下水の臭いがおうちでする原因はどこ?ニオイの対策方法は?

シンクの排水口

長い間、住まいで暮らしていると、下水のような臭いがしてしまうこともあるかもしれません。下水の臭いは強烈なので、原因がわからずに、困ってしまうこともあるでしょう。そんな下水の臭いの対策を考えてみますので、ぜひご覧になってみてください。

下水の臭いの原因は水回り

住まいで下水の臭いがしているなら、水回りには十分に注意する必要があるのではないでしょうか。下水の臭いの原因は、水回りが原因であることが多く、水回りのトラップに注意する必要があります。

まず、可能性が高いのが洗面所やお風呂の部分です。これらの場所には、悪臭を防ぐためのトラップがたくさんありますので、そのどれかから臭いが出ていないかチェックする必要があるでしょう。

具体的には、洗濯機の排水が原因になっていることもありますし、洗面台の下にあるトラップから悪臭が発生している可能性もあります。さらに、水回りではトイレも悪臭を発する可能性があります。トイレの臭いは特に強烈になっていますので、こちらは比較的、気づきやすいといえるのではないでしょうか。

これらの場所から下水のような臭いがしてしまうのは、トラップの水が蒸発してしまっている可能性があります。トイレなどをずっと使わないでいると、トラップに貯まっている水が、少しずつ蒸発してしまいます。そして、室内と下水の空間との間に水がなくなってしまうと、悪臭がそのまま室内に入ってきてしまうのです。

この場合は、すぐに水を流してやれば、再びトラップに水が貯まることになりますので、問題なく悪臭を防ぐことができます。しかし、場合によっては構造上の問題である可能性も残り、この場合は工事などの対処が必要になるかもしれません。

基本的に、これまで大丈夫だったのに、いきなり下水の臭いが出てくるようになった場合は、単純にトラップの水が切れているというだけであることが多いです。

キッチンから下水の臭いがする

水回りの中で、キッチンも下水のような臭いを発してしまう可能性があります。キッチンの悪臭についても、トラップの水が切れてしまっている可能性が高く、トイレや洗面所と同じような対処をすることができます。また、場合によっては勢いよく水を流し過ぎて、トラップの水まで流れてしまうようなこともありますので、この場合も再び水を使えば悪臭は消える場合が多いです。

さらに、キッチンの場合は、下水の臭いではなく、生ごみ入れから悪臭が漂っている可能性もありますので、どこから臭いが発生しているのかをしっかりと見極める必要があるのではないでしょうか。

掃除をする

トラップの水が切れてしまった場合は、かなりの割合で悪臭が発生してしまいます。しかし、トラップより前の配管が汚れていることでも悪臭が発生する可能性はありますので、定期的な掃除も必要になってくるでしょう。

こういった配管の掃除については、専用の商品が販売されていますので、これらの商品を利用することによって、清潔な状態を保ちたいところではないでしょうか。また、トラップという部分は、使い方によっては、汚れが溜まりやすい場所です。

髪の毛などをしっかりと除去して水を流す習慣がなかったり、髪の毛を除去するヘアトラップが機能していなかったりすると、知らず知らずのうちにトラップに汚れが溜まり、悪臭を発するようになるかもしれません。また、トラップが詰まってしまうと、上手く排水されないという状況になってしまいますので、日頃から使い方に注意する必要もあるのではないでしょうか。

悪臭の場所を調べる

下水の臭いの原因は、ほとんどの場合が水回りのトラップです。しかし、住まいの中にトラップがたくさんある場合には、どの場所から臭いがしているのかわからないこともあるかもしれません。

下水の臭いは強烈なので、基本的には鼻を上手く利用して、場所を嗅ぎ分けるのがよいでしょう。また、それほどトラップがないという場合には、トイレや洗面台、キッチンなどを点検して、一度水を流してみるのもよいかもしれません。あまり強い勢いで流してしまうと、トラップに水が貯まらない可能性もありますので、勢いに注意しながら注水してみてはいかがでしょうか。

このようなものが住まいから下水の臭いが発せられる場合の対処法になります。ほとんどがトラップが原因の臭いなので、これを覚えておくと対処も早いのではないでしょうか。

特に注意が必要なのは、旅行から帰ってきたりする場合です。長期間、住まいを空けておくと、それだけ水が蒸発してしまいやすいので、そこから臭いが発せられる可能性があるのです。下水の臭いはなかなか強烈な臭いなので、対処法を知らなければ、長時間不快感を覚えることになります。

意外な時にいきなり臭いが発生したりするので、下水の臭い対策をするための予備知識として、トラップの水切れという状況を覚えておくとよいのではないでしょうか。そうすれば、すぐに対処できます。