トイレ掃除の正しいやり方!頻度や毎日の掃除の仕方は?

トイレ掃除

トイレは、毎日の生活の中で必ず使う場所です。それも何度も利用することが多いので、その分だけ汚れがつきやすいといえるでしょう。そこで重要になってくるのがトイレ掃除です。トイレ掃除の正しいやり方を把握することによって、毎日の掃除がスムーズに、そして質の高いものになってくれるかもしれません。

今回は、このトイレ掃除の正しいやり方という部分に注目して説明していきます。トイレの掃除の正しいやり方を覚えることによって、毎日の掃除にかかる時間を短縮することができます。効率的な掃除をするためには、トイレ掃除の見つめ直すことも重要なのです。

トイレの汚れのタイプ

トイレならではの汚れということで考えてみると、便器の汚れが考えられるでしょう。そして、この便器の汚れにもいくつかの種類があります。それぞれの汚れの特徴を把握することによって、トイレを綺麗にすることができます。

まず、黄ばみタイプの汚れがあるのですが、これは尿が原因によって発生する汚れになっています。尿が原因の汚れは、蓄積することによって、尿石になってしまいます。この尿石がかなり頑固な汚れになっていて、なかなか落とせないこともあります。

尿石の汚れは、アルカリ性タイプの汚れになっていますので、反対の酸性タイプの洗剤を利用して落としていきます。普通に洗剤では落とせないことが多いので、トイレの尿石専用の洗剤を利用するのがおすすめです。トイレ用の洗剤であったとしても、尿石に対応していないようなものだと、なかなか落ちないことも珍しくはありません。

次に黒ずみもトイレの悩ましい汚れになっています。黒ずみタイプの汚れは、カビが発生して黒くなっていることが多く、カビも頑固な汚れとして知られています。トイレには、適度に水気がありますので、カビにとっては、とても繁殖しやすい場所になってしまっているのです。また、黒ずみは、見えない場所に発生していることが多く、フチなどの普段は確認しない場所もよく確認しておきたいものです。

最後が水垢タイプの汚れです。水垢タイプの汚れは、定期的な清掃をすることによって、発生を防ぐことができます。逆に、清掃が遅れれば遅れるほど、頑固になっていく性質を持っていますので、水垢タイプの汚れが溜まるという家庭は、そもそもトイレの掃除頻度が足りないのかもしれません。

このようにトイレの汚れには、それぞれタイプや特徴がありますので、これらを把握して、汚れのタイプにあった清掃をチョイスしていく必要があります。

トイレ掃除の正しいやり方

トイレ掃除の正しいやり方を考えてみると、一番重要になってくるのが、定期的に掃除をするということです。トイレ掃除を定期的にやっておくと、ほとんどの汚れは防ぐことができて、尿石になる前に尿の汚れを除去することができます。

カビが原因の汚れも、頑固な黒カビになってしまう前に取り除くことができます。水垢についても、定期的な掃除ができれば汚れが蓄積されて頑固になってしまう前に対処することができます。そのため、基本的には毎日トイレ掃除をすることをおすすめします。

毎日の行動の中に、トイレ掃除を組み込んでしまうことによって、トイレを綺麗な状態に保てるようになります。普段、毎日掃除をしない人は、なかなか大変に感じるかもしれませんが、意識的に毎日掃除をするようにすることによって、そのうち毎日のトイレ掃除が自然になってくるでしょう。

トイレの掃除をする時は、トイレの小物類をまず取り出すことから始めます。そのため、普段からトイレに置いておく小物を少なくすることによって、トイレ掃除が楽になるでしょう。そして、次にトイレの便器に洗剤を使います。トイレの汚れは頑固なものも多いので、予め洗剤を使っておくことによって、しっかりと浸透させることができます。

洗剤が汚れに浸透している間に、その他の作業をするようにすれば、効率的なトイレ掃除を行っていくことができるでしょう。その間にする掃除は、床や壁、窓ガラスといった便器以外の部分を掃除していきます。そして、便器の掃除に入っていくわけですが、便器は専用のブラシがあると掃除がしやすいです。

さらに、隙間の掃除をする際には歯ブラシがあると便利です。便座の掃除もしていきますが、便座は表面の汚れには気づきやすいのですが、裏の汚れは見逃してしまいがちなので、十分に注意しましょう。便座の裏側が、知らず知らずの間に汚れていたということもあります。

トイレの頑固な汚れを除去

普段から毎日トイレ掃除をしている場合は、それほど頑固な汚れはないかと思われます。しかし、これからトイレ掃除を毎日するというような場合には、すでに頑固な汚れが発生してしまっているかもしれません。そんな時にトイレの頑固な汚れを除去する方法が役立ちます。

特に尿石になってしまったものは、かなり頑固になってくるので、一般的な洗剤では、まず落とせないと考えるべきでしょう。そんな時には、尿石専用の強力な酸性洗剤が役立ってくれます。酸性洗剤を利用する際には、換気をしっかりとするのが大切で、締め切った空間で掃除をしていると、身体に何らかのトラブルが発生するかもしれませんので注意しましょう。

また、頑固な汚れには研磨剤が役立つことがあります。陶器を傷つけないように注意する必要はありますが、頑固な汚れに使うことによって、綺麗にできるかもしれません。さらに、耐水ペーパーを利用して、便器の汚れを削り落とすという方法もあります。こちらは研磨剤以上に注意する必要がありますが、傷に注意して耐水ペーパーの目の粗さを選ぶようにしましょう。

便器を綺麗に維持する方法を考える

トイレ掃除は、毎日定期的に行うことも大切になってきますが、便器が汚れないような工夫をすることも大切です。そうすることによって、毎日の掃除が楽になるので、積極的に取り入れるようにしましょう。

まず、トイレ用洗剤を上手く利用することも大切です。トイレ用洗剤は、膜で便器をコーティングすることができます。こうすることによって、汚れを落としやすくなりますし、そもそも汚れをつきにくくすることもできます。洗剤によるコーティングは臭い防止にも役立ってくれますので、ぜひ利用してみてください。

さらに、カビの発生を防ぐために換気をよくすることも大切になってきます。カビは、狭い隙間などにも発生してしまうので、一度発生してしまうと、掃除にするのが大変です。

それを防ぐためにも、定期的な換気を心がけて、トイレ内に湿気がこもらないようにしましょう。住まいによっては、構造上どうしても湿気がこもってしまいやすい場合があるので、この場合はかなり積極的に換気を行わなければ、カビが発生してしまうかもしれません。

重曹とクエン酸

トイレ掃除をする際には、重曹とクエン酸が役立ってくれます。重曹とクエン酸を使ったトイレ掃除を把握しておくと、よりスムーズになってくれる可能性があるので、覚えておくとよいでしょう。

まず、重曹なのですが、アルカリ性の頑固な汚れには効き目がありません。主に、酸性の汚れを落とすのに向いているのが重曹となっています。しかし、重曹にはトイレの嫌な臭いを抑える効果がありますので、消臭剤として利用することができます。これもポイントになってきますので、覚えておくとよいでしょう。

さらに、重曹には水分を吸着する効果がありますので、トイレの湿気とりとして利用するのもよいかもしれません。重曹だけでは、トイレの頑固な汚れに対応することはできませんが、重曹にクエン酸を組み合わせることによって、頑固な汚れにも対応することができるようになります。

重曹とクエン酸を混ぜることによって、化学反応が発生して、その反応によって汚れを落とせるようになるのです。また、汚れに応じて、濃度を調整して、ペーストのような状態で塗布すれば、より洗浄効果を高めることができます。

尿石などは、かなり頑固な汚れであっても、対応できることがあるので、これを覚えておけば、トイレの掃除が楽になってくれるはずです。クエン酸は、酸性になっていますので、トイレの金属部分には注意しましょう。金属を腐食させてしまう可能性があるので、しっかりと拭き取ることが重要になってきます。

トイレタンクの掃除

トイレタンクは、それほど掃除の回数が多くはありません。そのため、実際に掃除する時には、汚れが頑固になってしまいやすいです。そこでおすすめなのが、重曹を利用してトイレタンクを掃除する方法です。

重曹を上手く利用することができれば、比較的簡単にトイレタンク内を綺麗にすることができます。重曹を使ってトイレタンクを綺麗にする方法は、それほど難しくはなく、重曹をトイレタンク内に入れておきます。そして、一晩程度放置することによって、重曹が汚れに反応をするのを待ちます。

ある程度、重曹が汚れに反応したら、水を流すだけで掃除は終わります。このように、簡単にトイレタンクの汚れを落とすことができる方法なので、覚えておくと便利です。トイレタンクは、なかなか目の届かない場所なので、たまには意識して掃除をしていきたいものです。

このようなものがトイレ掃除の正しい方法になっています。トイレ掃除でとにかく重要になってくるのが定期的に掃除をするというものです。定期的に掃除をすることによって、汚れの蓄積を防ぐことができれば、それだけ毎日の掃除も楽になります。一度、汚れが蓄積されてしまうと、なかなか汚れを落とせなくなってしまいますので、この部分には注意するようにしましょう。

また、頑固になってしまった汚れについては、汚れのタイプを見極めることで、スムーズに落とせる工夫をするとよいでしょう。クエン酸や重曹もトイレ掃除には役立つアイテムになりますので、掃除用具などと一緒に用意しておきたいものです。