ネクタイはアイロンがけしても大丈夫?シワを自宅で伸ばす方法

ネクタイをしたビジネスマン

ネクタイは、シワになってしまうと、身だしなみを整えるのが難しくなってしまいます。しかし、ネクタイにアイロンをかけても大丈夫なのかと疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、そんなネクタイのアイロンかけについて紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

ネクタイのアイロン

まず、ネクタイにアイロンをかけてもよいのかという部分を確認してみます。ネクタイは、素材にもよるのですが、熱に弱い素材が使われていることも多いです。そのため、基本的にはネクタイにアイロンをかける場合には注意する必要があるでしょう。熱に弱い素材が使われている場合には、ネクタイにダメージを与えてしまう可能性があります。

ネクタイにアイロンをかける場合には、直接あてるのは危険なので、間接的にアイロンの熱を利用する方法になってきます。素材によっては、熱に弱いかわからないということもあるかもしれませんが、念のためアイロンの熱を直接あてるのは避けた方がよいでしょう。

アイロンのスチームを利用

ネクタイにアイロンをかける際におすすめなのがアイロンのスチームを利用するという方法です。アイロンのスチームを上手く利用することができれば、かなり綺麗にすることができるでしょう。

ネクタイにアイロンをかける際には、まずネクタイのシワをできるだけ手で伸ばすようにしましょう。直接アイロンの熱をあてるのはまずいので、あて布を利用することによって、直接熱が伝わらない状態にします。あて布をしたら、今度はアイロンのスチームを利用して、シワを伸ばしていきます。

ネクタイの素材が熱に弱いものだった場合には、あて布に直接あててしまってもダメージを残してしまう可能性があります。そのため、スチームをあてる場合、あて布からも少し浮かせた状態を保つようにしましょう。こうすることによって、熱によるネクタイへの影響を最小限に抑えられるようにできます。

このような状態にしたら、今度は、スチームをあて布にまんべんなくかけるようにしましょう。こうすることによって、ネクタイのシワを伸ばせるはずです。スチームを利用して、シワを伸ばしたら、今度はドライアイロンを利用して、乾燥させるようにしてください。ドライアイロンで、しっかりと乾かした後に、冷ますと、アイロンは終了です。

アイロン以外でシワを伸ばす

アイロンはネクタイを傷めてしまう可能性があるので、できることならば使いたくないという人もいるでしょう。お気に入りのネクタイになれば、長く使いたいところなので、余計に熱によるダメージを防がなくてはなりません。

そんな時におすすめなのが、アイロンを利用しないでネクタイのシワを伸ばすという方法です。アイロンを使わずにシワを伸ばすこともできて、霧吹きを利用して伸ばす方法もあります。

ネクタイのシワがそれほどでもない場合には、霧吹きだけでも十分にシワを伸ばすことができますので、試してみてはいかがでしょうか。霧吹きをした後に、ネクタイを吊っておくと、少しずつシワを伸ばすことができますので、これならアイロンを利用する必要がありません。

また、霧吹きを利用するだけなので、忙しい時でも、ネクタイのシワを伸ばすことができます。毎日の作業にしておくことで、ネクタイにシワのない状態を作ることができますので、覚えておくとよいでしょう。

また、お風呂の蒸気を利用して、ネクタイのシワを伸ばすという方法もあります。お風呂の蒸気が浴室に充満している状態なら、一時間程度ネクタイを吊るしておくことによって、ネクタイのシワを綺麗に伸ばすことができるはずです。こちらも軽度なシワのための方法になりますが、軽いシワなら簡単に伸ばすことができますので、覚えておくとよいでしょう。

また、ネクタイのシワというのは、保存の仕方によっても違ってきます。無理のない保存をしておくことによって、シワになってしまう可能性を少なくできます。

しかし、ネクタイに対して、圧力がかかるような場所に保存しておくと、シワになったりしますので、収納方法についても注意してみてはいかがでしょうか。どんなに新しいネクタイであっても、収納方法を間違ってしまうと、簡単にシワになってしまいます。

また、ネクタイは予想以上にデリケートな素材になりますので、あまり連続使用しないというのも重要になってきます。ネクタイを利用したら、少し休ませることによって、シワになってしまうのを防げます。シワは劣化が著しい時にも発生してしまいますので、複数のネクタイを利用して、上手く交換しておくことが重要になってきます。

ネクタイを正しい吊るし方で保存しておくと、シワを伸ばすことができますので、休ませるということは重要になってくるのです。

このようなものがネクタイのアイロンをする方法になりますので、ネクタイのシワが気になるという方は、試してみるとよいでしょう。また、シワにならない方法を把握することも大切です。