クレンザーとはどんな洗剤?成分や特徴、汚れが落ちる使い方は?

クレンザーで掃除する人

クレンザーは、以前から掃除の際に重宝されているアイテムになっています。掃除にはクレンザーというような人も多いのではないでしょうか。クレンザーといえば、頑固な汚れにも対応できそうというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

そんなクレンザーですが、しっかりと特徴を把握して利用することができれば、より洗練された掃除をすることができるはずです。今回は、そんなクレンザーの特徴や使い方を紹介していきたいと思います。

クレンザーについて

クレンザーの使い方を把握する前に、まずはクレンザーという洗剤がどのような洗剤なのかを把握してみるとよいでしょう。クレンザーは、普通の洗剤ではなく、洗剤の中に研磨成分が含まれた洗剤になっています。

そして、その研磨成分が汚れを削り落としてくれるのです。具体的には、界面活性剤を配合することによって、汚れを浮き上がらせて、それを研磨成分を利用して落とすというのがクレンザーになっています。

クレンザーは用途が広い

クレンザーという洗剤は、研磨成分が入っているだけ、利用できるものの幅が広いです。通常の洗剤では落とすことができないような汚れにも対応することができますので、家庭の掃除に全般的に利用することができるといえるでしょう。

キッチンの油汚れや焦げつきといったかなり頑固な汚れにも対応しているのがクレンザーなので、どんな汚れに使えるかを把握しておけば、かなり幅広い掃除で活躍させることができます。

クレンザーの使い方

クレンザーは色々な用途に利用することができます。そのため、それぞれの用途ごとにクレンザーの使い方を把握することによって、幅広い掃除に応用することができます。例えば、クレンザーはキッチンの焦げつきなどにも利用することができます。焦げつきは、普通の洗剤では、なかなか落とすことができない頑固な汚れになっています。

焦げつきの掃除にクレンザーを利用するなら、焦げつきに対してクレンザーを塗布して、スポンジなどを利用して擦るだけで汚れを落とすことができます。また、頑固な焦げつきに対しては、お湯を事前につけておくと、少し落としやすくすることができます。

次に水回りの水垢落としにも利用することができるのがクレンザーです。水垢は、硬化してしまうと、かなり頑固な汚れになってしまいます。そのため、研磨成分が含まれているクレンザーにはピッタリの汚れです。研磨成分によって、ミネラル分が硬化したものを削り落とすことができるのです。

また、食器洗いにもクレンザーを利用することができます。例えば、お茶を頻繁に入れる、食器などには茶渋がついてしまうことがあります。茶渋も重なることによって、かなり頑固な汚れといえます。

一般的な食器洗い用洗剤では対応することができませんので、そんな時にはクレンザーがおすすめとなっています。クレンザーを使えば、スポンジで少し擦るだけでもかなり汚れを落とすことができます。

さらに、クレンザーは運動靴の掃除などにも利用することができます。運動靴は普通の靴に比べると、汚れやすくなっていますので、クレンザーを使って掃除することによって、綺麗にすることができます。このように確認してみると、クレンザーはかなり色々な用途の掃除に利用することができる万能洗剤ともいえます。

クレンザーの注意点

クレンザーは、このように用途の広いアイテムです。しかし、クレンザーを利用する際には注意したいところもあります。クレンザーのメリットは、研磨成分が入っているところなのですが、時にはこの研磨成分が邪魔になってしまうこともあります。研磨成分が入っているので、強く擦りすぎると、傷をつけてしまうこともあるのです。

中には、傷がつきやすい素材でできているものもあるので、クレンザーに含まれている研磨成分には注意する必要があるでしょう。また、強く擦ってしまっては、結局傷をつけてしまうことがあるので、掃除の際には力の入れ加減にも注意する必要があるでしょう。

クレンザー利用のポイント

クレンザーを利用する際には、いくつかのポイントに注意することによって、より良い掃除をすることができます。まず、クレンザー選びなのですが、重要になってくるのが、研磨材がどのくらいの割合で入っているのかというものです。

%で表示されているので、研磨材の割合がどのくらいなのかを数字で確認しておくとよいでしょう。当然、研磨材の割合が大きくなればなるほど、より研磨力を発揮するようになります。しかし、その分だけ傷をつけやすくなるということでもあるので、この点には注意です。

また、クレンザーを利用する際には、直接スポンジにつけている人もいるでしょう。しかし、クレンザーを直接スポンジにつけてしまうと、研磨成分の粒子がスポンジの中に潜り込んでしまう可能性があります。こうなってしまうと、せっかくの研磨成分がしっかりと効果を発揮してくれなくなりますので、十分に注意しましょう。

スポンジに研磨材が入り込まないためのポイントとしては、ラップを使うという方法もあります。スポンジにラップを巻きつけることによって、スポンジに研磨材が入り込んでしまうのを防ぐことができます。

また、クレンザーを利用して掃除をする際には、一か所を集中的に擦るのには注意した方がよいです。一か所だけを集中して擦ってしまうとムラになってしまいますので、まんべんなく円を描くように擦るのがポイントになってきます。一か所にだけ傷をつけてしまうと、掃除をした後に目立ってしまいますので注意が必要です。

このようなものがクレンザーの特徴になっています。クレンザーは予想以上に利用できる範囲が広いので、掃除の際に用意しておくと心強いパートナーになってくれるでしょう。しかし、研磨成分が含まれているのがクレンザーの特徴なので、その研磨成分が原因で、素材を傷つけてしまうなどには注意が必要です。

また、スポンジの利用の仕方によっては、効果を半減させてしまうこともありますので、こちらにも注意しましょう。一本あるだけでも、家庭の色々なところに利用することができるので、とても便利です。