ステンレスのシンクの磨き方!ピカピカに磨いて仕上げる方法は?

キッチン

ステンレスのシンクが汚れてしまったというような方もいるのではないでしょうか。今回は、そんなステンレスシンクの磨き方を紹介していきます。ステンレスのシンクは、磨き方を間違えてしまうと、傷になったりしてしまいますので、しっかりと磨き方を把握した上で、対応していきたいものです。

クエン酸を利用する

ステンレスを磨く方法には、クエン酸を使った方法もあります。クエン酸を水に溶かして、クエン酸水を利用して掃除する方法があります。また、クエン酸がない場合はレモンでも代用することができて、レモン水の場合は、水に溶かす必要がありませんので、原液のまま利用しても問題ありません。

次にキッチンペーパーなどを用意して、キッチンペーパーにクエン酸水をかけます。キッチンペーパーは、クエン酸水で保湿しておくためのものになっていて、クエン酸水をかけて1晩程度放っておくことによって、汚れを落としやすくなります。

さらに、歯ブラシを利用して、磨きます。歯ブラシを利用して磨く場合に歯磨き粉を利用するのもおすすめで、こうすることによって、汚れを落としやすくなります。このような方法を利用することによって、ステンレスの汚れを落とすことができます。

ステンレス磨き商品を利用

ステンレスの掃除には、ステンレス専用の磨き商品があります。専用の商品を利用することによって、より綺麗に仕上げることができますし、頑固な汚れも落とせる可能性が高くなってきます。これらのアイテムを利用して、ステンレスを磨く場合には注意する必要があって、ステンレスの筋をしっかりと見極めることです。

ステンレスには筋があって、その筋を逆らうように磨いてしまうと、汚れが落ちにくくなりますし、さらに傷つけてしまう可能性があります。筋のラインに沿って掃除をすることによって、ステンレスの光沢を崩さないことが可能になりますので、この部分は注意しておきましょう。

また、ステンレスを磨く際にたわしなどのアイテムを利用するかもしれません。しかし、たわしなどを使う方法もステンレスを傷つけてしまう可能性がありますので、こちらにも十分に注意しましょう。ステンレスに対して、たわしでの掃除はあまり向いてなく、汚れが綺麗に落ちない可能性があります。

さらに、傷をつけてしまう可能性もありますので、ステンレスに対してたわしは使わない方がよいでしょう。また、サビの原因になりますので、塩素系の漂白剤を使わないようにしましょう。このようにステンレスを磨く際には注意点もありますので、その注意点をしっかりと把握した上で、ステンレスを磨くようにしたいものです。

ナイロンたわし

普通のたわしは利用するとステンレスを傷つけてしまうこともありますが、ナイロンたわしを上手く利用することによって、綺麗にすることができます。用意するのは、ナイロンたわしと研磨材が入っているスポンジです。

さらに、クレンザーのような専用の商品を購入して、ステンレスを綺麗にすることができます。掃除の方法は、クレンザーを利用して、ナイロンたわしで掃除をしていきます。

さらに、研磨材入りのスポンジを利用して掃除をしていくと、シンクに光沢を出すことが可能になるのです。普通に掃除するよりも、綺麗に仕上がる方法なので、清潔感を保ちたい場合には利用してみるとよいでしょう。

重曹を利用

ステンレスシンクの掃除には、重曹を利用する方法もあります。まずは普通に掃除した後に、重曹を使って、ある程度時間を置きます。ある程度、放置した後に、スポンジを利用して擦ると、綺麗にすることができます。

重曹は簡単に手に入れることができますので、クエン酸を利用した方法などと共に試してみるとよいでしょう。専用のアイテムを購入すると、それなりに値段がしますので、まずは住まいにあるもので掃除にチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

使い方を考える

ステンレスシンクの汚れが気になっているのならば、毎日の使い方を考えてみることも重要になってくるのではないでしょうか。ステンレスのシンクの汚れは、少しずつ蓄積されていくので、毎日掃除するようになると、それだけ蓄積を防ぐことができます。

クロスを利用して、定期的に拭くだけでも、かなり効果を発揮してくれるはずです。シンクは、水が飛び散りやすい場所なので、これらをしっかりと拭き取ることが清潔な状態を保つためには重要になってきます。

また、料理をすることによって、調味料などが飛び散ることもありますので、これらをしっかりと掃除することも大切になってきます。

このようにステンレスの磨き方には色々な方法がありますので、それぞれの状況に応じて使い分けてみるとよいでしょう。上手く使い分けることによって、掃除が大変なステンレスを綺麗な状態に保つことができるはずです。水回りのシンクを綺麗な状態に保つことによって、住まい全体の清潔感が高まるはずです。