自転車のサビを落とす方法!自分で簡単にできる取り方は?

自転車

自転車は長く乗っていると、どうしてもサビが発生してしまいます。サビが発生してしまうと見た目もよくありませんので、積極的に掃除したいところではないでしょうか。しかし、自転車のサビは、普通に掃除したくらいでは落とすことが難しくなっています。今回は、そんな自転車のサビを自宅で落とす方法について紹介していきます。

サビ落としの効果

自転車のサビを落とすことによって、どのような効果を得ることができるかを把握しておくとよいです。中には、自転車に多少サビがついていても問題ないという人もいるでしょう。しかし、自転車のサビを落とす効果は、見た目がよくなるだけではありません。

もちろん、見た目が綺麗になるというのも大きな効果なのですが、それ以外にも機能劣化を防ぐためのものでもあるのです。自転車のサビは色々なところに発生してしまいますが、チェーンにサビが発生してしまうと、自転車がしっかりと加速しなくなってしまいます。

さらに、ブレーキや変速機にサビが発生してしまうと、しっかりと機能しなくなってしまうかもしれません。このようにサビが発生してしまうと、自転車の様々な機能に影響を及ぼしてしまうので、サビ落としをすることは大切になってきます。

さらに、ネジにサビが発生してしまうこともありますが、ネジのサビが酷くなってしまうと、パーツを外せなくなってしまう可能性があります。いざ修理の際にパーツが外せないと、自転車ごと交換になってしまうかもしれません。

自転車のサビ落とし

自転車のサビ落としをするなら、潤滑剤を利用するとよいでしょう。防錆効果のあるものを利用すれば、その後のサビを防ぐことができます。スプレータイプのものを利用すれば、利用しやすくなっているので、ホームセンターなどで手に入れておくとよいでしょう。

さらに、サビを落とすには強力なブラシが必要になってきますので、スチールブラシを用意しておくとよいでしょう。また、サビ汚れを拭き取るタオルを用意しておきたいところで、これは使い捨てをする感覚がベストです。また、手もかなり汚れるので軍手を用意しておけば、便利です。

まずは、サビが気になるところにオイルを塗るところから始めます。オイルがしっかりと浸透するまで少し待ってください。オイルが浸透したら、その部分をスチールブラシを利用して擦っていきます。あまり強い力で擦ってしまうと、スチールブラシを利用しているので、かなり傷ついてしまいます。

さらに、完璧に落とそうとしないことも重要になってきて、この工程だけでは、一度発生してしまったサビを完全に落とすことは難しいです。そのため、ある程度落とすという感覚を持っていることが重要です。

そして、この工程で落ちなかったサビについては、サビ落としクリームなどを利用するとおすすめです。サビ落としクリームには研磨材が入っていて、サビを落とすことができます。最後に最初に利用してオイルを塗っていきます。潤滑剤には防錆成分が含まれていますので、再びサビてしまうのを防ぐことができます。

サビない工夫も必要

自転車のサビは、一度発生してしまうと、完全に綺麗にすることは難しいです。そのため、ある程度落とすという掃除になってしまいます。そのため、いかにサビを発生させないかも重要になってくるのではないでしょうか。

自転車のサビを最小限に抑えるためには、保管場所を工夫しておく必要があります。サビの一番の原因になってしまうのが水分です。野ざらしなどにしておくと、どうしてもサビが発生してしまいますので、雨風に当たらないような場所に保管しておく必要があるでしょう。

屋内に保管しておくのがベストだといえますが、スペースによっては難しい場合もあるでしょう。どうしても外に保管するという場合には、ビニールなどを利用することによって、雨風を凌ぐことができます。また、潮風が発生するような場所に住んでいる場合には、塩害にも注意が必要です。このような場合は、屋内に保管することによって、かなり被害を防ぐことができるでしょう。

このように、自転車は保管場所によってサビの発生する度合が違ってきますので、サビ落としをする前に、まずは自転車の保管場所について考えていてはいかがでしょうか。せっかくサビを綺麗に落としたとしても、保管場所が悪ければ、またサビを発生させてしまうかもしれません。

レモンと塩でサビ落とし

自転車のサビを落とす方法で少し変わったものにレモンと塩を利用したものがあります。レモンと塩でサビを落とす方法ですが、レモン汁大さじ一杯と塩をよく混ぜます。そして、用意した布につけてサビを磨いていきます。軽い程度のサビならば、この方法で除去することができてしまいます。

そのまま放置しておくとダメージに繋がるので、綺麗な水で再度拭き取ることが重要になってきます。そして、最後に乾いた布を利用して、しっかりと水分を拭き取ります。水分を残したままにしておくと、新たなサビの原因になってしまうこともあるので、十分に注意する必要があるでしょう。

このように自転車のサビは自宅でも落とすことができます。いくかの専用アイテムが必要になってきますが、自転車にサビはつきものなので、用意しておくとよいでしょう。サビは放置することによって、どんどん広がってしまう可能性があるので、早い段階で対処をすることも重要になってきます。

さらに、なるべくサビを発生しないように保管場所に注意する必要もあります。サビは一度発生してしまうと、落とすのが面倒になってきますので、なるべくなら発生させない方がよいでしょう。室内に入れるのは難しいかもしれませんが、ビニールなどを用意することによって、屋外でもサビを防ぎながら保管することは可能になっています。

さらに、ある程度サビが酷くなってしまった場合には、自分で対応するのは難しい場合が多いので、プロに依頼するのもよいでしょう。自転車修理の専門店などを利用すれば、酷いサビをしっかりと落としてくれる可能性もあるので、自転車のサビの度合いによって自分で落とすのか、プロに依頼するのかを考えてみるとよいでしょう。