赤カビとはどんなもの?特徴やできる原因、掃除する方法とは

赤カビ予防

掃除をする場合には、カビが厄介な存在になることもあります。そんなカビの掃除には、カビの種類を知ることも重要になってくるのではないでしょうか。そして、今回紹介するのがカビの中のひとつである赤カビという存在です。赤カビの特徴を把握することによって、カビ掃除を効率的に行えるようにしたいところです。

赤カビについて

赤カビというのは、酵母菌の一種とされていて、高温かつ多湿を好みます。そのため、室内の水回りならば、どのような場所にも発生する可能性があり、お風呂場や洗面台、キッチンなどは注意が必要になってくるでしょう。赤カビは、それほど頑固な汚れというわけでもなく、黒カビなどに比べると、比較的簡単に落とすことができます。

しかし、赤カビの特徴は、広がっていく時間が短いということで、知らず知らずのうちに色々な場所に繁殖してしまいます。また、赤カビ自体には、特に人体に甚大な影響を及ぼすというものではありません。しかし、赤い色をしているので、見た目が悪く、いかにも汚れているという印象を与えてしまいます。

せっかくリラックスしたい気持ちでお風呂に入っても、赤カビのせいで気分を害してしまうこともありますので、そのような意味では、しっかりと掃除したい存在だといえるのではないでしょうか。また、注意が必要な点としては、赤カビというのは、黒カビに繋がる可能性があります。

赤カビを利用して、黒カビが繁殖してしまう可能性があり、黒カビが繁殖してしまうと、途端に落とすのが大変になってしまいます。そのため、赤カビの発生を抑えたり、赤カビの定期的な掃除はとても重要になってくるといえるのではないでしょうか。特にお風呂場などの黒カビは非常に掃除が大変になってきますので、黒カビの状態になる前に、しっかりと落としたいところです。

赤カビの掃除方法

赤カビの掃除自体は、それほど難しくありません。何らかの道具を使って、擦るだけで簡単に落とすことができるでしょう。しかし、擦るだけでは、見た目には掃除できたようにみえても、目に見えない菌が残っている可能性がありますので、十分に注意する必要があるでしょう。

そのために重要になってくるのが、塩素系漂白剤やアルコールスプレーなどを利用して、しっかりと殺菌することです。普通に擦るだけでは殺菌できませんし、繁殖のスピードも早いので、殺菌をしっかりとすることによって、繁殖を抑えることができます。

塩素系漂白剤を吹き付けて、少し放置することによって、殺菌効果を高めることができます。放置した後は、スポンジなどを利用して普通に擦っていくとよいです。こうすることによって、掃除と殺菌を一緒に行うことができます。また、赤カビは多湿を好むカビになりますので、水分をしっかりと拭き取ることも大切になってきます。

水回りの水分を定期的に除去することができるだけでも、かなりの繁殖防止に繋がるはずです。また、アルコールスプレーの場合には、水を直接かけられないような場所を掃除するのに向いています。アルコールスプレーを赤カビが繁殖している範囲より少し広めにスプレーして、その後に布などを利用して拭き取る方法になっています。

アルコールスプレーなら、水をかけられないような場所においても利用することができますので、手軽に除菌することができる方法になっています。

赤カビの発生を予防

赤カビの掃除をする場合には、掃除だけに注目しているのではいけません。赤カビは、繁殖させないことも大切になってきますので、カビの発生予防方法についても対策をする必要があるでしょう。赤カビの発生を防ぐためには、お風呂などの場合、高温のシャワーを利用するのがおすすめです。

50度以上のお湯を5秒程度かけることができれば、殺菌をすることができますので、これによってかなり赤カビの繁殖を防ぐことができるでしょう。シャワーをかけるだけなので、かなり手軽に対策をすることができるというのもポイントになってくるでしょう。

さらに、高温多湿の状況で繁殖するカビになっていますので、水気をしっかりと除去することが大切になってきます。乾燥したタオルなどを利用して、水気を拭き取るだけでもかなり効果を得ることができますので、水回りなどを利用した場合には、水気を拭き取る習慣をつけるとよいでしょう。

また、タオル以外にも水切りのためのワイパーなどを利用するのもおすすめです。ワイパーを利用することができれば、かなり手軽に水分を除去することができますので、かなり効率的です。さらに、換気をしっかりとすることも重要になってくるといえるでしょう。

換気も忘れさえしなければ手軽に利用できる対策になりますので、これらの方法を利用して、できるだけ赤カビの発生を抑えてみてはいかがでしょうか。また、クエン酸を利用する方法もおすすめとなっています。クエン酸を水に溶かして、クエン酸スプレーを利用します。

クエン酸スプレーを赤カビが発生しそうな部分に吹きかけることによって予防効果を得ることができるのです。クエン酸は、簡単に手に入れることができるので、スプレーにして吹きかけるだけで予防効果を得ることができます。

さらに、重曹を利用することでも繁殖を抑えることができます。重曹についてもクエン酸と同様に重曹スプレーにして利用することによって効果を得ることができます。

クエン酸スプレーの作り方の記事も参考にしてみてください。

掃除道具とスプレー

クエン酸スプレーの作り方は?クエン酸水が使える掃除って?

2018年12月1日

換気扇

赤カビを繁殖させないためには換気扇を上手に利用することが重要になってきます。換気を定期的に行うことが湿気を防ぐ方法になりますので、理想をいえば24時間換気をすることができれば、赤カビの繁殖を抑えることができるようになります。

お風呂などの換気扇を24時間回しておく方法は、それほど電気代がかさむというわけではないため、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。換気扇を上手く利用して、乾燥を促してやれば、赤カビが発生する可能性はかなり下げることができるはずです。

毎日の生活の中で赤カビ予防

赤カビは繁殖させてしまっても、殺菌や掃除をしっかりとすることで、綺麗に落とすことができます。しかし、気づかない場所に繁殖させてしまった場合には、知らず知らずのうちに黒カビになったりすることもありますので、予防するということはとても重要になってきます。

そのためには毎日の生活の中に赤カビを増殖させないための行動を加えることが重要になってきます。お風呂などに入った際には、熱湯消毒を上手く組み合わせるとよいでしょう。お風呂の仕上げに高温のシャワーを利用して、殺菌する癖をつけることによって、サッと赤カビ予防をすることができます。

また、軽くでも乾きやすい環境をつくることができれば、24時間換気による乾燥を促すことができるのではないでしょうか。ワイパーなどを利用して、サッと水気を除去するだけでも、断然乾きやすくなりますので、その分だけ赤カビを防ぐことができるようになるはずです。

このように日々の生活の中で、赤カビの予防を意識することによって、かなり赤カビの発生率を減らすことができるのではないでしょうか。このようなものが赤カビの特徴になっていますので、赤カビの性質をしっかりと把握した上で、上手く掃除をしていってはいかがでしょうか。

赤カビは清潔感を台無しにしてしまいますので、しっかりと掃除をすることによって、気分的にもかなり違ってくるのではないでしょうか。