デニムの染み抜き方法!ジーンズについたシミや汚れの落とし方

デニム

デニムは利用する頻度の高いアイテムなので、ついつい何かをこぼしてしまうということもあるのではないでしょうか。今回は、デニムについた染み抜きについて紹介していきますので、ご覧になってみてください。

デニムの染みの種類

デニムの染み抜きをする前に、まずはデニムについた染みの種類を確認する必要があります。デニムに限らず、衣類につく染みというのは、いくつかのタイプにわけることができますので、まずはそれらを確認してみます。

まずは、コーヒーなどの染みで、これらは水溶性の染みに分類されます。水溶性の染みは、水に溶ける性質を持っているので、水やお湯などを利用することによって、薄められることが多いです。あまりに時間が経過してしまうと、染み抜きは難しくなってしまいますが、比較的、落としやすい分類の染みだといえるでしょう。

次に油溶性の染みですが、これはカレーなどが該当してきます。油溶性の染みの場合は、水などでは除去することができなく、下手に水で広めてしまうと、余計に染み抜きが大変になったりもします。次に泥や土で染みになってしまう場合もあるでしょう。こちらの泥や土は、見た目は大事に見えてしまいますが、実は早めに対処することによって、それほど苦労することなく落とすことができます。

また、たんぱく質系の染みもあって、血液による染みがこれに該当します。汗などもこのタイプの染みに該当しますので、覚えておくとよいえしょう。最後に、油染みで、これは油溶性の染みよりもずっと頑固なものが該当します。油溶性と比べても、さらに落としにくくなっていますので、注意が必要です。

デニムの染み抜き

デニムの染み抜きなのですが、基本的には洗濯機で洗う方法で良いです。洗濯機で洗う方法に前処理を加えることによって、染み抜きをしていきます。染み抜きに利用する洗剤は、ケイ酸が含まれている洗濯用の固形石鹸を選ぶのがよいでしょう。

さらに、汚れの度合いにあわせて、漂白剤を利用するとよいでしょう。漂白剤は、酵素系漂白剤を選ぶのがよく、洗濯物へのダメージを最小限に抑えつつ、漂白効果を得ることができます。汚れが酷い場合を想定すると、まずは固形石鹸で染みの部分を叩き洗います。

さらに、50度程度のお湯に漂白剤を溶かして、浸け置きをします。漂白剤の濃度については、商品の説明をしっかりと確認してください。1時間程度浸け置きして、その後は洗濯機で普段デニムを洗うように洗濯します。

このようにしてデニムの染み抜きをすることができますが、デニムの中には、ダメージジーンズのように最初からダメージを受けたものがあります。このようなタイプのジーンズは、洗濯機で洗えない可能性もありますので、しっかりと洗濯表示を確認する必要があるでしょう。

デニムの染みの応急処置

出先でデニムに染みをつけてしまった場合には、すぐに洗濯することはできません。その場合は、応急処置が鍵になってきますので、応急処置についても確認しておきましょう。水溶性の汚れの場合には、水である程度落とすことができるので、対処しておくとよいです。

逆に油溶性の場合には、水では落とせませんので、石鹸や中性洗剤を利用することによって、油を浮かして、ハンカチなどの布に染み込ませるようにすると落としやすいです。

コーヒーの染みについて

日常の中で、デニムにつけてしまいやすい染みにコーヒーの染みがあります。ここでは、デニムにコーヒーの染みがついてしまった場合を想定して、染み抜きをイメージしていきましょう。

コーヒーの染みは、最初に確認したとおり、水溶性になっていますので、水や中性洗剤を利用することで、比較的簡単に落とすことができます。家庭なら、まず間違いなく両方揃っているので、問題なく対処することができるはずです。

また、コーヒーの染みは水溶性とはいっても、時間が経てば経つほど落としにくくなっています。そのため、出先でデニムにコーヒーをこぼしてしまった場合は、ハンカチやティッシュなどを使って、染みをつまむようにして取ってみてください。

ある程度でも染みを薄れさせることができれば、今後の対処が楽になりますので、トイレなどを利用して、ぜひやっておきたい応急処置です。本格的な染み抜きについては、中性洗剤と歯ブラシ、タオルを利用して行っていきます。

染みに中性洗剤をつけて、下にタオルを敷き、歯ブラシで染みの部分を叩いていきます。ここでは擦るイメージではなく、あくまでも軽く叩いて、デニムからタオルに汚れを落とすイメージで行ってください。そして、ある程度、染みが移ったと感じたら、水洗いをします。

この段階でまだ染みがあるようならば何度か繰り返して、染みが薄くなるまで行ってみるとよいでしょう。そして、一通り染み抜きが完了したら、今度は洗濯機を使って、通常通り洗濯していきます。

これだけやっても染みが落ちない場合は漂白剤を利用することになるのですが、デニムの場合は、しっかりと色落ち確認をしておくとよいです。色落ちしてしまうとデニムが台無しになってしまいます。デニムの目立たない部分などに少し漂白剤をつけて、色落ちしないかを確認しておくとよいでしょう。

難しそうなものはクリーニング

デニムの染み抜き方法について確認してきましたが、中には染み抜きが難しいものもあるはずです。特に刺繍があったり、ヴィンテージものは対処が難しくなっているので、注意するようにしましょう。自分で落とせないと感じたら、すぐにクリーニング店に依頼するのがベストです。

クリーニング店であっても、家庭での染み抜きと同様に、染みがでてから早い方が対処しやすくなっています。クリーニング店に依頼することによって、料金が発生してしまいますが、ちょっとした染み程度ならば、そこまで痛い出費にはなりません。

そう考えると、自分で無理に染み抜きしてしまい、デニムを台無しにしてしまった場合の方が、新しく購入する必要があるので、出費は大きくなるのではないでしょうか。自分の染み抜きの技量とよく相談した上で、自分で染み抜きをするのか、クリーニングに依頼するのかを考えてみてください。