フローリング床の黒ずみの掃除方法は?気になる原因や落とし方のコツ

フローリングの掃除

フローリングの掃除をしている時に、黒ずみが気になったことがあるのではないでしょうか。このフローリングの黒ずみは、予想以上に落としにくいこともあり、厄介だと感じているかもしれません。今回は、このフローリングの黒ずみの掃除方法について紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

フローリングの黒ずみ

フローリングの黒ずみを掃除するためには、まずフローリングの黒ずみの原因は、何なのかを把握する必要があるのではないでしょうか。フローリングの黒ずみの原因は、ひとつというわけではなく、いくつかの汚れの可能性があります。

まず、人間の足の裏の汚れが溜まって黒ずみになっていることもあります。足裏の汚れなので皮脂汚れが主なものになりますが、この場合は、それほど汚れが頑固になるということはないでしょう。子供の多い家などは、それだけ汚れやすい状況にありますので、家族構成などを考えて、確認してみるとよいでしょう。

次に黒ずみの原因として考えられるのがカビです。フローリングの上で、布団などを敷いて、そのままの状態を続けている場合には、カビになってしまっている可能性もあるでしょう。人間は、寝ている間に大量の汗をかきますので、その水分が原因となって、布団を敷いたままにしてしまっている場合には、カビが発生することがあります。

また、窓などが近くにある場合にも、黒ずみの原因が湿気によるカビである可能性もあるでしょう。さらに、フローリングの黒ずみの原因は、ワックスが劣化したものである可能性もあります。

ワックスは、劣化していなければ、フローリングに光沢を出してくれますが、劣化することによって、黒ずみになってしまうこともあるのです。ワックスが劣化した場合にも、拭き掃除をしたくらいでは除去することができない黒ずみになってしまいます。

さらに、単純に汚れが付着したものである可能性もあるでしょう。飲み物や食べ物をこぼしたものが黒ずみとなって付着していることもあります。この場合、汚れのタイプは、それぞれによって異なってきます。

また、フローリングの近くで油を使ったことがあるのならば、油汚れかもしれません。料理の油が飛び散って、劣化してしまうと、それが汚れになってしまうことがありますので、その結果が黒ずみなのかもしれません。

このようにフローリングの黒ずみといっても、色々な原因がありますので、まずはどのような原因によって黒ずみが発生したものなのかを見極めることが重要になってくるのではないでしょうか。

フローリングの黒ずみの掃除

フローリングの黒ずみの掃除方法なのですが、全体的に色が黒ずみになっている場合は、汚れによるものであることが多いです。そのため、水拭きなどをすることによって、綺麗になることが多いです。

しかし、ワックスの劣化による黒ずみの場合には、ワックスを再びかける必要がありますので、掃除をしてもあまり効果はありません。また、食べ物や飲み物の汚れが原因で黒ずみが発生してしまっている場合には、かなり汚れが頑固である可能性があります。

さらに、油汚れが頑固になっていることもありますので、このようなフローリングの掃除にはスチームクリーナーなどを利用してみるのもよいでしょう。蒸気の力によって汚れを溶かしてくれますので、洗剤を使うことなく黒ずみを綺麗にすることができるかもしれません。

また、スチームクリーナーには、黒ずみを予防する効果もあって、定期的にフローリングに利用することによって、黒ずみの発生を防止することができるでしょう。

また、足裏の皮脂が原因になって、黒ずみが発生している場合があるのですが、このような時には、アルカリ洗剤を利用して綺麗にすることができます。皮脂汚れはアルカリ洗剤を利用することで、効果的に掃除することができますので、フローリングの黒ずみ対策に用意しておくとよいでしょう。

最後に、カビなのですが、カビの場合にはアルコールスプレーを利用してみるとよいでしょう。あまりにも酷いカビの場合には、アルコールスプレーの効果は期待できませんが、軽度のカビならば、アルコールスプレーをして、雑巾などで拭き取るだけでも、かなり効果を期待することができます。

アルコールスプレーの場合には、除菌効果も期待することができますので、清潔を保つためにもおすすめだといえるでしょう。

このようなものがフローリングの黒ずみの原因になっています。しっかりと対応することができれば、フローリングの黒ずみも綺麗にすることができますので、まずは汚れの原因を把握することが重要になってきます。

フローリング床の黒ずみの掃除方法を学んで綺麗なフローリングを維持しよう!

フローリングの黒ずみは、間違った掃除方法をしてしまうと、いつまで経っても綺麗にすることができませんので、汚れの性質を知ることがとにかく重要になってきます。まずは、自分の住まいのフローリングの黒ずみは、何が原因なのかを調べてみると、よいでしょう。