カルキ汚れの掃除方法は?自宅にあるもので簡単に落とすコツ

クエン酸と木製スプーン

カルキ汚れは住まいの掃除の中でも、かなり面倒な汚れではないでしょうか。掃除をせずに放っておくと、すぐに発生してしまいますし、それでいて、なかなか頑固です。今回は、そんなカルキ汚れの掃除の仕方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

カルキ汚れとは

カルキ汚れの掃除をする上で、カルキ汚れの性質を知っておくことは重要です。性質を知らずに掃除してしまうと、どんなに力を入れても、落とせないということがありますので、十分に注意しましょう。

カルキというのは、ミネラル分が固まってしまったものです。そして、そのミネラル分は、水道水に含まれているミネラル分であることが多く、水回りだったり、ポットの中身だったりが汚れることが多いです。

さらに、カルキ汚れの性質として、時間経過と共に汚れが頑固になってしまうというものがありますので、カルキ汚れが発生しやすい場所については、定期的に掃除をして、汚れが重なってしまう前に対処したいところではないでしょうか。

クエン酸を利用する

カルキ汚れを自宅にあるもので手軽に落すことを考えてみると、クエン酸はおすすめです。ない場合でも、安価で手軽に購入することができますので、すぐに揃えることができるでしょう。

クエン酸の利用の仕方ですが、クエン酸をスプレーボトルに入った水などに溶かして、吹付けるのがおすすめです。キッチンペーパーなどを利用して、ある程度、クエン酸水を保持できるような状況にすることによって、少しずつ汚れにクエン酸を浸透させることができます。このようにして時間を置くと、頑固な汚れも落とせる可能性がありますので、汚れの度合いによって、時間を調整してみるとよいでしょう。

しっかりとクエン酸が汚れに浸透すると、スポンジなどで軽くこするだけで、綺麗に落ちてしまいます。成分が浸透していない状況では、どんなに強くこすっても汚れが落ちないということもありますので、かなり効果的な方法だといえるでしょう。

電気ポットの汚れを落とす

水回りはカルキ汚れが発生しやすい場所ですが、それと同じくらい発生してしまうのがポットです。ポットの内部は、狭いので、水回りを掃除する時よりも大変です。

しかし、ポットの汚れについても、クエン酸を利用することによって、落とすことができます。ポットの場合は、それ自体が容器になっているので、内側の汚れを落とす場合、クエン酸を加えて、お湯を沸かすことによって、汚れを取りやすくなります。沸騰させた後に、数時間程度、クエン酸水を放置させておけば、しっかりと汚れにクエン酸が浸透してくれます。

こうすると、狭いポットの内部であっても、簡単に汚れを落とせるようになりますので、ポットのカルキ汚れが気になったら、チャレンジしてみるとよいでしょう。クエン酸水の場合、ポット内部のフィルターの部分までしっかりと掃除することができますので、清潔を保つことができます。ポットのフィルターは、なかなか掃除が行き届かない部分なので、クエン酸水は、ポット掃除と相性の良いアイテムだといえるでしょう。

このように、普通に掃除すると汚れを落とすのが難しいカルキ汚れですが、クエン酸を利用することによって、手軽に掃除をすることができるようになります。

クエン酸は、お掃除アイテムとして定番のアイテムなので、掃除用として自宅に常備しておくと、使う機会は多いのではないでしょうか。カルキ汚れ以外にも色々と用途がありますので、無駄になることはないはずです。

カルキ汚れが取れないからといって、新しい商品を購入したり、業者に掃除を依頼したりすると、お金がかかってしまいますので、まずはクエン酸を試してみるとよいでしょう。