1. HOME
  2. 掃除重曹とクエン酸を使った掃除方法は?混ぜるとどうなるの?

重曹とクエン酸を使った掃除方法は?混ぜるとどうなるの?

粉末とスプーン

ワンランク上の家庭の掃除をしたいなら、重曹とクエン酸を利用してみてはいかがでしょうか。重曹とクエン酸は上手く利用することができれば、より効果的な掃除をすることができます。かなり頑固な汚れにも対応することができるので、まずは重曹とクエン酸をどのように利用するかを確認してみるとよいでしょう。

重曹とクエン酸で掃除

重曹とクエン酸は、掃除に利用する場合には、とても相性の良いものです。例えば、浴室の掃除で考えてみると、浴室の様々なタイプの汚れに対応することができます。浴室の汚れを大きく分けると、酸性タイプの汚れとアルカリ性タイプの汚れに分けることができます。

それらの汚れに対して、効果的な掃除をすることができるのが重曹とクエン酸になりますので、この2つの成分はとても相性が良いものといえるのです。クエン酸は、水垢のようなアルカリ性の汚れに対して効果を発揮してくれます。

そして、重曹は酸性タイプの汚れに対して効果を発揮してくれます。このように酸性タイプとアルカリ性タイプの汚れに対応することができるようになるのが重曹とクエン酸を利用した掃除です。

重曹とクエン酸の使い方

重曹とクエン酸の使い方なのですが、どちらもスプレータイプにすると利用しやすいです。クエン酸の場合は、200ml程度の水にティースプーン一杯程度のクエン酸を溶かすのが目安になってきます。重曹の場合も同様の割合で問題ないのですが、水ではなく、ぬるま湯を使って溶かすようにします。

そして、掃除をする時にはこれらを組み合わせて利用するようにしましょう。クエン酸のスプレーを利用して、その後に重曹スプレーを吹きかけることによって、重曹とクエン酸が反応して泡が発生するようになります。この泡が汚れに対して効果を発揮するのです。

また、重曹は酸性の汚れに対して効果を発揮しますが、重曹の濃度を大きくすれば、さらに頑固な汚れに対応することもできます。頑固な汚れに対しては、多めの重曹に水を混ぜて、ペースト状の状態で使うようにしましょう。これをスポンジなどに利用して、汚れをこすることによって、頑固な酸性な汚れを落とすことができるはずです。

トイレや浴室の掃除にはピッタリ

重曹とクエン酸を利用した掃除について紹介してきましたが、トイレや浴室など幅広い範囲の掃除に利用することができます。浴室は水垢などのアルカリ性の汚れが多いので、クエン酸が効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

逆に、重曹はトイレの汚れに強い傾向がありますので、頑固なトイレの汚れは、重曹を利用することで綺麗にしていくとよいです。あまりにも酷い汚れには対応することができませんが、かなり頑固な汚れまで対応することができるのが重曹なので、とりあえずチャレンジしてみるとよいでしょう。

重曹の注意点について

重曹についてですが、重曹とクエン酸を混ぜると、炭酸ガスが発生します。この効果によって汚れを落とすことになるのですが、密閉された容器の中で、クエン酸と重曹を混ぜると、破裂する危険などがありますので十分に注意するようにしましょう。

今回紹介した方法では、両方をスプレーボトルで別々に用意することによって、開放された空間で初めて混ざるようにしていますので、炭酸ガスが発生しても容器が破裂するということはありません。このように炭酸ガスの性質についてしっかりと確認しておきたいのが重曹での掃除なので覚えておくとよいでしょう。

重曹とクエン酸を上手く組み合わせて利用すれば、高い効果を発揮することがわかりました。組み合わせと使い分けで、家庭の色々な場所での掃除に利用できますので、積極的に取り入れてみるとよいでしょう。

© 2018 タククリ All Rights Reserved.