湯垢の落とし方のコツ!特徴やキレイにする方法は?

浴室

湯垢は、意外に厄介な汚れになりますので、落とし方を覚えておくと便利です。また、湯垢は、落とし方を覚えると、簡単に落とすことができますので、効率的な落とし方を覚えて、掃除の効率化を図りましょう。

湯垢の落とし方

湯垢は中性洗剤を上手く利用することによって落とすことができます。しかし、湯垢の程度によっては、中性洗剤だけでは落とすことができないかもしれません。

そんな時には重曹を利用して、湯垢を落とすのがおすすめとなっています。重曹と中性洗剤を組み合わせて掃除をするのならば、中性洗剤をかけて、さらに重曹をかけて、なじませます。少し時間をおいて、スポンジなどを利用してこすることによって湯垢を落とすことができます。

重曹は、湯垢のような汚れに対しては、効果を発揮しますので、中性洗剤ではなかなか落ちないという場合は利用してみてはいかがでしょうか。

さらに頑固な湯垢

中性洗剤と重曹を使い分けると、多くの湯垢は落とすことができるでしょう。しかし、中には頑固で落ちにくい湯垢も存在します。そんな湯垢に対しては、クエン酸を上手く利用してみてはいかがでしょうか。クエン酸を上手く利用することによって、汚れを落とすことができるはずです。

まずは、水にクエン酸を混ぜて、クエン酸水を作ってみましょう。さらに、キッチンペーパーなどを利用して、クエン酸水を保持できるような状態をつくります。クエン酸水でキッチンペーパーを濡らして、湯垢にクエン酸が浸透するのを待ちましょう。数時間程度放置することによって、汚れにクエン酸を馴染ませることができます。

キッチンペーパーを利用する場合には、キッチンペーパーでこすることによって、落とすことができますので、有効活用するとよいでしょう。クエン酸の濃度を調整することによっても、汚れを落としやすくなったりするので、この方法で十分に落とせない場合には、濃度を調整してみるとよいでしょう。

湯垢を予防する

湯垢は、浴室などに広範囲に付着してしまいます。そのため、掃除をするのはなかなか面倒になってしまいます。湯垢の掃除の手間を省くためには、湯垢になってしまう状態を防ぐことも大切です。湯垢にならないように工夫することによって、湯垢掃除の手間が各段に減らせるでしょう。

湯垢を防ぐためには、湯垢になってしまう前に、定期的に掃除することが重要です。シャンプーや石鹸カスなどが湯垢として付着してしまうこともありますので、お風呂を利用した後には、しっかりと掃除するようにするのが大切でしょう。少しさぼってしまうと、湯垢になってしまいますので、注意が必要です。また、お風呂に入った後すぐに軽く掃除をするというのもおすすめの方法です。

シャンプーや洗体を行った後に、サッと掃除をすることによって、壁や床に飛び散ってしまった汚れを綺麗にすることができます。

このようなものが湯垢の効果的な落とし方になります。湯垢は、効率的な落とし方を知らなければ、なかなか落とすのに苦労する汚れです。しかし、重曹やクエン酸といったように、上手く落とせる方法を知っておけば、意外に簡単に落とすことができます。また、湯垢は色々な汚れが蓄積されて発生するものなので、定期的に掃除をして、汚れが蓄積されないようにすることも大切です。

せっかくお風呂に入っても、湯垢だらけで、汚れが目立つと、上手くリラックスできない可能性もありますので、湯垢掃除をしっかりとして、お風呂に清潔感を保ちたいものです。重曹やクエン酸は簡単に手に入る割りには、湯垢に対して効果的な掃除ができますので、自宅にないという方は、今後のために買っておいてはいかがでしょうか。掃除専門で利用するのも十分に効果的です。