パーカーの上手な洗濯方法!洗い方や干し方、頻度をチェック

パーカーを着た犬

パーカーを洗濯して、伸びや縮みが発生してしまったという人もいるのではないでしょうか。パーカーは、丈夫に見えても、洗濯の際にダメージを残してしまうこともあるので、洗濯方法について今一度確認してみるとよいです。

今回は、パーカーの洗濯について、洗濯から乾燥などまでを紹介しますので、パーカーの洗濯で失敗したくない人、パーカーの洗濯で苦い経験がある人は、ぜひご覧になってみてください。

色落ちチェック

パーカーには色々なカラーがありますが、色落ちチェックをしっかりとすることも大切です。せっかくの綺麗な色が台無しになってしまう可能性があるので、洗濯前の色落ちチェックは必ずしましょう。また、利用する洗剤は、弱アルカリ性ではなく、中性洗剤がおすすめになっていますので、おしゃれ着用洗剤を用意しておくとよいでしょう。

また、事前準備として洗濯ネットを用意しておくとよいでしょう。洗濯ネットは、洗濯の摩擦を最小限に抑えてくれますので、パーカーの繊維がダメージを受けてしまったり、伸びてしまったりを防ぐことができます。

また、それほど汚れていない場合には、裏返しにして洗うのもおすすめです。裏返しにして洗うことによって、表面の繊維を保護することができますので、その分だけダメージになりにくくなっています。

パーカーの洗濯について

続いてパーカーの洗濯について確認していきますが、まずは洗う準備をしましょう。パーカーはそのまま洗濯機に入れるのではなく、しっかりとたたんで洗濯機に入れるのが普通です。ファスナーがある場合には、ファスナーを閉めることによって、ひっかかりを防ぐことができます。

また、襟や袖口は汚れやすい部分になっていますので、表面に出るようにしてたたみましょう。こうすることによって、パーカーの繊維を守りながら、汚れを落とすことができます。この状態で洗濯ネットに入れれば、衣類へのダメージを最小限におさえることができますので、おすすめです。

パーカーは、引っ張られたりするのに弱いので、あまり強い水流で洗ってしまうとダメージが残ってしまう場合があります。そのため、洗濯機で洗う場合には、ドライコースやおうちクリーニングコースといった、優しい水流で洗えるものを洗濯するようにしましょう。

洗剤や洗濯ネットやたたみ方などの事前準備をしっかりとすれば、普通に洗濯機で洗うことができますので、事前にどんな準備が必要なのかは、しっかりと把握しておきたいものです。

パーカーの干し方

パーカーは、洗濯の事前準備をしっかりとしておけば、それほど洗濯方法に苦労するようなアイテムではありません。しかし、パーカーの場合は、洗濯よりも干し方が重要になってくるアイテムだといえるでしょう。

パーカーは、伸びやすい衣類となっていますので、干し方を間違ってしまうだけで、いくら正しい洗濯方法をしていても、台無しになってしまいます。だからこそ干し方が重要になってくるのですが、パーカーの場合は、陰干しが基本となっています。

陰干しでいかに素早く乾燥させることができるかが重要になってくるのですが、最もポピュラーなのが、型崩れしないようにハンガーで干す方法です。ハンガーのサイズをあわせて、型崩れしないように肩の部分にあわせて干すようにしましょう。

しかし、この方法は、基本ですが、陰干しだとなかなか乾かないこともあります。表面はしっかりと乾いても、フードの部分や付け根の部分などがなかなか乾かないので、全体的に乾燥時間は長めとなっています。

また、パーカーの干し方には、逆に干すというものもあって、普通にハンガーに干す方法と組み合わせると、多少は乾燥時間が短縮されるかもしれません。フードの部分がしっかりと伸びますので、その分だけ風当りがよくなり、普通にハンガーに干すよりは乾燥しやすくなるでしょう。ハンガー干しで、ある程度、上の方が乾いたら、逆さにして干す方法を試してみるとよいかもしれません。

また、ハンガーに二つに折りたたんで干す方法もあります。丁度、真ん中くらいを折り目にして、ハンガーに干してやる方法です。風通しがよくなりますので、乾きやすくなるのと、フードの部分も乾きやすいというのが特徴になっています。しかし、この方法も、ハンガーに干す方法とそれほど乾燥時間が変わるというわけではないので、適材適所で利用していきたいものです。

また、パーカーを干す際に専用のハンガーを利用する方法もあって、専用ハンガーを使うことによって、より空気が入りやすい状態で干すことができるので、これもおすすめとなっています。専用ハンガーがない場合は、普通のハンガーを改造することによって、専用ハンガーに近い効果を得ることができます。

ネット上には、パーカーが乾きやすくなるハンガーの改造方法などが詳細に解説されているページもあるので、ぜひ参考にしてみてください。また、パーカーの乾燥を乾燥機で行うと思っている人もいるかもしれませんが、濡れた状態で乾燥機にかけてしまうと、伸縮が発生してしまう可能性もあるため注意が必要です。

パーカーが乾きやすくなる条件

パーカーには色々な乾燥方法があることがわかりました。それだけパーカーの洗濯において乾燥が重要になってくるのですが、ここで、パーカーが乾きやすくなる条件について確認したいと思います。まず、重要になってくるのが、パーカーが空気に触れる表面積を増やすというのが重要になってきます。

パーカーは、陰干しが基本となっていますので、空気にいかに触れさせるかが重要になってくるのです。特にフードの部分は乾きにくくなっていますので、フードの部分の空気に触れる面積を積極的に増やしてみてはいかがでしょうか。そうすれば、かなりパーカーの乾燥が早くなってくれるはずです。

また、洗濯物が乾くかどうかには、天候も関係してきて、特に関係してくるのが湿度と温度です。湿度が多いと当然乾きにくくなってしまいますので、湿度の状態を見極めることも重要になってきます。また、温度も高い方が乾きやすくなっていますので、外の温度が低い季節などの場合は、室内の方が早く乾くことが考えられます。

このため、天候によって外に干すのか、部屋に干すのかを使い分けていくとよいでしょう。さらに、空気の流れもパーカーを乾かすためには重要になってきますので、覚えておくとよいでしょう。特に室内で干す場合には、扇風機やエアコンの送風を利用することができるので、積極的に使ってみるとよいです。

パーカーの洗濯頻度について

パーカーは、乾燥させるのが大変だったり、洗濯によってダメージが蓄積されていきますので、洗濯頻度について考えることも重要になってくるのではないでしょうか。洗濯頻度が多すぎれば、ダメージが強くなってしまいますし、逆に洗濯頻度が少なすぎると、汚れが気になってしまいます。

パーカーの洗濯頻度は、汚れに応じて決めていくのがポイントで、着る度に洗濯するというのでは、お気に入りのパーカーの場合、どうしてもダメージが蓄積されやすくなってきます。そのため、自分で汚れの目安を考えておき、その都度洗濯するようにするとよいでしょう。

パーカーをできるだけ綺麗に着用するのもポイントで、利用するシーンを考えれば、それほど汚れを発生させずに着用することができるかもしれません。それぞれの利用の仕方によって異なってくるかと思いますが、2~3回程度で洗濯するのも十分にありです。

パーカーを縮ませないためには

パーカーには伸びやすいという性質の他に、縮みやすいという性質もあります。パーカーの縮みやすい性質について理解することも、パーカーを正しく洗濯するためには重要になってくるのではないでしょうか。

パーカーの繊維を確認してみると、綿素材のものが多く、この綿素材は濡れると、本来の状態に戻ろうとする力が働いてしまい、それが縮みに繋がってしまうのです。そのため、パーカーは、水に塗れるだけで縮みやすい性質を持っているといえるでしょう。

そのため、普段着るようなパーカーを手洗いするのは面倒ですが、本来であれば手洗いが一番良い洗濯方法となっています。手洗いの方法ですが、ぬるま湯を使って、中性洗剤で揉み洗いするのがポイントです。さらに、脱水についても注意が必要で、脱水の際に引っ張る力が働くことによって、パーカーが伸びてしまうことがあるのです。

このようにパーカーは手洗いがおすすめなのですが、パーカーというのは予想以上に着る頻度の高いアイテムです。そのため、毎回手洗いするような洗濯方法は非効率なので、どうしても洗濯機を頼ることになってしまいます。だからこそ、上で紹介したような洗濯機でパーカーを洗濯する際の注意点が重要になってくるのです。

しっかりとたたんで、洗濯ネットを使ったりする方法が効果的になっていますので、お気に入りのパーカーを傷めてしまわないように洗っていきましょう。また、洗濯機で洗う場合も脱水時間を短めに設定するなど、パーカーの種類によって配慮をするのもよいです。

このようなものがパーカーの洗濯方法と干し方になっていますので、ぜひ実践してみてください。パーカーというのは、見た目はかなり丈夫そうなのですが、実際にはそこまで丈夫ではありません。1回の洗濯で繊維が破れたりするということはありませんが、水に濡れることによって縮みが発生しますし、脱水の仕方によっても伸びが発生します。

このようなことを考えると手洗いがベストとなっていますが、手間の関係上、どうしても洗濯機を頼ることも多いでしょう。お気に入りのパーカーをできるだけ長く着用したいなら、パーカーを洗濯機で洗濯する際のコツくらいは覚えておきたいところです。また、定期的に手洗いを挟んで、少しでもパーカーの消耗を減らすというのもよいかもしれません。