洋服の簡単なたたみ方は?衣類を上手にたたむ基本とコツ

たたんだ洋服

洗濯の仕方を考えるなら、洋服のたたみ方についても確認してみてはいかがでしょうか。しっかりと洗濯をすることができても、洋服のたたみ方がしっかりとしていなければ台無しになってしまいます。

せっかく綺麗に洗濯したのならば、たたみ方までしっかりとして、綺麗な状態を保てるようにしましょう。たたみ方がしっかりとしていなければ、変な折れ目などがついて、台無しになってしまうこともあります。

また、たたみ方が上手くいっても、収納方法がしっかりとしていなければ、せっかく綺麗にたたんでも台無しになっています。そのため、衣類のたたみ方と共に収納方法についても紹介していきますので、たたみ方と同時に覚えておくとよいでしょう。

衣類のたたみ方と、収納方法を把握することによって、より綺麗な状態を保ちながら、長く衣類を保管することができるはずです。たたみ方は、それぞれのアイテムによって異なってきますので、自分の持っているものを中心に覚えておくとよいでしょう。

ショップ風のたたみ方

洋服を綺麗にたたみたいなら、ショップ風にたたんでみてはいかがでしょうか。ショップ風のたたみ方はシワになりにくいので、上手く利用することができれば、Tシャツやセーターなどを綺麗に保管しておくことができます。

また、ショップ風のたたみ方は、スピーディーにたたむことができますので、効率的にも優れているといえるでしょう。Tシャツをショップ風のたたみ方でたたむ際には、襟の端から少しずれた部分をつまんで、たたみ始めるのですが、最終的には袖が内部に入り、コンパクトな状態になるので、型崩れしにくいたたみ方です。

また、スペースをあまり取らないので、重ねて収納するようにすれば、たくさんのTシャツを収納しておくことができます。見た目も綺麗なので、ショップ風のたたみ方を真似て、収納してみるのもよいでしょう。

動画サイトなどでわかりやすい解説がされていますので、もしショップ風のたたみ方がどうしてもできないなら、動画を見ながら一緒にたたんでみるとよいでしょう。

Tシャツのたたみ方

次にTシャツの基本的なたたみ方について考えてみます。Tシャツは枚数が多いので、たたみ方がしっかりとできれば収納面もコンパクトになりますので、すぐに着られる状態を保つこともできます。

まず、Tシャツをたたむ場合に重要になってくるのが、しっかりと脇の縫い目を整えるということです。脇の縫い目を揃えるようにしたら、洋服を広げ、そこから裾の長さについても揃えるようにします。揃っていない場合には、肩で揃えるようにします。

また、Tシャツを収納する前には、手でアイロンをかけるような動作をすることによって、綺麗な状態で収納できるようになります。服の状態を整えた上で、手のひらを使ってアイロンをかけるような動作をするのです。

手でアイロンをかけるようにして、しっかりと生地を伸ばすことができれば、より綺麗な状態を作ることができます。また、たたむ場合には、襟の元がポイントになってきますので、そこから内側にたたむようにしていきます。

Tシャツをたたむ際には、各工程ごとに手でアイロンをかけるような動作をすることによって、形を整えながら折りたたむことができます。最初に形を整えても、たたんでいる最中に崩れてしまうこともありますので、注意するようにしましょう。

次に、袖を付け根にある縫い目から外側に折っていくようにします。最後に、真ん中くらいを目安にして、半分に折るようにします。こうすることによってコンパクトになりますので、収納しやすくなるといえるでしょう。

ワイシャツのたたみ方

サラリーマンなどは、ワイシャツをたたむ機会も多いのではないでしょうか。ワイシャツを綺麗に洗濯しても、たたみ方が悪ければ、身だしなみも悪く見えてしまいますので、しっかりとたたんでおきたいところです。ワイシャツをたたむ場合には、ボタンを全部しめることから始まります。

完全に上までボタンをしめるのが基本で、ボタンをしっかりとしめられなければ、縫い目をしっかりとあわせられなくなってしまいます。ワイシャツをたたむ方法は、長袖のTシャツをたたむ場合と同じようなイメージなので、長袖Tシャツをたたんだ時のことを思い出して取り組むとよいでしょう。

また、Tシャツよりもシワになりやすいので、途中の手アイロンも入念に行っていきたいところです。さらに、ワイシャツはたたんで収納するよりも、ハンガーにかけて収納するのがベストになります。

ハンガーをワイシャツの肩幅にあわせたものにすれば、型崩れしにくくなりますので、シワをかなり減らすことができます。ワイシャツをクリーニングに出した場合には、そのワイシャツの幅にピッタリの専用のハンガーがついてくるので、それを再利用するのがおすすめとなっています。

ジャージやスウェット

ジャージやスウェットにもたたみ方があるので覚えておくとよいでしょう。ジャージやスウェットは部屋着として利用することも多いので、あまりたたみ方を気にしないかもしれませんが、綺麗にたたむことによって、シワのない状態を保てますし、収納スペースを効率的に利用することができるようになります。

これらをたたむ時には、裏返しにしてたたみます。脇を揃えてから、手アイロンを使いながら形を整えていきます。これらの洋服の場合は、袖と肩が平行になるようにたたんでいきます。パーカーなどの場合には、フードのたたみ方が面倒になってきますが、一番シワになりやすい部分なので、しっかりとたたむようにしましょう。

フードを持ち上げながらシワを伸ばしつつ、内側から手を添えるようにしてたたんでいきます。フードを上手くたたむことができれば、かなりコンパクトに仕上がりますので、丁寧にたたんでいきましょう。

カップ付きシャツ

女性の場合は、カップ付きシャツをたたむ機会もあるでしょう。カップ付きシャツは、しっかりとたたまなければ、型崩れしてしまう可能性がありますので、丁寧にたたんでいきたいものです。

カップ付きシャツは、上で紹介したジャージやスウェット、パーカーなどと同じようなたたみ方をすれば、ポイントになってくるのは、カップの上から肩までの部分をカップの裏側にしまいこむようにして折ることです。

こうすることによって、カップが崩れにくくなりますので、しっかりとたたむことができるようになります。仕上がりもコンパクトになりますので、それほど収納場所に困るということもないでしょう。カップ付きシャツをたたむ時には、カップを重ねてしまうような方法もあるのですが、この方法はカップを傷めてしまいやすいので、注意するようにしましょう。

ズボンのたたみ方

ズボンをたたむ際には、まずはボタンやチャックなどを全て閉じた状態にします。そして、一度広げた状態をつくり、その状態から中央を境にして、半分に折るようにします。そうすると、おしりの部分が出っ張っているので、その部分を内側に折るようにします。

そこからさらにたたんでいき、こうすることによって、余計なスペースをとることなくたたむことができるようになります。ズボンは、たたみ方によってスペースが違ってきますので、できるだけコンパクトにたためるような方法を把握しておくとよいでしょう。

くつ下のたたみ方

くつ下のたたみ方は、つま先を伸ばしたような状態にして、靴下を真っすぐにするようにします。そして、靴下をクロスさせるようにして重ね、2つの靴下を巻きつけるようにしてたたんでいきます。最後に残った部分を入れ込むようにすると、コンパクトにくつ下をたたむことができます。

くつ下は、数が多いので、コンパクトにたたむことができれば、かなり収納スペースを節約することができるのではないでしょうか。

収納について

洋服のたたみ方について把握したら、今度は保管についても考えてみてはいかがでしょうか。たたんでからしっかりと保管することによって、衣類を綺麗な状態に保つことができます。タンスに保管する際には、重ねて保管することになりますが、その際には、重い物を下にするようにしましょう。

軽い物の上に重い物を乗せてしまうと、それがシワなどの原因になったりもします。また、収納する際には、ハンガーを使って保管するのか、たたんで保管するのかを上手く使い分けた方がよいです。

中には、たたんで保管するよりもハンガーを利用して保管した方がよいものもありますので、覚えておくとよいでしょう。シワのつきやすい衣類については、ハンガーで保管することによって、シワを防ぐことができます。

また、衣類の保管場所についても注意する必要があって、紫外線がないことも重要になってきます。紫外線は衣類を傷ませてしまうことがありますので、紫外線があたらないような場所にしましょう。

また、通気性も重要なポイントになってきて、通気性が悪ければ、カビなどの原因になってしまいますので、紫外線があたらず、通気性の良い場所を選ぶように確認してみましょう。ベッドの下などは、汗によって湿気が溜まりやすい場所になりますので、より換気が必要になってくることが多いです。

このようなものが、上手な衣類のたたみ方になってきます。衣類によって、たたみ方が異なってきますので、それぞれに最適なたたみ方を覚えておくとよいでしょう。また、必ずしもたたむことが良いというわけではないこともあるので、そんな時には上手くハンガーを使い分けるとよいでしょう。

ハンガーを活用することができれば、シワになってしまう状況を防ぐことができます。また、綺麗にたたんでも保管場所が悪ければ、汚れてしまうこともありますので、保管場所にもこだわる必要があるでしょう。紫外線の影響を受けず。通気性が良い場所に保管することによって、より綺麗な状態を保ちながら保管をすることができます。