重曹スプレーの作り方って?手軽に汚れや臭いを落とす使い方は?

重曹スプレー

重曹は掃除に利用することで効果を発揮してくれます。簡単に手に入る割に効果の範囲は広いので、重曹スプレーにして毎日の掃除に利用してみてはいかがでしょうか。今回は、そんな重曹の特徴や重曹スプレーの作り方について紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

重曹の特徴

重曹スプレーを作る前にまずは重曹の特徴について確認してみましょう。まず、重曹は身体に影響が少ないことから、掃除に使った後の人体への影響をあまり考える必要がありません。そのような意味では、使いやすい成分だといえるでしょう。

重曹には、酸性のものに反応する性質があって、これにより酸性の汚れに対して効果的なアプローチをすることができます。そのため、重曹スプレーを利用するのならば、酸性の汚れが多いようなところの掃除のために作るのがおすすめです。

重曹スプレーの作り方

次に重曹スプレーの作り方を確認してみます。重曹スプレーの材料は、重曹があれば、水だけで作れてしまいます。また、それを入れておくためのスプレーボトルも用意しておきましょう。水200mlくらいに対して、重曹をティースプーン1杯程度入れるとよいです。後は、混ぜるだけなので、とても簡単に作れてしまいます。

効果の割には、簡単に作れてしまうアイテムなので、利用したい時のために重曹だけでも用意しておくとよいでしょう。また、注意点としては重曹の量が多すぎると、スプレーした後に重曹が残ってしまうことがあります。そのため、あまり多くなりすぎないようにしっかりと調節しましょう。

重曹スプレーの使い方

重曹スプレーの作り方がわかったら、今度は重曹スプレーの使い方を確認していきましょう。重曹スプレーの使い方は、普段の掃除にプラスするかたちで利用していくと便利です。皮脂汚れなどを落とすのにピッタリなので、普通に掃除して落としきれなかった皮脂汚れなどに対して、吹きかけて、タオルなどを利用して拭き取ってやるとよいでしょう。

こうすることによって、普段の掃除がより質の高いものになるのではないでしょうか。また、多少の臭いに対して効果を発揮するのも重曹スプレーの効果なので、なかなか洗えないようなアイテムにスプレーを吹きかけて、臭い対策をするのもよいでしょう。

多少の臭い程度ならば、分解してくれますので、上手く活用してみるとよいでしょう。重曹は、人体にも影響が少ないですし、吹きかけられたものの繊維を傷めるということも少ないです。そのため、気軽に作って、気軽に利用することができるのが大きなメリットではないでしょうか。

重曹が落とせる汚れについて

重曹スプレーを効果的に使うためにも、重曹が落とせる汚れについて確認しておくとよいでしょう。重曹スプレーは、すべての汚れに効果を発揮するというわけではないので、しっかりと落とせる汚れを見極めることが重要になってくるのではないでしょうか。重曹は、油汚れを落とす効果が高いです。

さらに、焦げなどの汚れについても効果を発揮してくれるので、台所の汚れには効果的だといえるでしょう。また、消臭効果もある程度持っていて、あまり洗えないものなどの消臭にも役立ってくれる可能性があります。ぬめりなどにも効果を発揮してくれるのが重曹です。

また、金属のサビなども落としてくれるのが重曹になりますので、万能ではないものの、かなり色々な汚れに効果を発揮してくれるのが重曹になっています。特に油汚れなどには強い効果を発揮してくれるので、なかなか落ちない油汚れがあるのならば、重曹スプレーを作成して利用してみてはいかがでしょうか。

重曹をペースト状にして利用

重曹スプレーは、かなり重曹を薄めて利用する方法になっています。しかし、重曹スプレーでは対処しきれないこともあります。そんな時には、重曹を割合を大きくして、ペースト状にして使ってみるとよいでしょう。ペースト状の場合はスプレーではなく、布などにつけた状態で拭き掃除をします。こうすることによって、重曹スプレーよりも、より頑固な汚れを落とすことができるはずです。

重曹の注意点

重曹は油汚れに効果を発揮してくれますが、油汚れの多いキッチンで利用する場合には注意が必要です。重曹は火気に近づけると引火するおそれがありますので、キッチンで利用すること自体は問題ないのですが、火気の存在には十分に注意するようにしましょう。

このように重曹には掃除で効果を発揮してくれる特徴があります。重曹スプレーにして使う方法は、とても簡単なのでぜひ毎日の掃除で実践してみてはいかがでしょうか。上手く利用することによって、かなり色々な汚れに対応することができます。

重曹スプレーの良いところは、コストパフォーマンスに優れているという部分になっていて、お金をかけて高い洗剤を購入する前に、まずは重曹スプレーを利用することができないかを考えてみると、経済的ではないでしょうか。