革製品の染み抜き方法!油や水などでついたシミの落とし方

革のブーツやケース

革製品はとてもデリケートな存在なので、染み抜きは慎重に行わなければなりません。場合によっては、自分で染み抜きしない方がよいものもありますので、それらを見極めた上で、染み抜きに取り組んでいくとよいでしょう。

水染みの手入れ

革製品を利用していると、雨などによって、水染みが発生してしまうことがあります。軽度の水染みならば、自宅での手入れで改善できる場合がありますので、覚えておくとよいでしょう。しかし、この方法は、一度革製品を濡らすことになりますので、色落ちチェックなどを事前にして、それ以上トラブルが広がってしまわないように注意する必要があります。

まずは、水につけたスポンジを絞って、そのスポンジを使って、軽く気になる部分を叩いていきます。そして、柔らかい布で全体をよく拭き取り、最後に皮革用クリームを薄く塗ります。塗った後に、さらに柔らかい布で吹いて、自然乾燥させれば完了です。しっかりと乾燥させなければ、トラブルの原因になりますので、注意しましょう。

食べ物の染みがついてしまった場合

革製品に食べ物の染みがついてしまった場合は、素早く拭き取ることが重要になってきます。この際にあると便利なのが、マイクロファイバー製の布で、布で軽く拭き取ることによって、しっかりと油を吸着できるかがポイントになってきます。革製品は、油などを素早く吸着してしまう性質がありますので、油染みなどがついた後に、放置してしまうと取り除くのが非常に難しくなってしまいます。

また、布で油を拭き取る際には、革を擦らないように注意しましょう。革は摩擦に弱くなっていますので、摩擦することによって、表面が傷んでしまう可能性があります。あくまでも優しく拭き取る程度で、擦るのではなく、布で吸収するイメージで拭き取っていくことが重要になってきます。

軽い汚れがついてしまった場合

革製品に単なる汚れなのか染みなのか微妙な汚れがついてしまった場合には、みかんの皮を利用することでも汚れを落とすことができるかもしれません。みかんの皮は、革製品の汚れ落としには役立つといわれており、ちょっとした汚れならば、みかんの皮を利用してみるのがよいのではないでしょうか。

色を戻す

革製品の染み抜きをする場合には、染みを抜くのではなく、色を整えるという考え方もできます。該当の革製品と調和の取れるような色合いのクリームを探して、それを塗ることによって、染みを目立たなくしようというものです。

革製品の色を補正できるクリームは、市販されていますので、それを購入してチャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。職人が行う技法には勝てませんが、ちょっとした染み程度ならば、自分で色調整を行うことができるかもしれません。

酷い場合には職人に頼む

革製品の染み抜きは、一般的な衣類の染み抜きとは勝手が違います。とても難易度のいるテクニックになりますので、ある程度以上の染みが発生してしまった場合は、迷わずに職人さんに依頼した方がよいでしょう。

職人のテクニックなら、素人には難しい染み抜きも可能にしてくれるので、上手く活用していきたいものです。染み抜きの方法を間違ってしまうと、補修するどころか逆にトラブルが酷くなってしまうということもありますので、無理は厳禁です。

革製品は、決して安い値段ではありませんし、革の風合いが台無しになると魅力が半減してしまいます。職人に染み抜きを依頼すると、それなりの値段になってしまいますが、お気に入りの革製品であればあるほど、プロの依頼した方がよいでしょう。革製品の染み抜きは、軽微な染みのみ自分で対応していくのが無難だといえるのではないでしょうか。