塩素系漂白剤とはどんなもの?いつ使う?種類や特徴とは

洗濯白

漂白剤は、掃除をスムーズにしてくれるアイテムです。漂白剤にも種類があり、洗浄力の強いタイプとして、塩素系漂白剤が知られています。今回は、塩素系漂白剤について紹介しますので、上手く特徴を把握することによって、家庭の掃除に役立てられるようにしましょう。

漂白力が高い

塩素系漂白剤の特徴は、漂白力が高いことで知られています。塩素系漂白剤が使われるのは、衣類に対して使われることが多く、かなり汚れた衣類であっても、高い漂白力で綺麗に白くすることができます。

また、汚れを落とすだけではなく、非常に高い殺菌作用を持っていて、衣類を清潔に保ちたいならば、見逃せないアイテムだといえるでしょう。衣類に含まれる菌をしっかりと殺菌することができますので、本当の意味で清潔を保つことができます。

塩素系漂白剤の特徴

塩素系漂白剤の特徴は、強い漂白力なのですが、あまりに漂白力が強いので、衣類の色を落としてしまう可能性があります。そのため、複雑な色が入っているような柄物には、まず使えないと思った方がよいでしょう。

さらに、漂白力が強すぎて、色だけではなく、繊維まで傷めてしまう可能性もあり、デリケートな衣類に対しては使えないということも覚えておきたいところです。

塩素系漂白剤の種類

塩素系漂白剤の種類を確認してみると、衣類に対して使うものもあれば、キッチン用品などに対して使うものもあります。衣類に対して使うものは、洗濯の一環として利用することになりますが、洗濯洗剤と混ぜて使うというわけではありません。

基本的には、漂白剤を水に薄めて、浸け置きするのが使い方になってきますので、その後に普通の洗濯をするというような手順になります。また、キッチンなどに利用するタイプのものは、スプレータイプになっていることもあり、キッチン用品に付着した汚れに対して、スプレーを吹きかけて使うことになります。

さらに、このタイプの商品は排水口の汚れに対しても利用することができますので、キッチン全体を綺麗な状態に保つことができます。また、漂白剤として利用するわけではありませんが、カビに対しても塩素系漂白剤と同じような成分のものが使われています。

塩素系漂白剤の注意点

塩素系漂白剤は、非常に洗浄力が強力になっていますが、その分だけ使う時には注意点をしっかりと守る必要があります。注意点を守らなければ、思わぬトラブルになってしまうこともあるので、十分に注意しましょう。まずは、酸性タイプのものと一緒に利用しないことが重要です。

酸性タイプのものと一緒に利用してしまうと、有毒なガスが発生してしまうことがありますので、十分に注意が必要です。また、塩素系漂白剤は十分な換気をした環境で利用するのがポイントです。強力な臭いを発するタイプの漂白剤なので、気分が悪くなってしまう人がいるかもしれません。

そのため、換気をしっかりとして体調管理をしっかりとしましょう。トイレなどの個室で利用することも多いので、余計に換気が重要になってきます。また、皮膚に対してダメージを与える可能性がありますので、使用の際には、皮膚に付着してしまわないように注意する必要があります。

ゴム手袋などを用意して、直接触れないように十分に注意しましょう。目などについてしまうと、大変な事態になってしまいますので、塩素系漂白剤は使い方を間違えると危険だという認識を持つことが重要になってくるのではないでしょうか。

このようなものが塩素系漂白剤の特徴になっていますので、その強力な洗浄力を上手く利用することによって、掃除をスムーズにするとよいでしょう。塩素系漂白剤だからこそ落ちる汚れもありますので、上手に使っていきたいものです。

タオルとボトル

漂白剤の種類と正しい使い方!洗濯のポイントや選び方を知っておこう

2019年3月22日