白カビの影響やおうちにできる原因とは?落とし方のコツもチェック

掃除道具と女性

白カビは見た目もよくありません。さらに、白カビの種類によっては人体に影響を与えるようなものもあります。そんな白カビの発生原因や除去方法などについて紹介していきますので、豆知識としてぜひ確認してみてください。

白カビの原因

白カビについて調べるのならば、まずは白カビが発生してしまう原因について確認してみてはいかがでしょうか。白カビが生えるのには条件があって、カビの栄養になってしまうものがあるというのも重要なポイントになってきます。

また、湿度や温度が高いというのも条件になってきます。このことから、湿度が高くなりやすかったり、温度が高い場所は家の中でもカビが繁殖する可能性が高いところとなっています。

さらに、湿気が高くなりやすいということは、換気が不十分というのもカビが発生する原因になっていて、換気が悪い部屋などがある場合には十分に注意する必要があるでしょう。また、カビの発生には酸素が必要になってきます。

このようなものがカビが発生する条件になっていますので、白カビの発生を防ぎたいのならば、このような条件を取り除くことが重要になってきます。また、カビは繁殖スピードが早いので、一度繁殖する条件が整ってしまうと、爆発的に増えてしまいます。このようなことからも、なるべく繁殖する条件を作らないことが重要になってきます。

白カビの影響

白カビが人体にどのような影響を与えるかについても、しっかりと確認しておきたいところでしょう。白カビといっても色々な種類があって、それぞれの白カビによって人体に与える影響が異なってきます。

中には、発がん性物質となって、人体に悪影響を及ぼすようなものもありますので、十分に注意する必要があるでしょう。また、白カビは人体だけではなく、建物に影響を及ぼすようなこともありますので、住まいを長持ちさせるためにも、しっかりと防いでいきたいものです。

白カビの除去

白カビが発生してしまった場合の対処なのですが、アルコールスプレーなどを利用するのがおすすめです。アルコールスプレーを利用することによって、綺麗に除去することができますので、市販のアルコールスプレーを購入して対応するとよいでしょう。

アルコールスプレーを利用する場合は、布などを用意して、アルコールスプレーを吹きつけて、拭き取るようにします。白カビのスプレーを吹きかけるとカビが飛散してしまう可能性がありますので、一度布などにつけてから利用するのがおすすめです。

また、白カビを拭き取る時には、白カビの範囲よりも少し広めに拭き取るようにするとよいです。場合によっては目に見えない状態で白カビが繁殖している可能性もありますので、少し広めに拭き取ることによって、しっかりと白カビを綺麗にすることができます。また、白カビは水拭きで拭き取れたように感じますが、実際には白カビを完全に除去してはいないので、余計に繁殖を促してしまう場合もあります。

さらに、掃除機で吸うという方法もカビを広範囲に飛散させてしまう可能性がありますので、おすすめはしません。白カビを除去する時には、間違った方法で広げてしまわないように注意するとよいでしょう。

白カビの繁殖を防ぐためには

次に白カビの繁殖を防ぐ具体的な方法について考えてみたいと思います。白カビの繁殖を防ぐためには、しっかりと洗濯物を乾燥させることも大切です。少しでも濡れた状態で収納してしまうと、タンスなどに白カビが生えてしまうかもしれません。

さらに、白カビは押入れなど密閉された空間に発生しやすいです。そのため、密閉された空間がある場合には、扉を少し開けるなどして、換気をしっかりとすることが重要になってきます。換気をしっかりとするだけでも、かなり白カビの発生を防ぐことができますので、積極的に取り組んでみるとよいでしょう。

また、構造的に風通しのよい空間を作成することもおすすめです。空気の流れが滞ってしまいやすい場所には、すのこなどを利用することによって、空間を作ってあげると、それだけでも白カビの発生を抑えることができます。また、これは基本事項なのですが、住まい全体の換気をよくすることによっても白カビを防ぐことができますので、積極的に行うようにしましょう。

窓を開けるなどして、風通しをよくしてあげるだけでも、白カビが発生してしまう可能性を大きく減らすことができるでしょう。このような、ちょっとした手間を忘れるだけでも白カビが爆発的に増えてしまいますので、日々の生活で白カビ対策を心がけるようにしましょう。

このようなものが白カビの特徴になっています。中には発がん性物質を発生させるようなものもありますので、健康のためにもしっかりと除去したいものです。また、普段から発生させない工夫をすることも大切で、毎日の生活の中に白カビ対策を取り入れてみてはいかがでしょうか。そうすれば、清潔感のある環境を維持できるはずです。