陰干しってどんな干し方?日干しとの違いや方法とは

室内の洗濯物

洗濯は、乾燥までをしっかりとしての洗濯です。だからこそ、乾燥方法をしっかりと確認しておくことは重要になってくるでしょう。今回は、陰干しとはどんな乾燥方法なのかを紹介していきます。日干しとの違いについても紹介しますので、ぜひご覧になってみてください。

陰干しとはどんな乾燥方法か

まずは陰干しについて考えてみると、陰干しとは直射日光の当たらない場所で乾燥させる方法になります。必ずしも屋内とは限らず、直射日光が当たらない場所に干すと、屋外でも陰干しをすることができます。

また、陰干しをする場合には重要なポイントがあって、日光の力を直接利用することができないので、風通しが重要になってきます。風通しの良い場所に干すことによって、乾燥を早めることができるので、陰干しのポイントとしては、風通しの良い場所に干すというのがセットになってきます。

また、風通しの良い場所であっても、風がしっかりと洗濯物を通過しなければ意味がありません。空気にあたる面積を増やしてやるような干し方をすることが、より乾燥を早める方法になってきますので、陰干しの際には把握しておく必要があるでしょう。

さらに、人工的に陰干しをする環境を作ることもできて、バスタオルなどを利用して日陰を作ってあげれば、陰干しをすることができます。スペース的に陰干しをすることができないというような場合には、バスタオルなどを利用して、人工的な陰干しにチャレンジしてみるとよいでしょう。

日干しとはどんな乾燥方法か

陰干しについて理解したら、今度は日干しについて確認してみましょう。日干しは陰干しの逆で、直射日光を利用して、乾燥させる方法になります。日光の力を直接利用することができるので、乾燥を早めることができます。また、室内であっても、日光が直接当たるような場所で干すことができれば、日干しになります。

日干しの場合は、日光に当たる面積が多ければ多いほど、乾燥が早まりますので、その点に注意して干すようにするとよいでしょう。また、風通しが良い場所に干すことによって、さらに乾燥を早めることができますので、こちらも工夫するとよいです。

陰干しのメリットとデメリット

陰干しと日干しの違いについてわかったら、陰干しのメリットやデメリットを確認しておきましょう。陰干しの一番のメリットは、衣類を保護しながら乾燥することができるというものです。衣類の中には、直射日光によって傷んでしまうタイプのものもあるため、その場合は、陰干しが主な乾燥手段になってきます。

逆に、陰干しのデメリットは、乾燥が遅いという点が挙げられるでしょう。日光のパワーを利用することができないので、どうしても乾燥が遅れがちになってしまいます。だからこそ風通しを良くするのですが、いくら風通しをよくしても、日干しほど素早く乾燥させることはできません。

また、乾燥時間が長くなるほど、臭いが発生しやすくなるので、これも陰干しのデメリットといえるでしょう。さらに、室内で陰干しした時には、室内の湿度が高くなってしまいますので、それによって何らかの影響が出てくるかもしれません。

このように陰干しにはメリットもデメリットもあります。陰干しで乾燥させるくらいなら、乾燥機を利用しようと思うかもしれませんが、デリケートなタイプの衣類は、乾燥機を利用できないことが多いので、陰干しが唯一の乾燥方法になってしまう可能性が高いです。

このようなものが陰干しの特徴になっています。また、日干しの特徴についても把握して、それぞれの特徴を活かして活用していきたいものです。オシャレ着などが多い場合は、陰干しが重要になってくるので、覚えておくとよいでしょう。