汗じみの黄ばみの落とし方!洗濯機などでキレイに白く洗う方法

やる気男性

汗じみや黄ばみは、長く衣類を着用していると、どうしてもついてしまうものです。そうなってしまうと、捨てることにしているという方も多いかもしれませんが、どうせ捨てるなら、家庭の洗濯で落とせないか試してみてはいかがでしょうか。上手く汚れを落とすことができれば、お気に入りの衣類を再び、着用することができるかもしれません。

黄ばみや汗じみの原因は皮脂汚れ

黄ばみや汗じみの原因を考えてみると、黄ばみも汗じみも同じものが原因であることがわかります。これらの原因は、皮脂汚れが関係していて、皮脂汚れが蓄積されていくことによって、どんどん黄ばみや汗じみが酷くなっていくのです。

このような状況になってしまうのは、洗濯が不十分であるからで、汚れを完全に落としきれていない場合は、衣類の繊維の奥の方から、これらが蓄積されていってしまいます。

黄ばみや汗じみの落とし方

黄ばみや汗じみの落とし方について考えてみると、酸素系漂白剤を利用することによって、落とすことができます。酸素系漂白剤を上手く利用することができれば、かなり頑固な汚れであっても、落とすことができますので、捨てる前にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

酸素系漂白剤の効果的な使い方としては、汗じみや黄ばみに塗り込むようなかたちで、洗濯する方法です。直接汚れに塗り込むことによって、洗浄力を発揮させることができるのです。また、塗った後に数分、時間をおくことによって、汚れに浸透させることができますので、これでより洗浄力を発揮しやすい状況を作り上げることができます。

また、デリケートな衣類を洗浄する場合には、漂白剤によって衣類が傷む可能性がありますので、目立たない場所を利用して、チェックをしてみるとよいでしょう。このような方法を利用することによっても黄ばみや汗じみを落とすことができます。

しかし、汚れが酷い場合には、落ちないこともありますので、その場合は、もうひとつの方法を試してみましょう。

つけおき洗い

黄ばみや汗じみを酸素系漂白剤で洗濯をして落ちない場合には、つけおき洗いを試してみてはいかがでしょうか。つけおき洗いを試すことによって、より頑固な汚れが落ちてくれるかもしれません。あらかじめ洗濯洗剤を、汚れに塗り込んでおきます。そして、漂白剤を溶かした、お湯につけおきします。

つけおきの時間は、数十分程度で汚れや衣類によって調整するとよいでしょう。つけおきの後は、普通に洗濯機を利用して、洗濯をしてください。このような方法を利用することによって、漂白剤だけでは落とせない汚れも落とせる可能性があります。

汚れを煮る

つけおき洗いでも落とせない場合は、お湯で煮ることによって、落とせる可能性があります。しかし、衣類の強度が大きく関係してきますので、デリケートな衣類かどうかをしっかりと見極めた上で利用したいところです。漂白剤を溶かしたお湯で煮て、汚れが落ちているかどうかを小刻みに確認しながら、汚れを落としていきます。

落ちる場合には、すぐに落ちたりしますので、長く煮すぎないようにしましょう。衣類の中には、部分的に熱に弱い素材が使われていることもありますので、そのような部分に注意しながら、汚れにアプローチしていきましょう。

汗じみや黄ばみをつくらないようにする

黄ばみや汗じみを落とす方法も大切ですが、一番重要なのが、汗じみや黄ばみをつくらないようにすることではないでしょうか。汗じみや黄ばみは汚れの蓄積であることが多いので、汚れの蓄積を防ぐことが一番のポイントです。また、このような状況になってしまうと、上で紹介したような方法を利用しても、落ちない可能性があります。

さらに、場合によっては衣類が傷んでしまうこともあるでしょう。そのため、一番重要なのは汗じみや黄ばみをつくらないようにすることなのです。皮脂汚れがついた状態で放置してしまうと、どうしても汚れになってしまいやすいので、汚れがついたらしっかりと落とすようにしましょう。

放置すればするほど汚れは頑固になっていきます。洗濯かごに放置しておく習慣があるような方は十分に注意しましょう。また、汗の性質は、人によって異なってきます。自分の汗の性質を把握して、黄ばみの原因になるような汗をかいてしまう方は、ワキパットなどを利用して、なるべく汗が衣類につかないようにすることも大切です。

さらに、汗は日頃の生活習慣によって、状態が異なってきますので、生活習慣の見直すをする方法もあるかもしれません。

このようなものが汗じみや黄ばみの落とし方なので、予防と対策を把握することによって、お気に入りの衣類をより長く利用できるようにしてみてはいかがでしょうか。これらの汚れは、その特徴をしっかりと把握することによって、対策がしやすい汚れでもありますので、まずは日頃から汗じみや黄ばみがつきにくい衣類の着用方法を模索するとよいでしょう。