こたつ布団を自宅で洗濯する方法!汚れや臭いを落とす洗い方のコツ

洗濯 女性

こたつ布団は、なかなか洗濯しにくいものではないでしょうか。しかし、年中、外に出しているというものではないので、汚れたまま収納してしまうと、さらに汚れが酷くなってしまう場合もあります。今回は、こたつ布団を自宅で洗濯する方法について考えてみます。こたつ布団は、意外に汚れていることがありますので、なんとか自宅で洗濯して、綺麗な状態を保ちたいものです。

こたつは汚れやすい

こたつ布団の掃除をする前に、まずはこたつがどの程度汚れやすいのかを確認しておきたいところです。こたつ布団は、自分たちが思っている以上に汚れている可能性があって、こたつに入っている時には、知らず知らずのうちに汗をかいてしまっています。

この汗が付着して、汚れになっている可能性がありますので、このことからもこたつ布団は汚れやすいといえるでしょう。また、こたつの上では、食事をすることが多いです。そのため、食べかすなどがついてしまいやすい場所ともいえて、そこにダニが発生しているかもしれません。

こたつ布団の掃除の準備

こたつ布団を掃除するなら、まずは準備をしてみるとよいでしょう。こたつ布団には掃除できるものと掃除できないものがありますので、しっかりと確認する必要があります。こたつ布団の中でも、洗濯マークがついていたり、手洗いマークがついているものは、自宅で洗濯することができます。

しかし、水洗い不可やドライマークがついている場合には、洗濯することはできませんので、クリーニング店などに任せるしかありません。まずは、これらの洗濯マークを確認して、洗えるかどうかを確認してみましょう。

こたつ布団の洗濯

洗濯マークを確認して、こたつ布団が洗える素材だとわかったのならば、オシャレ着用洗剤を利用して洗濯するのがおすすめです。こたつ布団は、デリケートな素材でできている可能性がありますので、その場合はオシャレ着用洗剤のように、衣類にダメージを与えないタイプのものがおすすめです。また、洗濯をする前に、洗濯以外で落とせる汚れはしっかりと落しておくことが重要です。

ホコリなどは、洗濯をしなくとも落とすことができますので、布団たたきなどを利用して、しっかりと落としておくようにしましょう。また、食べかすなどによってシミが発生してしまっている場合には、事前に染み抜きをする必要があります。オシャレ着用洗剤の洗浄力では、十分に落とすことができませんので、しっかりと染み抜きをしておきます。

洗濯機で洗う

洗濯機を利用してこたつ布団を洗うことができるならば、事前に用意しておきたいアイテムがあります。オシャレ着用洗剤はもちろん、洗濯ネットや酸素系の漂白剤があると、より綺麗にすることができます。こたつ布団は、デリケートな可能性がありますので、洗濯ネットで保護しながら洗うのがポイントになってきます。

こたつ布団は大きいので、大きめの洗濯ネットを用意するのがポイントです。大きめのネットを利用しても、そのまま洗濯することは難しいので、折りたたんで洗濯ネットに入れます。洗濯ネットに入れる際には、汚れた部分が露出するように折りたたむようにするとよいでしょう。そうすることによって、汚れがより落としやすくなります。

洗濯機のコースなのですが、大きな洗濯物を洗うコースがあるなら、それを選びます。さらに、毛布コースなどがある場合には、そのコースを選ぶのもよいでしょう。また、手洗いコースでも洗濯することができますので、それぞれ洗濯機に存在するコースを選ぶようにしてください。また、洗濯洗剤と共に、酸素系漂白剤を入れることによって、より綺麗にすることができます。

こたつ布団の汚れの状況に応じて、対処するようにしましょう。さらに、脱水はしすぎるとダメージが残ってしまいますので、適度な時間でやめるようにしましょう。脱水を長時間してしまうと、予想以上にダメージが大きくなってしまいますので、布団の中綿を傷めないように意識して洗濯しましょう。

こたつ布団が大きい場合は

こたつ布団は、洗濯機で洗うことができますが、大きさによっては洗濯機に入らないことがあります。その場合は、洗濯機を使うことができないので、浴槽などを利用して洗うことになります。また、洗濯機に入るとしても、あまり大きなものを洗濯機に入れて回してしまうと、洗濯機の故障の原因になってしまいますので、その点には注意する必要があるでしょう。

洗濯機で洗えない場合には、足踏み洗いをするのがおすすめです。オシャレ着洗剤や柔軟剤を利用して、足の踏む力を利用して洗っていくとよいでしょう。ある程度、こたつ布団を折りたたんだ状態で、踏んでいきます。このような洗い方をしても、予想以上に綺麗になりますので、水洗いをすることができ、洗濯機で洗えるほど小さくない場合には、足を使って洗濯をするとよいでしょう。

最後に乾燥なのですが、こたつ布団は、濡れている場所が多いので、その分だけ乾燥に時間がかかってしまいます。また、水分を吸着する量が多いという部分にも注目です。そのため、自然乾燥をさせる場合、かなり時間をかけなければ乾燥させることはできないでしょう。表面は、比較的は早く乾きますが、内部が湿っていることが多いので、十分に注意してください。

十分に乾燥しなければ、カビなどの原因になりますので、完全に乾燥するまで注意深く確認したいところです。大体、乾燥には自然乾燥で1日から2日程度かかりますので、乾かせるスペースの確保と、天気をしっかりと確認して洗濯するようにしましょう。このようなものがこたつ布団の洗濯方法になってきます。

こたつ布団は、汚れやすい割に、デリケートな存在かつ洗濯が面倒なため、ついつい洗濯を後回しにしてしまうことも多いです。気づいた時にはかなり汚れていたという状況になってしまいますので、積極的に洗濯していきたいところではないでしょうか。

こたつは、一家団らんの場所でもありますので、こたつが汚れていると、家族全員がその汚れに触れてしまうことになります。特に小さなお子さんがいる家庭などは、できるだけ綺麗な状態を保ちたいところではないでしょうか。