タンブラー乾燥とは?タンブル乾燥禁止の時にしちゃいけないのは?

服を持つ女性

衣類に記載されている表示を確認してみると、タンブラー乾燥禁止という表示を見かけることがあります。このタンブラー乾燥については、しっかりと確認しておかなければ、せっかくのお気に入りの衣類を台無しにしてしまうかもしれません。お気に入りの衣類を長く使うためにも、タンブラー乾燥の意味を知って、なぜタンブラー乾燥が禁止されているかを理解したいものです。

そもそもタンブラー乾燥とは?

まずはタンブラー乾燥について考えてみます。タンブラー乾燥が一番わかりやすいのは、コインランドリーの乾燥機です。コインランドリーの乾燥機で見受けられる、熱と回転によって乾燥させるタイプの乾燥機は、タンブラー乾燥を用いているといえるでしょう。さらに、最近は家庭用乾燥機も当たり前になってきましたが、家庭用乾燥機も熱と回転によって乾燥させる方式のものが多いので、タンブラー乾燥といえるでしょう。

タンブラー乾燥禁止

タンブラー乾燥についてわかったかと思われますが、衣類の中にはタンブラー乾燥禁止の表示が記載されているものもあります。この場合は、コインランドリーでの乾燥もできませんし、自宅の乾燥機を利用することもできないことになります。

タンブラー乾燥は、スピーディーに衣類を乾燥できる優れものですが、衣類へのダメージは大きい乾燥方法です。回転と熱による乾燥なのですが、回転は衣類に大きなダメージを与えてしまいます。回転によって摩擦が加えられますし、さらに伸びも衣類に発生する可能性があります。

タンブラー乾燥を禁止されやすい衣類には特徴があって、ひとつはおしゃれ着のようなデリケートなタイプです。型崩れしやすい衣類にも使えませんし、縮みやすい性質を持った衣類にも使えないでしょう。また、衣類そのものはタンブラー乾燥の影響を受けなくとも、ボタンやビーズといった装飾が影響を受けてしまう可能性があるものも禁止となっています。

熱によって風合いが損なわれる衣類も存在しますので、タンブラー乾燥禁止の衣類は、予想以上に多いことになります。デリケートな衣類をたくさん持っているならば、事前に乾燥方法について考えておくとよいでしょう。

タンブラー乾燥禁止の時の乾燥方法

タンブラー乾燥が禁止されている場合には、その他の方法で乾燥させるしかありません。タンブラー乾燥ができない場合の感想方法として、真っ先に考えられるのが自然乾燥です。自然乾燥は、どんな衣類にも利用することができる無難な方法です。

自然乾燥は、日光に直接当てる天日干しか、日光が当たらない状態で乾燥させる陰干しにわかれます。おしゃれ着などは、天日干しか陰干しかが明確に区別されていることが多いので、しっかりと見極めて乾燥させましょう。自然乾燥の特徴は、タンブラー乾燥のように何らかの力が衣類にかからないので、衣類へのダメージを最小限に抑えることができます。

しかし、その分、乾燥までの時間は遅くなりがちで、気温や湿度によっても左右されるでしょう。洗濯物が乾きやすい時期や天候ならば問題ないのですが、そうでない場合は、予想以上に時間がかかってしまうかもしれません。特に、大きな洗濯物は、自然乾燥ではなかなか乾かないので、頭を悩ますことになるかもしれません。

また、乾燥機の中には、静止乾燥機というタイプのものもあります。これは、タンブラー乾燥とは違い、衣類を動かさずに乾燥させるためのものです。主に風の力で乾燥させることが多いのですが、衣類に必要以上の力が加わらないので、比較的ソフトの乾燥を目指すことができます。

マンションなどの設備に備わっているなら、便利なアイテムなのですが、これは持っている人と、そうでない人で、使えるかどうかがわかれてしまいそうです。クリーニング店も店舗によっては備えている場合があります。

タンブラー乾燥が事故に繋がることもある

タンブラー乾燥を禁止する理由は色々なものがあります。多くが衣類へのダメージを軽減するためなのですが、中には、タンブラー乾燥による衣類の事故を防止するために表示されているものもあります。

また、ファッションメーカーがメンテナンスやリスクを回避するために設定していることもあるので、タンブラー乾燥禁止といっても、色々な理由があるということです。禁止されているのにタンブラー乾燥をすることで、面倒なトラブルに繋がることもあるので注意しましょう。

一般的な乾燥機の多くは、タンブラー乾燥に該当することがわかったのではないでしょうか。そのため、タンブラー乾燥の意味を理解しなければ、衣類を傷めてしまう可能性が高いということです。

最近は、おしゃれ着なども多いので、タンブラー乾燥禁止の衣類はたくさんあります。衣類にこだわりのある人ほど、絶対に把握しておかなければならない表示なので、まずは自宅にある衣類の乾燥方法は、どんなものが適しているのかを確認してみてはいかがでしょうか。