アルカリ性洗剤とはどんな洗剤?種類や落ちる汚れをチェック

キッチン掃除

洗剤の中には、アルカリ性洗剤というものもあります。アルカリ性、洗剤は、名前のとおり、アルカリ性の洗剤となっていて、効果のある汚れや、使用上の注意点などが異なってきますので、しっかりとアルカリ洗剤としての、使い方を把握してくとよいでしょう。

アルカリ性洗剤の種類

アルカリ性洗剤の種類を確認してみると、大きく分けて2つに分かれることがわかります。アルカリ性洗剤は、弱アルカリ性とアルカリ性に分かれていて、ペーハーの強さによって、異なってきます。

ペーハーが8以上11以下のものを弱アルカリ性といい、それ以上のものをアルカリ性といいます。そして、ポイントになってくるのが、アルカリの度合いが強くなってくるほど、洗浄力も高まっていくというものです。

しかし、注意点として、アルカリ性が強くなればなるほど、使用上の注意も多くなってくるので、こちらも把握しておきたいところです。

アルカリ性洗剤の用途

アルカリ性洗剤の用途について考えてみると、アルカリ性洗剤は、酸性の汚れを落とすのに利用されることが多いです。アルカリ性の正反対になる酸性ですが、特に油汚れなどには、効果を発揮することが多いです。

具体的に、油に対して、アルカリ性の洗剤を利用すると、油を溶かしてくれる効果があります。これによって汚れが落ちやすくなってきますので、そうすることによって、簡単に汚れを落とすことができるのです。

また、アルカリ性の性質を持っている洗剤といえば、洗濯洗剤も代表的な存在です。洗濯洗剤は、皮脂の汚れを落とす必要があるので、アルカリ性にされることが多く、弱アルカリ性であることが多いです。

掃除女性

酸性洗剤とはどんな洗剤?種類や落ちる汚れ、注意点をチェック

2018年10月17日

アルカリ性洗剤の注意点

アルカリ性洗剤は、濃度が強くなればなるほど、注意する部分も増えてきます。扱いを間違ってしまうと、事故に繋がってしまうこともありますので、事故にならないように十分に注意しましょう。

まず、アルカリ性の洗剤は、肌を傷つけてしまう可能性があります。そのため、基本的にアルカリ性洗剤を利用する時には、肌を防御することができるゴム手袋などを利用するのが一般的です。

濃度によっての影響力は、人それぞれ肌の強い弱いがありますので、自分の体質にあわせて使い分けるとよいでしょう。弱アルカリ性なら大丈夫という人もいれば、弱アルカリ性であっても、影響を受けてしまう人もいます。

重曹について

アルカリ性洗剤なのですが、重曹で代用することもできます。重曹は、強力な洗浄力を持っている割には、そこまで人体に大きな影響を与えるようなものではありません。

肌に触れたとしても、影響を与えるわけではなく、アルカリ性の性質を持っているので、酸性の汚れを落とす時に利用することができます。また、重曹なら手軽に手に入れることができますので、住まいに用意しておくと、便利なのではないでしょうか。

重曹を水に混ぜて利用すると、中性に近い、弱アルカリ性になりますので、ちょっとした汚れなら、重曹を利用して掃除してみてはいかがでしょうか。小さなお子さんなど、普通より注意が必要な場合には、重曹の持っている安全性が役立ってくれるはずです。

重曹と水を混ぜた重曹スプレーをスプレーボトルに作れば、より手軽に使えますので、こちらもおすすめです。このようにアルカリ性洗剤にはしっかりとした特徴がありますので、その特徴を踏まえた上で、利用していくとよいでしょう。

特に重要になってくるのが、酸性の汚れに強い効果を発揮してくれるという点と、アルカリ性が強くなってくると素肌に影響を与えてしまう可能性があるという部分です。このような点を踏まえた上で、上手にアルカリ性の洗剤を利用していきたいところでしょう。

粉末とスプーン

重曹とクエン酸を使った掃除方法は?混ぜるとどうなるの?

2018年12月30日