白い服の染み抜きの簡単なやり方!洋服の洗濯でシミを消す方法

白い服

白い服は、オシャレな服も多いので、積極的に利用するという人も多いのではないでしょうか。しかし、ちょっとした事故で白い服に染みがついてしまうということもあるでしょう。そんな時の対処法について紹介していきます。白い服は、特に染みが目立ってしまいますので、染み対策は気になるところです。

外出先で染みがついてしまった場合

白い服に外出先で染みがついてしまった場合は、まず応急処置をするとよいでしょう。おしぼりなどでごしごしと拭き取ってしまうと、染みがどんどん広がってしまい、なかなか落とせなくなってしまいます。

染みの中に固形物が残っている場合もありますので、まずはハンカチやティッシュなどを使って、それらを取り除くことが重要になってきます。固形物を潰して、余計に染みを広げてしまっては意味がありませんので、丁寧に取り除くようにしましょう。

次に、醤油やワインなどをこぼしてしまった場合ですが、こちらもハンカチなどを利用することになります。ハンカチを水に濡らして、汚れを落とすというよりかは、汚れをハンカチに移すようなイメージで対処するとよいでしょう。汚れをそれ以上、広げないように丁寧に水分を拭き取っていきます

このように外出先で対処しておけば、帰宅後に本格的な染み抜きをする時に、より綺麗な状態に戻せるでしょう。応急処置をする場合としない場合でも、大きく差が出てきますので、面倒くさがらずにしっかりと対処するようにしたいところです。

醤油やワインなどは水溶性の汚れだといえますが、チョコレートなどの油溶性の汚れの対処は、また違ってきます。乾いたティッシュで軽くつまむようにして、油分をティッシュに移すようにします。

白い服に泥がついてしまった

白い服に泥がついてしまった場合には、泥のついた部分に洗剤を塗ることによって、綺麗に泥を落とせる可能性があります。まずは、軽く叩いて、落とせる泥や砂を落としてしまいましょう。そして、泥のついている部分に洗剤を塗って洗濯すると、綺麗に泥が落ちてくれるはずです。

逆に、洗剤を塗る前に水をつけてしまうと、なかなか洗剤が落ちにくくなってしまいますので、最初に洗剤、そして洗濯という順版を守るようにしてください。泥の汚れは、一見するとかなり汚れているように見えますが、しっかりと対処できれば、それほど落とすのに苦労する汚れではありません。

ファンデーションや口紅の対処法

女性の方は、ファンデーションや口紅が白い服についてしまうこともあるでしょう。このような場合にも泥と同じように、事前に洗剤を塗って洗濯することにより、綺麗に落とすことができます。しっかりと、汚れた部分の繊維に洗剤を染み込ませることが重要になってきますので、それを意識して洗剤をつけるとよいでしょう。

また、洗剤については、おしゃれ着用などの中性洗剤を利用するとよいです。また、色のついた衣類と一緒に洗ってしまうと、色移りの可能性もありますので、白い服だけを洗うようにすることが大切です。せっかく、染み抜きをしても、色が移ってしまっては意味がありません。

お湯と漂白剤で染み抜き

少し範囲の広い染みの場合は、お湯と漂白剤を組み合わせることによって、対処することができるかもしれません。カップなどに沸騰したお湯を入れて、その蒸気を利用して、衣類を蒸らしていく方法です。お湯には直接つけず、蒸気を使って蒸らしていくので、沸騰直前くらいの温度が必要になってきます。

そして、ある程度染みを蒸らしたら、今度は漂白剤を利用して、染みの周りから内側に漂白剤を塗っていきます。この際には、歯ブラシなどを利用するのがおすすめで、まんべんなく染みに漂白剤が浸透するようにしてください。歯ブラシを使うのですが、擦ってしまうのは厳禁なので、あくまでも漂白剤を染みに塗ることが大切になってきます。

そして、漂白剤が馴染んできたら、今度はカップに入っているお湯に浸けて、歯ブラシの先などを使って、洗っていきます。染みの状態によって、何度か繰り返すのもありで、この方法なら、漂白剤の効果もありますので、かなりの染みを落とすことができるはずです。

また、漂白剤ではなく、台所用洗剤を利用するという方法もあって、こちらも漂白剤と同じく、染み抜き効果の高い方法になっていますので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

こちらの蒸気を使って染み抜きする方法は、プロのクリーニング屋が行っている方法でもあります。専用の機器に比べると、効果は落ちますが、原理は同じなので、染み抜き効果の高い方法であることには違いありません。

染み抜き専用アイテムを利用

最近は、染みを落とすための専用アイテムも販売されています。これらを上手く利用することができれば、手軽に染みを落とせるかもしれません。例えば、染みの部分にピンポイントに水を噴射して、汚れを押し出してくれるようなアイテムもあります。

染みが繊維を貫通して、上から下に押し出されていきますので、染みを叩き出すことができるのです。持ち歩き便利なコンパクトタイプも販売されているので、このようなアイテムをバッグの中に入れていくのもよいのではないでしょうか。これなら応急処置だけではなく、実際の染み抜きレベルの効果を期待することができるはずです。

酷い汚れはクリーニング店に依頼

このようなものが白い服の染み抜きの方法になっていますが、あまりにも汚れが酷いものは、クリーニング店に依頼するのが無難ではないでしょうか。クリーニング店に依頼すれば、上で紹介した蒸気を使う方法なども、より効果的な機器を使って行ってもらうことができますし、時間が経った染みだったり、複数の汚れが混ざっている染みに対しても効果的な染み抜きができます。

特に、長期間放置してしまった染みは素人では対処が難しく、余計に悪い状態にしてしまうこともありますので、無理をせずに、プロに依頼するという選択肢を選ぶことも大切です。また、基本的にシミは早く対処すればするほど、落としやすくなっていますので、最初に紹介した応急処置の方法などは、ぜひ覚えておいて、積極的に実践してみるとよいでしょう。