お風呂の排水溝の掃除方法!触らないで簡単にキレイにするコツ

お風呂

お風呂の排水溝は、汚れが見えない場所なので、ついつい掃除を後回しにしてしまうのではないでしょうか。しかし、お風呂の排水溝は、予想以上に汚れている部分になりますので、できることならば積極的に掃除をしておきたいところです。

しかし、お風呂の排水溝は、どのくらい汚れているかわからないので、あまり触りたくないという人もいるかもしれません。このような人のために、排水溝を触らないで掃除する方法についても紹介しますので、確認してみてください。

排水溝の汚れについて

お風呂の排水溝の汚れは、色々な汚れが集合しているといえるでしょう。お風呂から発生する様々な汚れが溜まっていますので、それに合わせた掃除をする必要があるのです。お風呂の排水溝の汚れの中には、皮脂やフケもあります。これは人間の体から出るもので、それが排水溝に溜まってしまう汚れとなっています。

さらに、体を洗う際に利用する石鹸や、髪を洗う際に利用するシャンプーやリンスなども排水溝の汚れのひとつになっています。

また、髪や体から抜け落ちた毛が排水溝の汚れになっていることもありますので、これらについても考える必要があります。その他も、ほこりなど様々な汚れが考えられるのがお風呂の排水溝になっていますので、色々な汚れに対応できる掃除をする必要があります。

また、お風呂の排水溝の汚れをそのままにしてしまうと、色々なトラブルが発生する可能性もありますので、その点についても注意する必要があるでしょう。お風呂の汚れを放置してしまうと、悪臭を発生させることがあります。排水溝の中には、雑菌が繁殖しやすいので、雑菌が繁殖してしまうと、かなり嫌な臭いを発生するようになります。

また、排水溝の汚れをそのままにしておくと、いずれ排水溝が詰まってしまうでしょう。排水溝が詰まってしまうと、お風呂を使えなくなってしまいますので、より大きなトラブルになってしまいます。このように排水溝の汚れは、しっかりと掃除しなければ、トラブルを引き起こしてしまうこともありますので、対処法を把握して、定期的に掃除するようにしましょう。

泡タイプの洗剤を利用

排水溝の掃除でおすすめなのが泡タイプの洗剤を利用するというものです。泡タイプの洗剤で、洗浄力の強いものを利用することができれば、それほど力がなくとも、綺麗に掃除をすることができます。

泡タイプの強力な洗剤は、塩素系の漂白剤のようなものが該当しますので、それらを用意しておきましょう。まずは、排水溝のフタを外して掃除をしやすい状況を作ります。排水溝の中には、髪の毛などの汚れが残っている可能性がありますので、まずはそれらを取り払います。

手袋などを利用して取り払うのもよいですし、割り箸などを利用して取るのもよいでしょう。一通り手で取れる汚れを除去したら、排水溝に泡タイプの洗剤をかけていきます。取り外せるパーツもありますので、これらも取り外して、洗剤をかけるようにしましょう。

すぐに洗い流すのではなく、泡タイプの洗剤を使って、少し放置しておくのがポイントです。こうすることによって、汚れを落としてくれますので、余計な力を使うことなく汚れを綺麗にすることができます。

洗剤の効果がしっかりと効いている場合には、この後にシャワーをかけるだけで綺麗になります。軽い汚れ程度なら、この工程だけで、十分に綺麗になるかと思われますが、この場合でも汚れが残ってしまう場合には、歯ブラシなどを利用することによって、汚れを綺麗にしていきます。

また、パーツなどの汚れが酷い場合には、液体タイプの洗剤を利用するという方法もあります。何かの袋の中に、液体タイプの洗剤とパーツを入れることによって、浸け置きしておきます。この状態で少し長めに放置しておくことによって、汚れを落としやすくなるでしょう。

重曹やクエン酸を使う

お風呂の排水溝を綺麗にするためには、重曹やクエン酸を利用するのもおすすめです。これらを上手く利用することができれば、排水溝を綺麗な状態に保つことができますので、ぜひ覚えておくとよいでしょう。

重曹やクエン酸を利用する方法もそれほど難しいというわけではなく、まずは、排水溝のパーツを取り外します。そして、手で取れる汚れについては、一通り除去しておきます。

次に、排水溝の中に、重曹とクエン酸の粉を注ぎます。クエン酸は、重曹の半分くらいになるようにして、注ぐようにします。さらに、そこからコップ1杯程度のぬるま湯を排水溝に流すようにします。この状態で少し放置することによって、汚れを浮かび上がらせることができます。

また、予め外しておいたパーツについても重曹を使って、掃除をしてきます。重曹をふりかけて、スポンジなどで擦ることによって、汚れを落とすことができます。掃除の後には、お湯で流すだけで問題ありませんので、洗剤を使わない体に優しい方法だといえるでしょう。

重曹やクエン酸を利用した場合には、強力な洗剤を利用した場合の嫌な臭いなども気にする必要がありませんので、手軽に掃除をしたい場合に利用してみるとよいでしょう。

汚れない状況を作る

お風呂の排水溝掃除を効率的に行うためには、汚れない状況を作り上げることも重要になってきます。排水溝の掃除は、さぼってしまうと、かなり頑固な汚れになってしまいますので、定期的に掃除する習慣を作ることも大切です。こうすることによって、嫌な臭いが発生することもありませんので、快適な生活をすることができるでしょう。

また、市販の排水溝ネットなどを利用するのもおすすめです。こちらのアイテムは、髪の毛などの汚れをしっかりと除去するためにはおすすめのアイテムで、上手く利用することができれば、排水溝が汚れてしまうを防ぐことができます。

また、アルミホイルを利用して、汚れを軽減するという方法もあって、アルミホイルを丸めたものを排水溝の受け皿の部分に置いておきます。こうすることによって、アルミホイルが水を接触した時に発生する金属イオンの力によって、菌の発生を防ぐことができるのです。菌の増殖を抑制することができれば、それだけ臭いになりにくいので覚えておくとよいでしょう。

また、排水溝の掃除の頻度なのですが、2週間に1回程度の掃除をすることができれば、排水溝が酷い汚れになってしまうという状況を防ぐことができるでしょう。お風呂掃除の際に、少し手間をかけるだけで排水溝掃除をすることができますので、忘れないように取り組みましょう。

排水溝掃除をさぼって、排水溝を詰まらせてしまうと大変なので、トラブルを未然に防ぐためにも、定期的な掃除を心がけたいものです。排水溝を詰まらせてしまうと、業者対応になってしまいますので、そうなると費用も発生してしまいます。

このようなものがお風呂の排水溝の掃除方法になっていますので、なるべく触らない工夫をして、積極的に掃除をしていきましょう。触らない状態で短時間で掃除をすることができれば、それほど負担になりませんので、定期的にやる気になれるのではないでしょうか。

排水溝の掃除自体は、それほど時間がかかるものではありませんので、重要なのは定期的に掃除をするということです。歯ブラシなどがあるだけでも、手を汚さずに掃除をすることができますので、上手く洗剤を選んで、できるだけ簡単に掃除できるようにするとよいのではないでしょうか。