壁紙の汚れの掃除方法!簡単にキレイにできる落とし方は?

拭き掃除

壁紙の汚れは、長く家に住んでいると、気になるものの、掃除してよいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。今回は、そんな壁紙の掃除について紹介していきますので、壁紙の掃除ができるかどうか気になっていた人は、ぜひご覧になってみてください。

手垢やヤニが原因の汚れ

壁紙の汚れといっても、原因は様々です。手垢による汚れもありますし、ヤニが原因の汚れもあります。それぞれの汚れによって対応の仕方が違ってきますので、原因を把握して、適材適所で対処していきたいところではないでしょうか。

まずは手垢やヤニの汚れについて確認していきますが、手垢による汚れは、重曹による掃除が効果的となっています。重曹をスプレーボトルに水で溶かして、スプレーを吹きかけると、汚れを落としやすくすることができます。重曹スプレーの後には、ブラシやタオルなどを利用して、汚れを拭き取ってあげると、手垢汚れを落とすことができます。

また、水で濡らすことになりますので、水拭きの後に、乾拭きを忘れないようにしましょう。次にヤニ汚れなのですが、アルカリ性の洗剤を利用することによって、汚れを落とすことができます。

アルカリ性の洗剤を利用して、雑巾で拭き取ることによって、ヤニ汚れを落とすことができます。また、汚れの状況に応じて、アルカリ洗剤を利用して、時間を置くことによって、汚れを落としやすくなります。

油汚れ

壁紙の汚れの中には、油汚れも存在します。油汚れの場合は、普通に拭き取っただけでは落とせないことが多く、油を利用して落す方法があります。タオルなどに油を染み込ませて、それを利用して拭き取ることによって、落とすことができるのです。

また、石鹸も油を利用して作られているので、石鹸を利用することによっても油汚れを落とせる可能性があります。さらに、油汚れを考えてみると、ボールペンやクレヨンの汚れも該当します。小さな子供などがいる家庭では、お子さんが落書きをしてしまうこともありますので、ボールペンやクレヨンの汚れの落とし方も覚えておきたいところです。

ボールペンやクレヨンの汚れは、消しゴムを利用する方法もあります。消しゴムを使って擦るだけでも、汚れが落とせる可能性がありますので、チャレンジしてみるとよいでしょう。

カビ汚れ

壁紙の汚れの中でも厄介なのがカビ汚れです。カビ汚れは予想以上に頑固なので、しっかりと対処する必要があるでしょう。カビ汚れへの対処なのですが、重曹や酢を利用した掃除がおすすめだといわれています。また、消毒用のエタノールを利用した掃除方法もあって、これらを含ませた布を利用して、拭き取ると、汚れを落とすことができるかもしれません。

さらに、カビ発生の予防として、重曹スプレーなどを吹きかけることで、予防することができます。重曹にはカビの繁殖を防ぐための成分が含まれており、汚れを拭き取った後に、スプレーを吹きかけることによって、より良い状態を保つことができます。

また、カビ汚れの場合は、カビが発生しないように予防することも大切になってきます。カビの発生原因は、室内の空気も関係していますので、室内の換気をしっかりとするなどして、カビが発生しないように努めるとよいでしょう。

除菌スプレー

カビをアルコールで退治する方法!消毒用エタノールも使える?

2019年3月8日

ホコリ

壁の汚れの中には、単純にホコリがついたものもあります。ホコリ汚れの掃除の仕方なのですが、ブラシなどを利用して掃除するのがおすすめです。雑巾などで水ぶきするような場合には注意が必要で、汚れが周囲に広がってしまう場合があるからです。

水には汚れを綺麗にする効果もありますが、汚れを周囲に広がらせる効果もありますので、その点は注意しましょう。ホコリが壁の汚れだった場合には、ブラシを利用するだけでも、ある程度落とすことができますので、まずは下準備としてブラシを利用してみるとよいでしょう。

歯ブラシを利用

壁紙の汚れを落とす場合には、壁紙の表面が凹凸で上手く落ちないことがあるかもしれません。このような場合に効果的に利用したいのが歯ブラシの存在です。歯ブラシは細かい部分にまでブラシが届きますし、壁を傷つけてしまうほど硬くないので、安全に掃除することができます。

油汚れなどを掃除する時には、特に役立ってくれますので、歯ブラシの利用も検討してみるとよいでしょう。どの家庭にもある生活必需品なので、低コストで用意することができるというのもポイントが高いです。

このようなものが壁紙の汚れを落とすためのポイントになっています。壁紙の汚れといっても、色々な種類がありますので、壁紙を掃除する際に重要なのは、まず汚れを見極めることです。汚れの種類によっては、通用しない掃除方法もありますので、間違った方法で掃除をしてしまっては、ただ壁を傷めるだけかもしれません。

そのような状況を防ぐためにも汚れの種類を把握して、相性の良い掃除方法で、安全に壁紙を掃除するようにしましょう。