エンソサラシの洗濯表示マークって?意味や使える洗剤をチェック

洗濯もの

洗濯表示を把握することは、洗濯をするためには重要になってきます。洗濯表示の中には、エンソサラシというものもありますので、エンソサラシの意味をしっかりと把握して、正しい洗濯をできるようにしたいものです。

エンソサラシとは

まずは、洗濯表示のエンソサラシについて確認してみましょう。エンソサラシというのは、塩素とさらし粉という言葉が組み合わさったものです。

エンソサラシ

このマークが示しているのは、塩素系の漂白剤を利用することができるかというものになっています。エンソサラシがバツになっているのならば、塩素系の漂白剤を利用することはできませんし、エンソサラシのマークがついていれば、塩素系の漂白剤を利用することができます。

※塩素・・・台所の布巾なんかを漂白する時などに使う塩素系の漂白剤です。
※さらし粉・・・次亜塩素酸カルシウム(カルキ)のことで、プールの消毒剤や塩素系の漂白剤です。

汚れが酷い時

エンソサラシマークの意味を確認すると、このマークが汚れの度合いが酷い時に関係してくるということがわかるのではないでしょうか。塩素系漂白剤は、強力な洗浄力がある洗剤になりますので、通常の洗濯の時には使うことは珍しいです。

通常の洗濯では落とせない汚れが発生した時に利用するのが一般的で、洗濯で落とせないようなシミが発生してしまったり、カビなどが付着してしまっている時に関係してきます。このような衣類に対しては、塩素系漂白剤を利用すれば、効果を発揮してくれますので、こんな時にエンソサラシマークがついていれば、問題なく洗濯することができるということがわかります。

このように、普段はなかなか関係しないマークになりますので、あまり覚えていないという人も多いのではないでしょうか。しかし、汚れが酷い時には重要になってくるマークなので、頭の片隅においておくとよいのではないでしょうか。

エンソサラシの漂泊の方法

エンソサラシの漂泊の方法についても確認してみると、まずは、漂白液を作ることになります。洗面器に水を入れて、キッチンハイター等の塩素系漂白剤を容器に記載された容量を入れます。こうすることによって、漂白液ができますので、その液を利用して浸け置き洗いをするようにします。

汚れの度合いによって浸け置き時間を設定するとよく、基本的には30分くらいを目安にしてみるとよいでしょう。漂白剤を利用する場合には、しっかりとすすぎをする必要がありますので、こちらも覚えておいてください。

水を何度か入れ替えて、しっかりと流水ですすぐことによって、汚れと漂白剤の成分を落とすことができます。最後は、洗濯機を利用して、脱水をして終了です。エンソサラシの場合は、強力な洗剤を利用することになりますので、手洗いをする必要はありません。

塩素系漂白剤を長時間皮膚につけてしまうと、皮膚が荒れてしまう可能性がありますので、必要がない場合には、手洗いをしない方がよいでしょう。放置するだけでも十分に汚れを落とすことができます。

また、エンソサラシというのは、かなり強力な洗浄方法になっていて、衣類に対してもダメージを与えてしまいます。基本的に丈夫な衣類でなければエンソサラシマークはついていないのですが、それでも衣類にダメージを与えてしまいますので、どうしても汚れが落ちない場合の最終手段といえるでしょう。

また、汚れがついたままでは捨てるしかないというような状況で利用してみるのもよいかもしれません。

エンソサラシできない衣類について

デリケートな衣類には、エンソサラシを利用することができません。しかし、塩素系の漂白剤が利用できない場合であっても、酵素系の漂白剤なら利用することができます。

酸素系の漂白剤はワイドハイターなどがおすすめです。

酵素系の漂白剤は、色を落としてしまうということもありませんので、漂白力は弱くなってしまいますが、エンソサラシができないものについては、酵素系の漂白剤を利用してみましょう。

酵素系漂白剤についても、エンソサラシと同様に浸け置き洗いをすることによって綺麗にすることができます。

酵素系漂白剤を利用する場合には、少し熱めのお湯を利用するのがおすすめで、さらに数時間程度浸け置きしておくとよいでしょう。こうすることによって、酵素系漂白剤の洗浄力の弱さを補うことができますので、上手く汚れを落とせるはずです。

このようなものがエンソサラシの意味になります。エンソサラシは、普段あまり関係ない洗濯マークのため、忘れてしまっている人もいるかもしれません。しかし、いざという時に重要になってくる洗濯マークのため、エンソサラシを覚えておくとよいでしょう。

また、エンソサラシについて把握するのならば、エンソサラシが利用できない場合の対処法についても覚えておくとよいでしょう。本当にデリケートなものになってくると、塩素系漂白剤だけではなく、酵素系漂白剤も利用することができない場合がありますので、しっかりと使えるかどうかを見極めることが重要です。

そのためには、色々な洗濯マークを覚えることも重要になってきますので、エンソサラシを含む、洗濯マークを今一度勉強してみるのもよいでしょう。そうすれば、洗濯の質が高まるはずです。

新洗濯表示でエンソサラシマークがなくなりました。

洗濯表示が新しくなり、今までの三角フラスコの形から、三角形のマークになりました。

漂泊

引用:https://panasonic.jp/wash/special/ehyouji.html

頑固な汚れを落としたいときはエンソサラシや三角マークを見よう!

塩素系漂白剤は強力なので頑固な汚れを落としたいときは重宝します。とはいえ、使えるかどうかをしっかりマークを確認して使うようにしましょう!