浴槽の水垢を落とす方法は?キレイに戻すにはどうしたらいい?

浴槽とアヒル

住まいの掃除をしていて、浴槽の水垢の落とし方に迷っている人もいるのではないでしょうか。浴槽の水垢は、なかなか落ちない頑固な汚れとして知られており、コツを知らなければ、綺麗にするのは難しいかもしれません。そして、今回はこんな浴槽の水垢の落とし方について紹介しますので、水垢の落とし方を把握して、日々の掃除の質を高めてみてはいかがでしょうか。

水垢について

浴槽にできる水垢について考えてみると、水道水の中に含まれているミネラルが原因となっています。水道水の中には、カルシウムやマグネシウム、ケイ素というようなミネラルが含まれているのですが、これらのミネラルが原因となって水垢が発生してしまうのです。

浴室を使っていると、知らず知らずのうちに様々な部分に水滴がついてしまって、この水滴から水分だけが蒸発してしまうと、中に含まれていたミネラルだけが残ってしまうのです。そして、それこそが水垢の正体になっていて、ミネラルは水分が蒸発することによって、予想以上に硬くなってしまうのです。

そのため、ミネラルの結晶は頑固な汚れだといえるでしょう。また、地域によって微妙にミネラル量が違ってくるので、地域によっては水垢になりやすい場所もあります。こちらの水垢汚れなのですが、アルカリ性の汚れになっていて、一般的な洗剤ではなかなか落とせないことが多いのです。

頑固な水垢を落とすためには、中性洗剤では落とすことができず、酸性の洗剤を利用することによって、しっかりと落とすことができます。これから浴槽の水垢掃除をするのならば、このような水垢についての基本をしっかりと踏まえておくべきでしょう。

適度な掃除が大切

水垢掃除をする前に把握しておきたいのが、浴槽の水垢落としをする際には、適度な掃除が必要になってくるというものです。水垢は、初期のうちに掃除してしまった方が圧倒的に簡単に掃除することができます。しかし、一度こびりついてしまうと、かなり落としにくくなってしまいますので、定期的に掃除する癖をつけて、水垢が蓄積しないようにしましょう。

ちなみに適度な掃除をするのならば、中性洗剤でしっかりと汚れを落とすことができてしまいます。日頃から定期的な掃除を心がけていれば、それだけ一回一回の掃除が楽になってくれますので、この点はしっかりと把握しておきたいところでしょう。

浴槽の水垢落とし

浴槽の水垢落としには色々な方法があります。例えば、重曹を利用する方法もあるでしょう。重曹を利用する場合には、残り湯を利用して、浴槽の水垢落としをすることができます。

浴槽に貯まった残り湯に重曹を入れて放置しておくだけで、重曹が汚れを分解してくれるので、浴槽を綺麗にすることができるでしょう。重曹は水垢汚れにしっかりと対応してくれるアイテムなので、トイレ掃除やお風呂掃除をする時のために用意しておくとよいでしょう。

さらに、酢を利用する方法も覚えておくとよいです。酢の場合は、重曹よりも頑固な水垢に対応してくれて、重曹で綺麗にすることができなかった水垢に対して利用してみてはいかがでしょうか。しかし、酢の場合は、浴槽を傷めてしまう可能性もありますので、浴槽の素材をしっかりと確認して利用するかどうかを決めていくとよいでしょう。

また、市販されている洗剤を利用するという方法もあります。市販されているお風呂用洗剤の中には、水垢に対して効果を発揮してくれるものもあります。

クエン酸を利用

お風呂の水垢を落としたいのならば、クエン酸を利用するのもひとつの方法です。水垢にはクエン酸も効果的で、クエン酸をスプレーにして吹きかけることによって、水垢汚れを落とすことができます。

クエン酸をスプレーに入れた水に適量混ぜて、水垢が気になる場所に吹きかけることによって、水垢対策をすることができます。また、水垢対策は、少し放置することによって効果を高めることができますので、ラップなどを利用すると効果を高めることができます。

クエン酸を吹きかけた後に、ラップなどを巻きつけて放置することによって、より簡単に水垢を落とせるようになるでしょう。吹きかけた後にスポンジなどを利用して、掃除することによって、綺麗に水垢を取り除くことができます。また、頑固な水垢については、少し硬い生地の拭くものを用意するとよいでしょう。

乾燥させることも大切

浴槽の水垢落としをするなら、水垢を掃除した後のことも考えてみてはいかがでしょうか。掃除をした後にしっかりと乾燥させることはとても重要になっていて、換気をすることによって湿気がこもるのを防ぐことができます。

浴室に湿気が残ってしまうと、水垢だけではなく、カビの成長を助けてしまう可能性があります。カビは一度発生すると掃除の際にとても厄介なので注意するようにしましょう。さらに、水垢というのは色々な場所に付着してしまいますので、水垢が付着しないような工夫をすることも大切です。

お風呂の中に小物がたくさんあると、色々な場所に水垢が付着してしまいます。このような場合には、水垢掃除が大変になってしまいますので、必要のない小物は浴室から取り除くようにしてしまいましょう。

このように浴槽の水垢落としにはいくつかの方法があることがわかりました。上手くそれぞれの特徴を把握して利用することができれば、手間を最小限におさえて水垢を落とすことができるはずです。

また、水垢落としをするなら、なるべく水垢をつくらないような工夫も必要になってきます。水垢は、放置すればするほど頑固になってしまいますので、日々の掃除を心がけることによって、頑固な水垢になってしまうのを防ぎたいものです。

また、今回紹介した浴槽掃除用のアイテムは、どれも簡単に手に入るものです。重曹や酢、クエン酸は、安価で購入することができますし、売っている場所も多いです。その割にはしっかりとした効果を見込めるアイテムのため、上手く生活の中に取り入れて、節約しながら掃除を心がけてみてはいかがでしょうか。上手く利用することができれば、専用の洗剤を利用することなく、身近にあるものだけで綺麗にすることができるはずです。