自転車を掃除する方法は?使う道具や点検のポイント

赤い自転車

自転車は、外を走っているので、予想以上に汚れやすいものです。そのため、定期的に掃除をしてあげることによって、綺麗な状態を保つことができるのではないでしょうか。汚れてしまうと、ダメージの原因にもなってしまうので、汚れを定期的に落として、できるだけ長い間、利用できるようにしましょう。

自転車を掃除する方法

自転車を掃除する方法について考えてみると、まずは水をかけて、汚れを落としやすくしましょう。水に濡らすだけでも、かなり汚れが落としやすくなります。自転車を掃除する場合には、中性洗剤を利用することになります。これをタオルなどを利用して、掃除していくとよいでしょう。

また、バケツに水をはっておくと便利なので、こちらも用意しておくとよいでしょう。水によって汚れが落ちやすくなったら、タオルを利用して、自転車についた汚れを落としていきます。バケツを利用して、タオルの汚れも定期的に落としていくようにしましょう。

自転車の汚れを落とすことができたら、今度は乾拭きをします。濡れたままにしてしまうと、それがサビになってしまうこともありますので、しっかりと乾拭きをすることは重要になってきます。

自転車を掃除したら

自転車を掃除したら、自転車の点検についても同時にやってみてはいかがでしょうか。これらの点検をしっかりとすることによって、自転車を長持ちさせられるかもしれません。まず、タイヤの空気圧チェックをすることによって、パンクがしてしまう可能性を減らすことができます。

空気圧が減った状態で走行してしまうと、パンクの原因になってしまうだけでなく、事故の原因にもなってしまいますので、十分に注意しましょう。また、タイヤは消耗品になります。長い間、タイヤを使っていると、溝が減ってしまいますので、こうなったら取り替える必要があるでしょう。

溝はまだ使える状態なのかを掃除の際にしっかりとチェックすることができれば、それだけ安全な走行を心がけることができます。また、チェーンオイルに対して、定期的な注油をすることによって、長持ちさせることができます。

定期的に注油する癖をつけることができれば、それだけ自転車に長く乗ることができるでしょう。また、ブレーキも摩耗してしまう可能性がありますので、しっかりとブレーキの効果があるのか確認することも大切です。

ブレーキの状態は、自転車の安全性にダイレクトに関係してくる部分なので、しっかりとチェックしておく必要があるでしょう。このようなチェックも掃除と一緒にすることによって、自転車の劣化を防ぐことができます。

チェーンの掃除

自転車のほとんどは、水拭きで綺麗にすることができますが、チェーンの場合は水拭きでは綺麗にすることができません。この場合は専用のクリーナーを利用することによって、綺麗にすることができますので、チャレンジしてみるとよいでしょう。

チェーンを掃除する時には、専用クリーナーと共に、使い捨てのタオルを用意しましょう。専用クリーナーを塗った後に、タオルを利用して、汚れを除去していくことになります。この作業を繰り返すことによって、かなり綺麗にすることができますので、チェーンが汚れているのなら、やってみるとよいでしょう。

このようなものが自転車の掃除方法になってきますので、自転車が汚れてしまっているなら掃除してみるとよいでしょう。また、自転車は定期的に掃除をする癖をつければ、点検にもなって、それだけ壽命が伸びる可能性があります。

自転車は、ものによってはかなり高価なアイテムになりますので、できるだけ壽命を伸ばして、節約をするようにしてみてはいかがでしょうか。パーツの交換だけでも、かなりの費用になってしまいます。