあるでしょう。洗濯は、量が多くなってくると、予想以上に時間が取られるもので、干す時間まで考えると、数十分は使うことになるはずです。

洗濯回数が少ないメリットは確かにありますが、デメリットについても確認しておきたいもので、どうしても洗濯物の量が多くなってしまいますので、一度に洗濯してしまうと、汚れが落ちない可能性があります。

洗濯機には、汚れがしっかりと落ちる範囲の容量というものがあって、それを超えてしまうと、著しく汚れの落ちが悪くなってしまうのです。こうなってしまうと、どのような目的で洗濯をしているのかわからなくなってしまいます。

また、汚れたものをそのまま放置しておくということは、雑菌が繁殖してしまう可能性があり不衛生です。最近の洗剤は、抗菌能力の高いものもありますが、放置された洗濯物が臭いを発してしまうということもあるので注意が必要です。

洗濯の頻度について

洗濯の頻度については、洗濯物の溜まり具合によって異なってくるのではないでしょうか。洗濯物が数枚程度しかないのに、洗うのは非効率で、洗濯物は多すぎてもいけませんが、それなりの量があることによって、お互いが影響しあって汚れを落とすという特性もあるのです。

また、洗濯の回数が多くなってくると気になるのが、衣類の消耗です。どんなに洗濯に強い衣類であっても何度も洗濯することによって、消耗が発生してしまいます。これがデリケートな衣類ならば、より顕著になりますので、そのような意味で洗濯回数には注意する必要があるでしょう。

さらに、利用する衣類によっても洗濯の頻度は全然違ってきます。ポリエステルなどの気軽に洗えるものが多いのならば、多少洗濯回数が多くても問題ありませんが、おしゃれ着などを積極的に着るような人は、洗濯の頻度についてしっかりと考えなければ、洗濯によって衣類を消耗させてしまうのです。また、手洗いなどで洗わなければならないものは、そう何度も洗濯する時間を確保できるわけではありません。

みんなの洗濯の頻度は

洗濯の頻度はその人の状況によって異なってくるといえますが、多くの人は、週に2~3回程度の階数となっているようです。このくらいの人たちは、ある程度溜まるまで待ってから洗濯をするようで、女性も男性もこの回数はとても多くなっています。

また、中には毎日洗濯をするというような人もいて、このような人は毎日洗濯をすることが習慣になっていることが多いです。綺麗好きの人も毎日の洗濯をする傾向があって、洗濯槽の中に、洗濯物を溜めておくのが不衛生で嫌というような人もいるようです。

さらに、週一回のみ洗濯をするというような人もいて、コインランドリーなどを利用して洗濯する人は、このパターンが多いようです。また、洗濯物の数が少ないという人も、このパターンに当てはまり、生活環境によって全く違ってくることがわかります。

このように、洗濯の頻度は、週に何回と決めることはできず、なぜならばそれぞれの状況によって異なってくるからです。基本的には、生活スタイルに応じて調整していくのがよく、洗濯物の溜まる頻度を考えながら決めていきたいところです。あまりに少ない数で洗濯するのも非効率ですし、逆に多すぎると洗濯の効果が半減してしまいますので、適度な量の洗濯物が溜まったら洗濯をするようにしましょう。

光熱費などの節約については、普通に生活している場合、特に気にする必要もないといえるでしょう。洗濯における光熱費の節約をしたいのなら、乾燥機を自然乾燥にしたり、洗濯機に備わっているすすぎのコースを選んだり、すすぎを少なくできる洗剤を選んだりする方法でも、高い節約効果を得られるのではないでしょうか。