冷蔵庫や冷凍庫の霜取り方法!氷を簡単にとるやり方は?

冷凍庫を開ける

冷蔵庫の種類にもよりますが、冷蔵庫を利用していると、霜が邪魔になってくることがあるのではないでしょうか。霜が邪魔になり、冷蔵庫の容量が少なくなってしまう可能性もあります。

このように、冷蔵庫や冷凍庫の霜については、注意しなければならないので、今回は霜を取り除くためには、どのような方法が効果的なのかを考えてみます。

霜について

まずは、霜というものについて考えてみたいと思います。霜が発生してしまう原因は、結露による水滴が冷蔵庫の冷気によって固まってしまったものです。

このような状況は、冷蔵庫の温度差によって発生するもので、一番注意したいのが、冷蔵庫を開け閉めする時です。冷蔵庫を開けることによって、庫内の温度が一時的に高まり、それが原因になって、水滴が発生します。

その水滴が再び冷やされることによって、霜になってしまいますので、温度差については十分に注意する必要があるのではないでしょうか。

霜の対策

霜を取るためには、できるだけ早く対策することが重要になってきます。できたばかりの霜は、とても除去しやすくなっていて、タオルなどを利用して、簡単に拭き取ることができます。

霜は、水滴が鍾乳洞のように何度も重なって大きくなっていきますので、初期の段階で、水滴や小さな霜を除去してしまえば、成長を防ぐことができます。

さらに、タオルをぬるま湯などで濡らして除去することによって、より効果的な除去が可能になってくるでしょう。ぬるま湯で濡らす方法ならば、少し大きくなってしまった霜に対しても有効で、溶かしながら除去することができます。

あまりにも霜が大きくなってしまうと、このような方法を利用することはできませんので、できるだけ早く対策をするようにしてみてはいかがでしょうか。

霜をつくらせない

霜はある程度大きくなってしまうと、除去するのが面倒になってしまいます。そのため、霜はなるべくつくらせないことが重要になってきます。

霜をつくらせないためには、いくつかのポイントがあって、扉の開け閉めの回数を減らすことも大切です。扉の開け閉めの回数を減らすことができれば、霜ができにくくなるだけではなく、電気代を節約するような効果も期待することができます。また、冷蔵庫の内部の湿度を高めないようにすることも大切です。

食品などの冷蔵庫をしまう時には、一度洗ってからしまうという人もいるでしょう。その場合は、しっかりと水を切って、しまうようにしましょう。野菜についている水分がそのまま霜になってしまう可能性もありますので、こういった工夫をすることにより、霜対策をすることも重要です。

霜が厚くなってしまった

霜が厚くなってしまい、除去が難しい場合には、自然に溶けるのを待つのがよいです。庫内を開放して、電源を落とすことによって、いずれ霜は除去されるでしょう。しかし、冷蔵庫に保存している商品を傷めてしまいますので、霜取りをするタイミングが重要になってきます。

庫内に食品が少なくなってきたタイミングで、上手く霜取りをすることによって、まんべんなく霜取りをすることができるようになります。この方法は、まずは庫内にある食品を出して、空にします。さらに、冷蔵庫の運転を止めて、扉を開けた状態で放置するというものです。食品が入っていれば、傷めてしまうかもしれませんが、食品さえ問題なければ、放置しておくだけというとても簡単な対策です。

また、霜を除去して再び電源を入れる前には、水分をしっかりと拭き取るようにしましょう。水分をしっかりと拭き取るようにしなければ、再び霜になってしまう可能性があり、せっかくの霜取りが台無しになってしまいます。

注意点

冷蔵庫や冷凍庫の霜取りをする場合には注意したいこともあります。冷蔵庫から食品を長時間出せないので、アイスピックやヘラを利用して除去しようとする人もいるはずです。このような場合には、冷蔵庫を傷付けてしまう可能性がありますので、基本的には利用しない方がよいです。

また、このような方法で霜取りをしてしまうと、冷蔵庫が保証から外れてしまう可能性がありますので、こういった点も注意する必要があるのではないでしょうか。

ドライヤーなどを利用して、一時的に温度を高める方法もあるのですが、冷蔵庫の材質によっては、熱によって変形を招いてしまう可能性があります。無理に霜を除去しようとすることによって、思わぬトラブルが発生してしまうことがありますので、十分に注意する必要があるでしょう。

このようなものが冷蔵庫や冷凍庫の霜を取るための方法になっています。一番簡単なのは、普段から水滴が残らないようにしておくことです。そのため、普段から冷蔵庫の中の水滴を除去するような癖をつけておくことができれば、庫内の霜に悩まされる回数も減らせるのではないでしょうか。万が一、厚くなってしまった場合も、無理のない範囲で霜取りをするようにしましょう。