乾燥機で縮む素洗濯物もある?乾燥で注意したい素材の特徴

洗濯乾燥機

衣類の中には、乾燥をすることによって、繊維が縮んでしまうものもあります。せっかく、綺麗に洗濯することができても、乾燥機を利用することによって、縮んでしまっては意味がありませんので、どのような素材を乾燥機にかけると縮んでしまう可能性があるのかを把握しておきたいところではないでしょうか。

乾燥は、洗濯の仕上げのようなものなので、洗濯をしっかりとしたいなら、乾燥方法までを把握しておく必要があります。

洗濯マークで見極める

乾燥機を利用することによって、繊維が縮んでしまう衣類を見極めるためには、洗濯マークをしっかりと確認する必要があります。洗濯マークの中には、乾燥のしかたにかんするものもありますので、よく確認しましょう。

乾燥のしかたにおいて×印がついているものは、基本的には乾燥機を利用することができません。こういった衣類を乾燥機に入れてしまうと、縮みをはじめ、なんらかのダメージが発生してしまいますので、十分に注意しましょう。

衣類の特徴から見極める

乾燥機を利用することによって繊維が縮んでしまうものの中には、衣類の特徴から見極められる場合もあります。まず、繊維がデリケートなタイプの衣類は、乾燥機を利用することで縮んでしまう可能性が高いといえるでしょう。デリケートな衣類は、最近は多くなってきていますので、かなり注意をする必要があります。

また、生地の目が粗いというのも乾燥機を利用することで繊維が縮んでしまう可能性があるものです。主にニットなどが該当するのですが、これらの衣類は目がかなり粗いので、乾燥機を利用することによって、縮んでしまい、サイズ自体が変わってしまうかもしれません。また、プリントなどがついている衣類にも注意が必要です。

プリントや装飾品がつけられた衣類は、衣類自体は乾燥機を利用しても問題ないとしても、それ以外の部分が熱に弱い可能性があるのです。装飾品やプリントが台無しになってしまうと、その服の価値がなくなってしまいますので、こういった特徴の衣類にも十分に注意する必要があるでしょう。

乾燥機の時間も大切

乾燥機を利用できるか、できないかを中心に考えてきましたが、乾燥機の時間も大切になってきます。乾燥機を利用して大丈夫な衣類であっても、乾燥機に長時間入れておくことによって、ダメージが残るかもしれません。また、微妙な衣類については、乾燥機に入れる時間を短くするなど、調整することによって、衣類にダメージが残ってしまう可能性を少なくすることができるでしょう。

乾燥機を利用しても、生乾きの状態で一度出し、そこから室内や室外で乾燥させる方法もあります。生乾きの状態から自然乾燥させることによって、完全に乾燥機で乾燥させる場合に比べて、ダメージを抑えることができますので、こういった技術を洗濯の中に取り入れてみるのもよいのではないでしょうか。このようなスキルは、プロのクリーニングが使うようなものでもあります。

乾燥機を利用することができない素材

乾燥機を利用することができない衣類を素材ごとに考えてみると、基本的にニット製品は利用することができません。ニット製品は、洗濯にも細心の注意を払わなければならず、さらに乾燥によってもダメージを受けることがありますので、十分に注意する必要があるのです。また、革製品も種類に限らず、基本的には乾燥機を利用することはできないと考えましょう。

さらにナイロンについても、高温に弱い製品については、乾燥機を利用することはできません。ナイロンの場合、アイロン温度が指定されていますので、アイロン温度が低く設定されているようなアイテムについては、注意する必要があるでしょう。さらに、羽毛製品や綿、絹なども乾燥機の利用には注意する必要があります。

こういった素材には、高級品も多くありますので、誤って乾燥機を利用して、高額で購入したお気に入りの衣類を台無しにしてしまわないように注意しましょう。乾燥機を利用できない衣類というのは、デリケートな衣類であることがわかりますので、そういったアイテムは自宅で洗濯するのではなく、プロのクリーニングに相談してみるのもよいかもしれません。

プロのクリーニングなら相談に対して、しっかりとしたアドバイスをくれることでしょう。こういったものが乾燥機を利用する際に注意する衣類となっています。衣類によっては乾燥機を利用することで、かなり縮んでしまうものもあります。そして、縮んでしまうと、サイズが小さくなり、着られなくなることもあります。

縮んでしまうデメリットは、ダメージだけではありませんので、できるだけお気に入りのアイテムを縮ませないように乾燥時に注意したいものです。乾燥機は、素早く乾燥させることができるので、ついつい使ってしまいがちですが、予想以上に衣類にダメージを与えるものでもありますので、この点については十分に注意する必要があるでしょう。