毛布の正しい収納方法!長期間しまうときのたたみ方や保管の仕方

毛布 女の子

毛布は、一年中使うものではないので、いずれ収納する時期がくるかもしれません。そんな時に、しっかりと収納方法を把握することによって、毛布の寿命を延ばすことができますし、綺麗な状態で毛布を利用することができます。

毛布は綺麗にしてから収納

毛布を収納する際の基本になってくるのが、綺麗にしてから収納するというものです。毛布を綺麗にせずに収納することによって、色々なデメリットがありますので、しっかりと綺麗にしておきましょう。まず、毛布を収納する時期というのは、暑くなってくる時期です。その時期は、布団や毛布に花粉が付着する時期でもあります。

花粉をそのままにしておくと、花粉症の方は辛い思いをすることになりますので、しっかりと花粉を除去しておきましょう。毛布を綺麗にする方法なのですが、洗濯できない可能性もありますので、基本的には日光消毒をするとよいでしょう。日光を当てて収納することによって、消毒した状態で収納することができます。

また、テープをころころしてダニなどを吸着できるものを利用すれば、花粉やダニの死骸などを除去することができます。掃除機を利用する方法もありますので、しっかりと毛布に付着した汚れを落としておきましょう。

押入れの通気性を考えよう

毛布を収納する場合には、押し入れの通気性を考えるとよいです。押入れ一杯に布団や毛布などが詰め込まれている場合、通気性は良いとはいえません。そのため、まずは適度な容量で収納することが重要になってくるといえるでしょう。また、布団や毛布を収納すると、どうしても押入れの床との隙間がなくなってしまいます。

こうすると通気性が良いというわけではなくなりますので、その際にすのこを利用するのがおすすめです。すのこを敷くことによって、通気性が抜群に高まりますので、カビなどが生えてしまう可能性が少なくなるのです。すのこは、比較的安価で手に入れることができますので、この手間はおしまない方がよいでしょう。

また、長期間収納することになりますので、押し入れの換気を定期的に考えてやることも大切になってきます。いくらすのこを利用しても、押し入れの扉を閉めっぱなしでは、十分に乾燥することができません。

毛布のたたみ方

毛布を収納する場合には、たたみ方についても考えてみてはいかがでしょうか。たたみ方を考えることによって、よりしっかりと収納することができます。たたみ方を考える場合に重要になってくるのは、スペースを有効活用できることと、湿度のコントロールをできるかです。

毛布のたたみ方は、縦に半分折って、横に半分折り、さらに半分か3つ折りにするくらいが丁度よいです。また、毛布を収納する場合には、事前に汚れを落とすことも大切なのですが、湿気をしっかりと取り除くことも重要です。湿気が十分に取り除かれない状態で収納してしまうと、カビなどの原因になってしまいますので、しっかりと乾燥させた上で収納するようにしてください。

このようなものが毛布の正しい収納方法になっています。このような状態で毛布を収納することができれば、再びシーズンになった時に、スムーズに利用することができるのではないでしょうか。

毛布を収納する時には、ついついそのまましまってしまうこともありますので、そうならないように十分に注意しましょう。花粉などを十分に取り除かない状態で収納してしまうと、それにダニやカビが加わり、再びシーズンになった時に辛い思いをすることになるかもしれません。

毛布の収納については、今回紹介した基本と共に、収納アイテムなどを上手く利用するのもおすすめです。かなりたくさんの専用アイテムが売っていますので、それぞれの家庭にあわせて利用するとよいでしょう。