平干しで洗濯物を乾かす方法!やり方や使う場面をチェック

洗濯物を干す

衣類を洗濯する際には、洗い方も重要なのですが、乾燥方法も重要になってきます。衣類の洗濯方法を使い分けるように、乾燥も使い分けることによって、より効果的な洗濯をすることができますので、ぜひ覚えてくとよいでしょう。

平干し

衣類の乾燥方法として覚えておきたいのが平干しです。平干しは、色々な洗濯物に使える方法で、相性が良い衣類も多いので、ぜひ覚えておくとよいでしょう。平干しというのは、衣類を干すというよりかは、衣類を置くというようなイメージです。

平らな状態にして衣類を乾燥させるのですが、吊って干すよりも、重力が分散しやすいです。そのため、伸びやすい衣類には効果的な方法で、伸びを防ぎつつ乾燥させることができます。

主にデリケートな衣類を干す際におすすめの方法になっていて、最近はデリケートな衣類も多くなってきているので、平干しを覚えておくと、何かと役立つのではないでしょうか。

平干しネットを利用する

平干しを利用する場合、ネットを利用するのがおすすめです。平干しネットのような専用のアイテムがありますので、それらを利用することによって、平干しをすることができます。

インターネット通販などを利用することで、簡単に手に入れることができますので、平干しをするために、事前に購入しておくとよいでしょう。平干しネットは、通気性のよい構造になっていて、通気性が考えられていないもので平干しするよりも、乾燥しやすくなっているというのも特徴です。

平干しのやり方

次に平干しの具体的なやり方について考えてみます。平干しのやり方は、洗濯物を平らにして干す方法なので、やり方が難しいというわけではありません。事前に、シワなどを伸ばすことによって、乾燥の仕上がりがよくなります。

また、一番は平干しネットのような専用のアイテムを使う方法がおすすめですが、中にはこのようなアイテムがないという方もいるでしょう。その場合には、小さなテーブルの上に置いて干したり、メタルラックを組み立てて、利用するというような方法もあります。

また、ある程度の面積の網目状の板があれば、平欲しネットのように利用することができますので、探してみるとよいでしょう。このようなアイテムは100均に売っていることが多いので、100均に売っているアイテムを上手に利用することで、平干しネットの代用品を作ってみるのもよいでしょう。

100均のアイテムを利用することによって、普通に平干しネットを購入する場合に比べ、かなり安く手に入れることができます。

ハンガーで平干しに近い干し方

平干しの方法なのですが、完全に平干しにはできないものの、ハンガーを利用することによって、平干しに近い干し方をすることができます。その方法は、ハンガーをいくつも並べて干す方法です。

平干しの目的は、衣類の重量を分散させることなので、ハンガーを並べて干すことによって、かなり重量は分散されるといえるでしょう。平干しネットに比べて、重量の分散は十分ではありませんが、普通にハンガーに吊る方法に比べると、圧倒的に重量を分散させることができるはずです。

平干しネットがあるなら、そちらを使った方がよいですが、ない場合の代用としてハンガーを利用した方法を覚えておくとよいのではないでしょうか。

セーターやニットを平干し

平干しと相性の良い衣類を考えてみると、セーターやニットなどのおしゃれ着が該当するといえます。これらのアイテムは、とてもデリケートな衣類に該当するため、乾燥方法までしっかりと考えなければならないのです。平干しネットなどを利用する場合には、全て広げた状態では干すことはできません。

そのため、腕の部分を折りたたんだり、フードの部分を折りたたんだりして、上手く平らにしてください。多少折りたたんでも平干しの効果を得ることができますので、覚えておきましょう。また、セーターやニットを平干しする場合にセットで覚えておきたいのが、陰干しです。

デリケートな衣類を乾燥させる時には、直接日光に当てない陰干しが推奨されることも多く、これらを組み合わせることによって、より安全に乾燥させることができます。

せっかく、平干しをして、衣類にダメージが蓄積されないようにしても、日光によってダメージを受けてしまっては意味がありませんので、しっかりと洗濯表示を確認して、平干しなのか、陰干しなのかを把握しておきましょう。

このようなものが平干しの方法になっていますので、これから洗濯をする場合には上手に利用していきましょう。最近は、ニットやセーターなどのおしゃれ着も多くなってきましたので、お気に入りの衣類を長く使うためにも、これらの干し方は覚えておきたいところです。

せっかく上手く洗濯しても、干し方を間違うと台無しになってしまう可能性がありますので、洗濯の仕方を覚えると共に、干し方も色々と方法を覚えておきたいところではないでしょうか。