クエン酸の洗濯での使い方!効果や注意点も知っておこう

白いタオル

クエン酸は家事に利用することができるアイテムですが、洗濯にも利用することができます。今回は、そんなクエン酸を洗濯に利用する場合の方法や注意点について紹介していきますので、確認してみてください。

クエン酸を洗濯で利用するメリット

クエン酸を洗濯で利用する場合には、クエン酸のメリットを知っておく必要があります。クエン酸のメリットを知らなければ、クエン酸を洗濯に利用する意味がありません。クエン酸を洗濯に利用するメリットは、環境に優しいというメリットがあります。

クエン酸は、自然由来の成分なので、洗濯の際に利用しても、自然環境を崩すというようなことはありません。そのため、クエン酸を洗濯に利用して、そのまま排水しても、全く問題がありません。このようなことから、環境に優しい共に、手間のかからない洗濯方法だともいえるでしょう。

消臭効果

クエン酸を洗濯で利用するメリットを考えてみると、消臭効果も期待することができます。クエン酸には、洗濯の後の嫌な臭いを発生しにくくする効果を期待することができますので、このような意味でもメリットがあるといえるでしょう。

また、クエン酸に消臭効果があるのは、雑菌の繁殖を抑えてくれるからでもあって、臭いを発生させてしまう雑菌の繁殖を抑えることができれば、それだけ臭いも抑えられることになるのです。雑菌の繁殖を抑えることができるというのは、清潔という意味においてもメリットがありますので、クエン酸を洗濯にするメリットは色々な効果を期待することができるといえるでしょう。

柔軟剤の代わりに利用

クエン酸を洗濯で利用する場合には、柔軟剤として利用することができます。クエン酸を利用すれば、柔軟剤を利用する必要がないので、柔軟剤の代わりになるようなアイテムがない場合には、クエン酸を代用してみるのもよいでしょう。クエン酸には、アルカリ性の洗剤で洗われた洗濯物を柔らかくする効果があり、これによって洗濯物の着心地を高めることができます。

さらに、柔軟剤より優れている部分もあって、クエン酸の場合は、柔軟剤のように使い続けることによって衣類の吸水性が落ちるということもありません。柔軟剤を継続して利用していると、知らず知らずのうちに衣類の吸水性が落ちてしまうこともありますので、衣類が持っている機能を果たさなくなってしまう場合があります。

しかし、クエン酸を柔軟剤として利用する場合には、このような部分を気にする必要がないので、安心できるのではないでしょうか。

クエン酸の利用方法

実際にクエン酸を洗濯に利用する場合には、洗いの段階で利用することになります。洗いのタイミングでクエン酸を入れることができれば、アルカリ性洗剤の弱点である、同じアルカリ性の汚れに対して反応が薄いという特徴を補うことができます。

クエン酸を水に溶かす量については、水10Lに対して、10g程度のクエン酸を溶かすのがよいです。クエン酸を使って洗濯をする場合には、先にクエン酸を利用して洗濯をすることになります。

クエン酸を使って洗濯をした後に、普通の洗剤を利用して洗濯をすることになるのですが、同時に洗濯を行ってしまうと、クエン酸の効果も洗剤の効果も薄れてしまうことがあるので注意です。また、すすぎのタイミングでクエン酸を利用することによって、上で紹介した柔軟剤の代わりを果たしてくれます。

このようにクエン酸には、柔軟剤として利用する場合と汚れを落とすために利用する場合で、使い方が違っていますので、それぞれの特徴を把握しておきたいところです。洗濯後の乾燥については、普通に干すだけで問題ありませんので、余計な手間を加える必要はありません。

クエン酸を利用する際の注意点

クエン酸を洗濯に利用することによって、色々な効果を得られることがわかりました。しかし、クエン酸を洗濯に利用する場合には注意することもあります。まずは、上で紹介したように、効果を失わせてしまわないように、クエン酸と洗剤とは別々に利用するというものです。

一緒に入れた方が効率的ではあるのですが、効果がなくなってしまうのでは意味がありません。さらに、クエン酸の場合、塩素系のものと一緒にしてしまうと、有害なガスが発生する可能性があります。有害なガスを発生させてしまうと、トラブルに繋がってしまいますので、安全な洗濯を心がけるためにもクエン酸を洗剤などと混ぜないようにしましょう。

また、時間短縮したい場合には、汚れの特徴にあわせて、クエン酸を利用するのか、普通の洗剤を利用するのか考えておきたいところではないでしょうか。

このようにクエン酸には洗濯に役立つ効果が備わっていますので、使用上の注意を把握した上で、上手に洗濯に利用していきたいところではないでしょうか。上手く利用することができれば、家庭の洗濯がよりスムーズになるはずです。また、クエン酸は手に入れやすいというメリットもあります。