ジーンズやジーパンなどデニム生地を乾燥機にかけて大丈夫?

ジージャン

ジーパンなどのデニム生地を乾燥機にかけられるかどうか迷っている人も多いのではないでしょうか。今回は、デニム生地を乾燥機にかけても大丈夫かどうかを確認していきます。

乾燥機を利用できるのか

まずは、ジーパンなどのデニム生地に乾燥機を利用することができるのかを確認してみます。基本的に、ジーンズなどを乾燥機にかける分には問題ないといえるでしょう。ジーンズは、上部な衣類になりますので、乾燥機にかけても問題なく利用することができます。

しかし、注意する部分もあって、ジーンズを乾燥機にかけることによって、縮んでしまう可能性があります。ジーンズが縮んでしまうと、サイズによっては、利用できなくなってしまうものもありますので、この部分については注意する必要があるでしょう。

サイズが小さめのものについては、縮むと利用することができなくなってしまいますので、乾燥機を利用しないのが無難だといえるのではないでしょうか。

乾燥機で縮むのを防ぐ

ジーパンを乾燥機にかけてしまうと、縮んでしまう可能性がありますので、乾燥機を利用する場合には、できるだけ縮まない工夫をすることも重要になってきます。

まず、熱に晒される時間が多くなればなるほど、ジーパンが縮んでしまう可能性は高まってしまいますので、できるだけ短い時間でサッと乾燥させることが重要になってきます。こうすることによって、かなり縮んでしまう可能性を低くすることができますので、覚えておくとよいでしょう。

乾燥時間を半分くらいにすると、かなり縮んでしまう可能性は低くなるので、まずは半分を目安に短縮してみるとよいでしょう。半乾きにするだけでも、かなり乾燥時間は短くすることができますので、完全に乾燥させようと思わないことも重要になってきます。

また、乾燥機を利用する場合は、初めてのジーパンには注意しましょう。初めてジーパンを洗濯する時には、乾燥機を利用しないのがポイントで、乾燥機を使用しないことによって、ダメージを最小限に抑えることができます。

縮みやすい材質

ジーパンを乾燥機にかけてしまうと縮んでしまう可能性がありますが、材質によって縮みやすいかどうかというものが変わってきます。まず、綿は特に縮みやすいといえますので、綿の割合が多いジーパンについては、かなり注意する必要があるでしょう。せっかくのジーパンがダメになってしまう可能性もありますので、しっかりと素材を確かめておくことも重要になってきます。

また、加工したジーパンになればなるほど、縮みやすいといえますので、加工済のジーパンを洗濯する際には十分に注意する必要があります。また、乾燥機の温度が高くなればなるほどジーパンが縮んでしまいますので、温度設定には注意する必要があるでしょう。温度が高く、長い時間乾燥させれば、それだけダメージが大きくなってしまいますので、この点にも注意する必要があります。

このようなものがジーパンを乾燥機にかける際の注意点になっていますので、デニム生地であっても、絶対に乾燥機を利用してはならないというわけではないことがわかったのではないでしょうか。素材によっては、乾燥機を利用しても問題ありませんので、上手く乾燥機を利用して、乾燥時間を短縮させるとよいでしょう。

また、乾燥機を利用する場合には、上手く自然乾燥と組み合わせることが重要になってきて、自然乾燥を組み合わせることによって、乾燥機に入れる時間を最小限に抑えることができます。そうすれば、縮んでしまう心配もありませんので、上手く調整するとよいでしょう。ジーパンは高いものも多いので、乾燥機によるダメージは最小限に抑えておきたいところです。